【2010 SEMA SHOW】|「CR-Zターボ」を筆頭に国産カスタマイズカーが勢揃い

【2010 SEMA SHOW】|「CR-Zターボ」を筆頭に国産カスタマイズカーが勢揃い

2010年11月17日

CT200h F SPORT、プリウスplusのほかレース仕様のインプレッサやRX-8なども出展

会期:11月2日~5日(現地時間)
会場:LAS VEGAS CONVENTION CENTER

アメリカの、特に西海岸では、日本車に遭遇する確率はかなり高く、その中でもチューニングやカスタマイズをしているクルマをそれなりに目にする。日本車を購入して手を入れるというニーズがあることは、メーカーも周知している。SEMA SHOWにトヨタ(レクサス)、ホンダ、スバル、マツダといった国産メーカーが出展しているのはこうした背景があるからだ。

モーターショーであれば新型モデルや新技術の公開が中心になるが、アフターパーツやカスタマイズがメインとなるSEMA SHOWだけに、各社ともベース車両に手を加えた個性的なチューンドモデルを公開している。それでは各メーカーごとに紹介していこう。

本田技研工業 
ホンダがSEMA SHOWで公開したのは、3台のCR-Z。そのうち、ロールケージの入ったレースバージョンのみアンベールされていたが、そのほかの2台にはベールが掛けられていた。

 2台のCR-Zはプレスカンファレンス中に公開された。シルバーにカラーリングされているのが無限が手がけたCR-Z。これは、先行して発売されている日本国内のパーツと同一のものが装備される。

 レッドとブラックのツートーンに塗られたモデルは、「CR-Z Hybrid R Concept」と名づけられている。パフォーマンスはHPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)が、スタイリングはホンダR&Dが担当したと記されていた。つまり、米国ホンダが手がけたカスタマイズコンセプトモデルということになる。

 エクステリアは、大きな開口部が特徴となるフロントバンパーと、前方に延長されたディフューザーを装備する。リアまわりでは、GTウイング、ディフューザーを装着。ルックスはかなりスポーティな印象を受ける。

 スタイリングもさることながら、注目したいのは“ターボ化”されたエンジン。スペックは、隣に並べられたレースバージョンと同じで、ボルグワーナー製のボールベアリングターボを装着し、1.5リッターエンジンのままでモーターとエンジンを合わせたトータル出力は約200HP/約24.1175lbs.-ft.(約202PS/約24.0kgm)までパワーアップしている。

 また、ターボ化とともに注目したいのが、ハイブリッド用バッテリーが変更されていること。NCM(ニッケル・コバルト・マグネシウム)を採用し、エネルギーをより効果的に蓄え、モーターに伝えることが可能だと言う。バッテリー電圧が173Vまで昇圧していることもあり、IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の出力も25HP/8.9kgmまで引き上げられている。

 このターボエンジンは、当面はレース用として使われるそうで、市販の可能性はアナウンスされていない。

レクサス(トヨタ自動車) 
屋内のトヨタブースとは別に、中庭にブースを構えるレクサス。注目の一台は、CT200hのF SPORTモデル。CT200hは、来年初頭に国内で発売が開始されるレクサスブランド初のハッチバックモデルだが、早速カスタマイズのアイテムが発表された。

 エクステリアは、リアゲートに「F SPORT」のバッチが貼られているだけだが、車高は専用のサスペンションでローフォルム化。ホイールも18インチを履く。スポークの隙間から覗くブレーキも専用パーツで、328φのドリルドローターに4ピストンキャリパーがセットされる。

トヨタ自動車 
トヨタブースは、北米仕様のミニバン「シエナ」をストレッチしたリムジン仕様や、ヤリスのレースモデルを展示しているが、注目の1台は「プリウスplus」と呼ばれる足まわりパーツを装着したモデル。スプリング、スタビライザー、ホイールが専用パーツとなるplusは、ローフォルム化されスポーティさを強調した仕上がり。17インチホイールは鍛造で、スタビライザーを装着しているところから見てもハンドリングのチューニングを意識しているのがplusと言えるだろう。

スバル(富士重工業) 
インプレッサ一色に染まったスバルブース。注目を集めていたのは、モトクロスの人気選手でもあるトラビス・パストラーナが駆るインプレッサ。「Red Bull New Year.No Limits.」というイベントで、80m離れた2つの桟橋の間を空中ジャンプして越えるという記録を作った車両だ。

 また、ニュルブルクリンクの北コースでトミ・マキネン選手のドライブにより、7分55秒という量産4ドア車でトップタイムを記録した車両も飾っていた。

 それ以外には、レース車両の4ドアモデルも展示されており、こちらは「2011年Grand-Am コンチネンタルタイヤ・スポーツカーチャレンジ」用に開発された車両で、内装は全て取り外され、ボディー補強とともにロールケージが組まれる。エンジンは、排気量こそ2.5リッターでノーマルと変わらないが、鍛造ピストンを組んでいると言う。

マツダ 
マツダブースは、レースカーとストリートチューニングカーの2つのコンセプトで展示を行っている。RX-8は、Grand Am GTと呼ばれるレースシリーズに参戦している車両で、2010年のチャンピオンを獲得している。マツダ3(アクセラ)は、RED LINE タイムアタック用に開発された車両で、フロントバンパー左右から生えているように見えるウイングやリアディフューザーなど、空力をかなり意識したボディーメイクとなっている。

 一方のマツダ2(デミオ)やマツダ3のストリートバージョンは、レースカーほどの派手さはないが、車高を落としたローフォルムとボディーデカール、エアロパーツなどいかにもスポーツカスタムといった仕立てとなっている。

2010 SEMA Show 
http://www.semashow.com/main/main.aspx?ID=/content/SEMASHOWcom/HomePage

参照、写真付、詳細記事はこちら

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2010sema/20101105_404562.html

-----------------------------------------------------------------------

中古車検索|メーカー・ブランドから探す!
 
中古車情報満載のFLEXサイトでは、メーカー・ブランドから、中古車検索が可能です。
 
メーカー・ブランドから探す! 今すぐ中古車検索!
 
国産車
トヨタ 日産 三菱 スズキ ホンダ マツダ ダイハツ スバル いすゞ 光岡 日野自動車 レクサス
輸入車
アメリカ車
GMC JEEP キャデラック クライスラー グランドワゴニア コマンダー サターン シボレー ダッジ ハマー ビュイック フォード ポンテアック マーキュリー リンカーン
ドイツ車
AMG BMW MCC MINI アウディ アルピナ オペル フォルクス ワーゲン ブラバス ポルシェ メルセデス ベンツ
イギリス車
MG TVR アストンマーティン ジャガー ダイムラー ベントレー ランドローバー ロータス ローバー ロールスロイス
イタリア車
アウトビアンキ アルファロメオ フィアット フェラーリ マセラティ ランチア ランボルギーニ
スウェーデン車
サーブ ボルボ
フランス車
シトロエン プジョー ルノー
韓国車
GM デーウ ヒュンダイ
 
から検索可能!
 
ぜひぜひお宝、お目当ての車を見つけてください!
ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/