BMW、EV「MINI E」実証実験の詳細を発表

BMW、EV「MINI E」実証実験の詳細を発表

2010年12月10日

2013年発表のMCV、軽量ボディーシェルを公開

ビー・エム・ダブリューは11月30日、電気自動車(EV)「MINI E」の日本での実証実験を開始、その詳細を発表した。

同社は東京のBMWグループスタジオで記者会見を開催。実証実験と、2013年に販売が予定されているEV「メガシティ・ビークル」(MCV)の概要を説明した。

なお実証実験に使用されるMINI Eが、12月2日~17日にBMWグループスタジオに、12月2日~20日にMINI銀座に展示される。

28名がMINI E実証実験に参加
実証実験に使われるMINI Eは合計20台。うち6台はビー・エム・ダブリューと、実証実験のパートナーである東京電力、早稲田大学が使用。残りの14台を、公募した一般ユーザーが使用する。

一般ユーザーの実証実験は、2011年3月~7月までの第1期、2011年9月~2012年1月の第2期に分けて実施。各期で14名、のべ28名が参加できる。第1期ユーザーの募集は11月30日~12月22日にビー・エム・ダブリュー(またはMINI)のWebサイトで行われる。

参加するにあたっては、充電装置を設置できる屋根付きの車庫があり、MINI Eを日常生活で使用できることが条件になる。MINI Eは月々6万円でリースされ、これには充電装置の設置やメンテナンス費用が含まれる。また、費用を負担することで、MINI Eの使用を促す効果も期待されている。

MINI Eはすでに欧米で実証実験が行われているが、同じ条件で欧米と比較できるデータを得るために、実験への参加の条件は日本でも同じになっている。

MINI Eは、MINIハッチバックのフロントに最高出力150kW/204PS、最大トルク220Nmのモーターを搭載したEV。35kWhのリチウムイオンバッテリーパックは、ラゲッジルームとリアシートの空間に搭載されているため、乗車定員は2名となっている。充電時間は200V/40Aで4.4時間。重量1465kgのボディーを、0-100km/h加速8.5秒で引っ張る。

MINI Eの詳細は関連記事を参照されたい。

なおMINI Eに続いて、1シリーズクーペベースのEV「アクティブE」も準備されている。アクティブEはT字型のバッテリーパックを、トランスミッションやプロペラシャフト、燃料タンクがあった空間に置き、後部のモーターで後輪を駆動する。4人乗りで、ラゲッジスペースが確保されている。

軽量化がポイントのMCV
MCVは、2013年に発売する予定のEV。「メガシティ」の名称どおり都市での利用を前提としたEVだ。全長約4mの4人乗りで、実用的なラゲッジスペースも備える。サイズはMINIに近いが、MINIとは異なるサブブランドで発売される。

モーターはリアに搭載、後輪を駆動する。バッテリーはリチウムイオンで、サムスンとボッシュの合弁会社SBリモーティブが製造するもの。バッテリーがもっとも効率よく動作する温度を維持するためのクーリングシステムも備える。このドライブトレーンはMINI Eに搭載されているものとは異なり、BMWで内製化したもの。

MCVはEVであり、大量のバッテリーを搭載しなければならないため、必然的に重量が増加する。これを相殺することでBMWらしい走りの楽しさを維持し、かつ安全性を確保するためにMCVに採用されているのが「ライフ・ドライブ」コンセプトだ。

MCVのバッテリーとモーターは床下に搭載されるが、これらとサスペンションを備えた「ドライブ・モジュール」をアルミで製作。その上に4人が乗り込むCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製パッセンジャーセル「ライフモジュール」を載せる。メカニズムが載る部分を軽量なアルミで、人間が乗る部分は軽量かつ強度の高いCFRPで、と使い分けることで、重量増を相殺し、人間も守ろうという構造だ。

BMWはCFRPに10年以上前から取り組んでいるとアピールしており、最近ではM3クーペのルーフをCFRPとすることで、ボディー剛性を落とさずに軽量化したことが知られている。

同社は10月にライプツィヒの工場を拡張し、MCV量産に備えている。

社長直轄部門を設立
BMWは2007年に、次世代のモビリティコンセプトを作るために「プロジェクトi」を発足させた。このプロジェクトiの成果が、MCVだ。

BMWの長期戦略「ストラテジーNo.1」は、「個人モビリティのためのプレミアム製品とプレミアムサービスで世界位置となること」を目標としている。プロジェクトiはこのストラテジーに基づき、未来志向のサステイナブルなモビリティを生み出し、都市部ユーザーのニーズに対応した新製品を開発することが使命とされている。

プロジェクトiはBMWグループ全部門を横断するプロジェクトであり、技術や製品の開発だけでなく、生産や販売でもMCVにふさわしいアプローチを探る。

先述したMINI Eを用いた欧米での実証実験では、MINI Eユーザーの1日当たりの走行距離は、同セグメントの車両(MINIクーパーやBMW116i)とほぼ変わらない40km前後であり、こうした使い方ではMINI Eでもあまり不満が出ていないという結果が得られた。これにより、MINI Eの航続距離をわずかに伸ばし、室内を拡大すれば都市ユーザーのニーズにほぼ応えられることが分かったと言う。こうした知見がMCVにも活かされている。

ビー・エム・ダブリューのローランド・クルーガー社長は「日本は、単一では世界で最も大きなハイブリッド車の市場で、EVにも大きな市場だ。MCVは日本にも大きな意味を持つ」と述べた。MINI Eの日本での実証実験にあたっては社長直轄の部門を設立し、実験についての報告が直接社長に入るようにしている。

参照、写真付記事はこちら
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101201_410549.html

ビー・エム・ダブリュー株式会社 
http://www.bmw.co.jp/ 
MINI 
http://www.mini.jp/

ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/