アナログTVでカンタンにワンセグを

アナログTVでカンタンにワンセグを

2010年09月16日

アナログカーテレビ用ワンセグセット「MOVT2」

 テレビのアナログ放送がデジタル放送へ完全移行するまで、いよいよ1年を切った。家庭用テレビはエコポイント制度による補助が行われたこともあって、これを機会に買い換えた人は少なくないようだ。

 一方、クルマの中はとなるとカーナビとセットになっている場合が多いこともあって、まだ手つかずという人が多いはず。カーナビを買い換えるとなると、家庭用なら50型クラスのテレビがラクに買えるぐらいの予算が必要になるワケだから、このご時世ってことを考えれば、躊躇してしまうのは当然っちゃ当然。

 あと1年待って、デジタル放送移行同時にカーナビを買い換えるってのもアリだけど、もっと手軽に、今すぐデジタル放送を受信する方法があったりする。それは、アドオンタイプのチューナーを追加することで、家庭用TV向けにはすでに安価なデジタルチューナーがリリースされている。

 ただし、車載用でも同じ手が使えるかというと、少し問題がある。それはチューナーとTVの接続方法。家庭用のTVならD端子やビデオ入力端子(黄色いヤツね)がまず間違いなく用意されているから問題はないけれど、カーナビとセットになっているタイプや純正カーナビだと、専用端子のみとか、入力端子なしなんて場合もある。となると、装着に費用が掛かることになって、「買い換えた方がいいや」ってことにもなりかねない。

 そんな面倒くささを解消して、カンタンにワンセグ放送の受信を可能にしてくれるのが、マスプロ電工の「MOVT2」だ。クルマ関連では直接ユーザーとの接点が少ないメーカーだけど、ETC車載器をOEM供給していたり、その昔はカーナビをリリースしていたこともあったりする。アラフォー世代には「見えすぎちゃって困るの~」なんてCMでもお馴染みだ(古いか)。

 それはさておき、このMOVT2の最大のウリとなるのが、チューナ部とTV(ナビ)を電気的に接続する必要がないこと。「じゃあ、どうやって映像を送るのさ?」ってギモンが出るかと思うが、それがこのMOVT2の凄いトコロ。なんと、

「デジタル放送をチューナーで受信」→「VHF信号に変換」→「既設のアンテナに再送信」

するのだ。「デジタルなのにアナログ」というコロンブスのタマゴ的なシステム(特許出願中らしい)を使うことで、ナビには一切、手を触れずに取り付けることができるってワケ。

 VHF信号の送信にはフィルムアンテナを使うため、既存のアンテナがフィルムタイプであることが必要になるけれど、そこさえクリアしてしまえば後はカンタン。電源をシガーソケットから取って、パーキングブレーキコードを接続するだけでいい。

 さて、それでは実際に取り付け。お相手はエクリプスの「AVN9904HD」というちょっと古いHDDナビだ。といっても、MOVT2を取り付ける場合、アナログチューナーさえ積んでいれば、TV側のスペックはあまり関係ない。

 取り付ける必要があるのは、

・本体 
・電源 
・アンテナ 
・リモコン受信部 
・パーキングブレーキコード

の計5点。

 本体はちょうど手のひらサイズといった大きさなので置き場所には困らない。今回はスペースに余裕があるクルマだったので目立つ場所に装着したけれど、リモコン用の受光部が別途用意されているから、グローブボックスやシート下など見えない場所でもOKだ。

 ちょっと面倒なのがアンテナとパーキングブレーキコード。アンテナは取り付け自体はカンタンだけど、慣れていないとケーブルの取り回しが少し面倒かも。もっとも、既存のケーブルがあるわけだから、それをたどっていけば取り回しに悩まずに済む。パーキングブレーキとの接続も、カーナビが付いているならすでに配線が来ているはずだからそこにかませてやればいい。

 電源やリモコン受信部は付けるだけ、だ。カーオーディオを自分で取り付けられるぐらいのスキルがあれば、1時間もあれば作業を終えることができるはずだ。

 取り付けが終わってしまえば、あとはカンタンな設定を行うだけでワンセグ放送を見ることができる。そのあたりの流れは写真で詳しく追っているので、そちらを参照して欲しい。

 で、気になる映像はといえば、もともとが15fps&低解像度のワンセグってことを考えれば、十分に満足できるレベル。逆にアナログならではのアマさが、フレームレートや解像度を補間(?)してくれるためか、なめらかな感じさえ受けるほど。“砂嵐”とは無縁なデジタルならではの受信の安定度、音声のクリアさといったメリットもカーTVとしては大きなメリットといえる。

 少し価格が高いのが難点だけど、性能はもちろん細部の作りやマニュアルの親切さといった点を考えれば十分ナットク。個人的には最近、こういうの( http://car.watch.impress.co.jp/docs/series/minigoods/20100806_384480.html )で苦労したこともあって、国産メーカーならではの仕上がりには感激してしまったり。

 ただ、DIYで取り付けるなら1つ注意を。それは、受信するのがデジタルのワンセグ放送とはいえ、MOVT2の場合はほとんどがアナログで処理されているという点。ゆえに、本体の設置場所やコード類の取り回しで、意外なほど映像の品位に差が出てしまう。コダわるのならそのあたりを考えて装着を行うようにすると、より美しい映像でワンセグ放送が楽しめるハズだ。

参照・写真付記事
マスプロ電工株式会社 
http://www.maspro.co.jp/ 
製品情報 
http://www.maspro.co.jp/products/movt2/index.html
http://car.watch.impress.co.jp/docs/series/minigoods/20100903_387066.html

 

 

 

 

ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/