カーナビ“地デジ特需” 「要買い替え」で各社拡販

カーナビ“地デジ特需” 「要買い替え」で各社拡販

2010年09月12日

2011年7月の地上デジタル放送への完全移行を控え、カーナビゲーション各社が新たな需要を取り込む戦略を打ち出している。

 

 2011年7月の地上デジタル放送への完全移行を控え、カーナビゲーション各社が新たな需要を取り込む戦略を打ち出している。三洋電機は地デジ型への買い替え層をターゲットにした新機種を今秋にも投入する予定で、パイオニアも今年発売モデルの全機種を地デジ対応にした。カーナビの地デジ移行は消費者にも「盲点」となっているのが現状。各社は

「シェア5割死守」

三洋電機は09年のカーナビ国内市場でメーカー別シェアの約3割を握り、トップに立っている。原動力は、取り外しのできる携帯型カーナビ分野では5割のシェアを持つ「ゴリラ」。今秋発売する新製品ラインアップでは地デジ対応への「買い替え支援」をうたい文句に掲げる方向で調整しており、「地デジ戦略で5割のシェアを当面は死守したい」とする。

地デジ移行は総務省や電機メーカーの呼びかけで薄型テレビでの認知度は高まっているが、「(テレビ視聴が可能な)カーナビも切り替えが必要なことはあまり知られていない」(三洋)。三洋はオートバックスなどカー用品店と協力し、切り替えに向けた啓発活動も展開していく。

カーナビの国内出荷台数は09年6月以来、14カ月連続で前年同期比プラスを維持して伸びている。エコカー補助金など国の施策が需要を後押ししたが、今後は地デジ移行をにらんだ買い替えで「市場がまだ伸びる可能性は十分にある」(パイオニアのカー市販事業部)とみられ、商戦も過熱しつつある。

鍵握る価格設定

国内シェア2位のパイオニアは、5月に発売した全9機種の全モデルを地デジ対応とした。同社は車のダッシュボードに組み込む据え付け型では国内トップで、得意とする高級価格帯のカーナビでのシェアアップを狙う。今後、自社のホームページを通じて地デジ買い替えをアピールする考えだ。

トヨタ自動車向けの純正品を中心とする富士通テンは「廉価の地デジ対応チューナーの販売も検討している」。同社は「地デジ移行での買い替え需要は大きい」とみており、市販カーナビの国内シェアを20%に引き上げることを目指す。

パナソニックは4年前、他社に先駆けて地デジチューナーを標準装備したカーナビを発売。さらに08年度には全モデルを地デジ対応に切り替えており、需要取り込みに向けて先行メリットを生かす構えだ。

参照、写真付記事はこちら
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100831/bsc1008310500000-n1.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100830-00000000-fsi-bus_all

 

ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/