MINI クロスオーバー

2011年06月14日

 商標権の関係から日本での愛称は「クロスオーバー」。けれども、それ以外のマーケットでは“本名”の「カントリーマン」を名乗るのが、MINIブランドにして初の4ドアモデルであり、初の4WD仕様が設定され、さらに初の3ナンバーサイズでもある……と“初物づくし”となった、「MINIファミリーで4番目のモデル」を謳うこのシリーズだ。

■「BMWならではのMINI」を提案するフェーズへ
MINIのプロデューサーであるBMWでは、2001年にこのブランドを冠した最初のモデルをリリースする以前から、「『MINI』は単なる車名には留まらず、ブランド全体を表すネーミング」と公言してきた。全てのベースとなったハッチバック・モデルにその発展型としてのコンバーチブル、さらにはユニークな観音開きドアを採用するカントリーマンに今回のクロスオーバー……と、次々と発表をされる様々なバリエーションに、かつて表明されたコミットメントが、まさに現実のものとなりつつある事を実感させられる。

「遅かれ早かれMINIに4ドアモデルが追加される」と予想をした人は、世に多く存在しただろう。しかし、蓋を開けてみればそれが“3ナンバーサイズ”でのデビューとなった事には、自分も含め多くの人が驚いたのではないだろうか?

何しろ、4ドアとはいえそれはMINIを名乗るブランドのモデル。にもかかわらず、特に1.8mに迫ろうというその全幅に対しては、「これの一体どこが“ミニ”なのか!?」と、世界中のマーケットからそんな声が沸き上がるであろう事は、きっと当の開発陣も承知の上であったに違いない。

そう、それは間違いなく確信犯であったはず。当初リリースしたハッチバック・モデルで「ここには大きなマーケットがある」と確信し、かつての“オリジナル・ミニ”を愛する人々の「こんなクルマはミニではない!」という声をむしろ糧とするかのように成長を続けて来たBMWがプロデュースする新世代MINIは、もはや「恐いものナシで何でもアリ!」とも思える強固なブランド・イメージの確立に成功しているのだ。

もちろん、そうは言っても、もしも2001年の時点でハッチバック・モデルと共にこのクロスオーバーがいきなり発表されていたならば、きっとそこでは多くの人から「こんなものはMINIではない」という大きな声が続出したはず。けれども、新世代モデルの提案以来、10年という歳月をかけてブランド力を高めてきた今の段階では、もはやニューモデルを出すにあたって“昔のミニ”などに遠慮する必要など無いということなのだろう。

そうした事情ゆえに、クロスオーバーの眼差しがこれまでの各シリーズのいかにもキュートな“丸目”に対して、今度は少々険しい表情をも連想させる角張った異型デザインへと変わったとしても、「可愛らしさが後退したナ」と個人的にはちょっとばかり残念には思ったものの、さほどの違和感を受けることはなかった。

確かにBMWは当初、この歴史あるブランドに対する強いオマージュを礎に、そのオリジナルモデルにヒントを得たモチーフを、どうやって現代へと“復興”させるかということに開発のエネルギーを集中させていた。しかし、今やそうした段階は見事に乗り切り、今度は「BMWならではのMINI」を提案するというフェーズへと差しかかっているわけだ。

自分も含め、もはや多くのクルマ好きの人々は「MINIだったら何をやっても許される」と、半ばそのように感じ始めているのではないだろうか。BMWのブランドでは到底許されない冒険でも、MINIでやるのであれば問題ナシ──こうした雰囲気こそ、BMWがこのブランドを手に入れたことの最大の強みであるのかも知れない。

大きくても“MINI”
そして、そうしたスタンスは実は走りのテイスト上からも感じることができるものだ。

「ゴーカート・フィーリング」を標榜し、ドライバーの操作に対して挙動がダイレクトに現れることこそを『善』としてきたのが、BMWが手がけるようになって以来のMINI各車の走りの特徴であり、個性というもの。

そして実際、そうしたフィーリングはこのブランドの様々なモデルで色濃く演出されてきた一方で、フル加速のシーンで昨今では珍しいトルクステアに見舞われたり、長時間のクルージングでは飛び跳ねるような乗り味が辛く感じられるといった、他のブランドであれば糾弾されてしまいそうなポイントもまま見受けられたものだ。

こうした、このブランドならではの雰囲気というものは、やはりクロスオーバーにも受け継がれている。すなわちそれは、大きくなっても、見た目のキュートさは薄れても、このモデルは生粋の「ミニの一員」であるという印象だ。

今回テストドライブを行ったクロスオーバーは、1.6リッターの排気量から90kW(122PS)/6000rpmの最高出力を生み出す心臓を搭載する「クーパー」と、同排気量ユニットにターボチャージャーをプラスし、最高135kW(184PS)/5500rpmのパワーを4輪に分散するシャシーを採用する、ミニとしては初の4WDシステムを備えた「クーパーS オール4」の2タイプ。クロスオーバーも含め、「どのグレードでもMT仕様を選べる」というのは現行ミニの大きな特徴だが、今回の2モデルは共に6速のトルコン式AT搭載車だ。


MINI 
http://www.mini.jp/ 
ビー・エム・ダブリュー株式会社 
http://www.bmw.co.jp/
MINIクロスオーバー 
http://www.minicrossover.jp/

参照元、写真付記事はこちら
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/20110422_440141.html

ミニ中古車の一覧ページ

ローバーミニ中古車の一覧ページ
ミニの無料査定依頼はこちらからどうぞ!~専門店だから出来る高価買取!
ミニ中古車探し依頼(中古車提案サービス)
~なかなか目当てのチェロキーが見つからない方、お探しします!~
その他、コンパクト中古車の在庫一覧

BMWミニの中古車一覧はこちら
ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/