コンパクトな電気自動車(EV)「MINI E」|写真で見る

コンパクトな電気自動車(EV)「MINI E」

2010年07月13日

2008年11月に開催されたロサンゼルス・モーターショーで初公開された、コンパクトな電気自動車(EV)「MINI E」。 残念ながら市販車ではなく実証実験車と位置づけられたモデルで、当初は500台が製造されカリフォルニア、ニューヨーク、ニュージャージーの各州で個人ユーザーおよび企業ユーザーが使用。 その後、100台以上が追加製造されドイツ、イギリスでも実地テストが行われてきたが、2011年からいよいよ日本でもテストが開始されることになった。

日本向けとして用意されるのは150台程度で、アメリカで走行していたクルマが引き続き使われることになる。そこで得られたデータは他国でのテスト同様、ドイツ本国および日本国内でも分析され、次世代モデルのデータとして活かされると言う。

 今回、撮影した車両はアメリカ仕様で、メーター表示がマイル表記となっているが、デザインや基本仕様は「MINI E」共通のもの。

 エクステリアは基本的にベース車両となるMINIそのもの。ただし、カラーリングは専用となり、ダークシルバーのボディーにピュアシルバーのルーフというコーディネート。また、ルーフトップなど随所に電源プラグをデザイン化したインターチェンジ・イエローのロゴ・マークが配置されるのが特長となっている。

 イエローをアクセントとするのはインテリアも同様。インストゥルメントパネルやドアトリム、シートの縫い目など、ダークグレーを基調とした中にイエローを配置することで、MINI Eらしさを強調したコーディネートとなっている。

 運転席まわりを見る限り、EVであることを感じさせる部分はほとんどなく、パッと見ただけの印象ではノーマルモデルとなんら変わりがない。ただ、リアに目を移すと本来シートスペースであるべきところには座席がなく、代わりに大型のサブウーファーのようなボックスが搭載されている。これがMINI Eの要となるバッテリーだ。

蓄電ユニットの中身はノートパソコンのバッテリーなどにも利用されている「18650」と呼ばれるリチウムイオン・バッテリーで、5088個のセルが48のモジュールに分けて搭載されている。このユニットの定格電圧は380V、最大蓄電容量が35kWhで、充電時には最大28kWhの電力供給が可能。1回の充電での走行可能距離は約240kmとなっているが、アクセルOFF時に回生システムを働かせることで、最大で20%程度距離を伸ばせると言う。

 搭載するモーターのスペックは定格出力150kW、最大トルク220Nm。数値だけ見ればターボエンジンを搭載したクーパーSの135kW、240Nmに匹敵するモノ。実際、0-100km/h加速性能はクーパーSが7秒半ば、クーパーが10秒程度なのに対し、「MINI E」は8.5秒。車両重量が1480kgと250kgあまり重くなっている(クーパーSのAT車で1230kg)ことを考えると、ガソリンエンジン車とあまり変わらない動力性能を持っていると言っていい。

 加えて専用チューンのサスペンションやダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、新開発の電動負圧式ポンプを内蔵したブレーキ・システムを採用するなど、単純にエコを謳うだけでなくドライビングの楽しさも兼ね備えているあたりは「BMWならではのクルマ造り」と言えるだろう。

詳細、写真は
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/20100708_379022.html

2010年 7月 8日

ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/