哀川翔と哀川翔を支えるバックアップチーム | 自動車販売のフレックス

哀川翔と参戦!アジアクロスカントリーラリー2011 

Vol.04「哀川翔と哀川翔を支えるバックアップチーム」

哀川翔と参戦!アジアクロスカントリーラリー2011

8月6日から5日間、タイからカンボジアまでのラフロード約2000キロを走破する「アジアクロスカントリーラリー2011」哀川翔さんが参戦!
フレックスもメインスポンサーとして哀川翔さんと戦いを挑みます!(順次更新)

更新日時:2011年08月01日

哀川翔と哀川翔を支えるバックアップチーム

■ メインドライバー 哀川翔  
 
 

2008年公開劇場映画「SS-エスエス-」の主役であるラリードライバーを演じたことがきっかけでラリーを始める。
 
同年開催のWRC(世界ラリー選手権)ラリージャパンでは、初挑戦ながら見事走りきり、N3クラスの1位に輝いた。
 
2009年には、アメリカコロラド州で開催された世界最大のヒルクライムであるパイクスピークインターナショナルヒルクライムへ挑戦し、クラス5位を獲得した。
 
2010年は、再びWRCラリージャパンへ戦いを挑み、N3クラスで完走、クラス1位を獲得した。
 
近年は強面のキャラクターだけでなく、雑誌やテレビで頼りになる芸能人像や、よき上司、父親像の視聴者(読者)投票ランキング上位に 登場するなど幅広く活躍中。
 
 
モータースポーツ実績
 
08年関東ダートトライアル選手権第9戦 SNクラス 完走
08年中部・近畿ラリー選手権第2戦 JN3クラス 完走
08年全日本ラリー選手権第7戦 JN3クラス 7位
08年WRC(世界ラリー選手権)第14戦ラリージャパン N3クラス 1位
09年パイクスピークインターナショナルヒルクライム PPOクラス 5位
10年APRC(アジアパシフィックラリー選手権)第2戦ラリー北海道 N3クラス 完走
10年全日本ラリー選手権第5戦 JN3クラス 完走
10年WRC(世界ラリー選手権)第10戦ラリージャパン N3クラス 1位


 
 
■Co・Driver 安東貞敏(Sadatoshi Ando)
 



国内を代表するコ・ドライバー。
 
1990年にラリーデビュー、翌1991年にはドライバーとして初めて参加したラリーで優勝。 その後、コ・ドライバーへ転身し、2000年にJRC(全日本ラリー選手権)で優勝を皮切りに数々の優秀な成績を収める。
 
08年に、TEAM SHOWに参画。哀川のコ・ドライバーとして、地方選手権から全日本、そしてWRC(世界ラリー選手権)まで参戦。巧みなドライバーコントロールでラリージャパンでは08年そして10年の両年、哀川をクラス優勝を導いた名・Co・Driver。
 
2011年も哀川のコ・ドライバーとして数々のラリーへ挑戦、その腕前に期待がかかる。
 
 
■Driving Coach 奴田原文雄(Fumio Nutahara)
 
 


名門チームであるADVANラリーチームのエースドライバー。
 
通算9回の全日本選手権のタイトルに輝く、名実ともに日本を代表するラリードライバーである。
 
04年から国際ラリーへの参戦を始め、06年には日本人初のWRCモンテカルロラリー優勝を飾るとともに、PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)年間ランキング2位を獲得した。
 
TEAM SHOWには09年から哀川のドライビングの指南役として加わり、同年7月にアメリカコロラド州で開催されたパイクスピークインターナショナルヒルクライムへは哀川のサイドシートでコーチ兼コ・ドライバー役を務めた。2010年は哀川のチームメイトとしてWRCラリージャパンへ日本初登場のFORD FIESTA R2で参戦。
 
4WDマシンにも引けをとらない走りで見事クラス優勝を獲得した。
 
2011年も哀川のコーチを務めながら、哀川とともに新たなフィールドへチャレンジ。今回挑戦するアジアクロスカントリーラリー2011のコースに現れる障害を乗り越えられるか、その力量にかかっている。
 
  
 
■Managing Producer 神子力(Chikara Kamiko)
 




大学在学中よりダートトライアルドライバーとして参戦を始め、国内外の数多くのイベントで好成績を収める、ドライバー引退後は外資系自動車部品メーカーでマーケティングに従事。
 
その後、BSテレビ局に転職。過去のモータースポーツ活動の実績とマーケティング経験を生かし、プロデューサーとして国内初のデータ連動モータースポーツ番組を立ち上げる。
 
2008年お正月公開劇場映画「SS-エスエス-」をプロデュースし、多くのコラボレーションを実施し興業成績獲得に尽力した。
 
また、同年より俳優哀川翔氏のラリー活動のプロデュースを行い、自動車業界、メディア業界に話題を提供した。
 
 
■Main Sponsor & Machine フレックス(FLEX)
 
 


ランドクルーザー・ハイエースを中心に全国に専門展開する自動車販売店。
そのカスタムの幅広さは他に追随を許さないものがある。

アジアクロスカントリーラリー2011ではFLEX GEOLANDAR Show Aikawa World Rally Teamとして
「Show Aikawa World Rally Team」のメインスポンサーを務め、ラリー仕様にカスタマイズしたFJクルーザーを「Show Aikawa World Rally Team」に提供する。

アジアクロスカントリーラリー2011のコースに立ちふさがる様々な悪路を攻略するためには高いポテンシャルを持つラリーカーが不可欠であり、レベルの高いカスタムに期待がかかる。

■Sponsor & Transportation エアアジア(Air Asia)
 
この時期のアジアの厳しさをよく知るエアアジアがアジアクロスカントリーラリー2011のチームメンバーを安全に現地までサポート。
絶好のコンディションでラリーを迎えられるようそのサービスに期待が寄せられる。
 
 
 

ページトップへ

ページトップへ

「哀川翔と哀川翔を支えるバックアップチーム」の関連記事

新着記事

ページトップへ

関連キーワード :  哀川翔 ラリー オフロード FJクルーザー アジアクロスカントリーラリー アジアンラリー SUV 4WD TEAM SHOW ラフロード ラリーカー

ショートカット
店舗一覧
中古車
車買取
車査定
中古車探し
在庫一覧
中古車検索
激安車
特集コンテンツ
あら散歩 番外編
パーツ
リンク
FLEXからのお知らせ
自動車関連ニュース
クルマ比較
店舗用地募集
中古車ギャラリー
スマートフォンアプリ
カタログアプリ
FLEX公式 facebook
フレックス広報 Twitter
FLEX ツイッター
FLEX みんカラ
Web担当者ブログ
 
車種から探す
色々な
車の探し方
人気ブランド
メーカーから
探す
イベント
写真・動画
ギャラリー
FLEX
    新車・中古車の販売・検索は中古車情報のフレックス 自動車の事ならカスタムまでお任せ下さい!

ケータイでもカンタン中古車検索

FLEXの携帯サイトQRコード!!FLEXの携帯サイトはPCサイト並びに充実機能を提供。左の2次元バーコード、または、下記のアドレスからGO!

http://www.flexnet.co.jp/i/