ランクル60 中古車/ランドクルーザー60|フレックス

ランクル60  ランドクルーザー ランクル60 トヨタ ランドクルーザー60 中古車

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • Livedoorブックマークに登録
  • FC2ブックマークに登録
  • twitterブックマークに登録
  • niftyブックマークに登録

ランクル60

TOYOTA LANDCRUISER 60 (ランドクルーザー60)

今もなお、輝き続けるオールドスタイル。ランドクルーザー60

トヨタ ランクル60(ランドクルーザー60)の魅力

昭和55年(1980年)ランクル56系の後継としてデビュー。現在まで続くランクルフラッグシップのベースなるシルエットはこのランクル60から確立された。

翌年に上下開きリヤゲート、最終マイナーチェンジでオーバーフェンダー、ドアトリムやフロアカーペットなどを装備して現在につながる高級路線への伏線とも取れる変更を行っている。やはり主力はディーゼルエンジンであり、最終モデルでは最上グレードVXに2Hエンジンを直噴化した12H-T型を搭載し高出力を手に入れている。

当時4000ccもの大排気量ガソリンエンジンは自動車税等の関係から官庁や法人で使用されていたケースが多く、メンテナンスの行き届いた、走行の少ないガソリンモデルが現在でも掘り出し物として販売されることもある。
フラッシュサーフェス化されたボディデザインが主流の昨今において定規でデザインしたような直線基調のボディラインに魅了されるファンが多い。内装のレトロ感も同時に味わえるランクル60は生産終了から約20年以上が経過した今でも、オリジナルを尊重しつつ今時のリファインを施し年齢を問わず人気が高いモデルとなっている。文/荒 行浩

ランクル60の在庫一覧を確認する

ランクル60 (ランドクルーザー60)関連モデル一覧

ランクル60情報

進化が加速したランクル60のモデル解説
FJ56Vの後継としてデビューしたランドクルーザーの最高峰モデル
ランクル60 先代モデルからの進化ポイント
当時北米で人気だったステーションワゴン然としたスタイルに生まれ変わった。
ランクル60の年式ごとの違いを解説
作業車から脱却して、乗用車並みの快適さが求められた。
60系で初めて行われたグレード設定を解説
「STD」「GX」最上級グレードである「VX」別に紹介します

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function embedForm() in /var/www/html/car_model/landcruiser/60/index.html:223 Stack trace: #0 {main} thrown in /var/www/html/car_model/landcruiser/60/index.html on line 223