【FLEX NEWS】2016年9月25日(日)に開催されたSBM九州にFLEXが出展しました

イベント情報|,

9月25日(日)に開催されたSBM九州のイベントレポート!

箱車乗りのためのスタイルボックスミーティング、SBMが九州で開催されました

こんにちは、全国各地をサーキットしながら開催されている箱車乗りのためのミーティング「スタイルボックスミーティング(SBM)」はハイエースオーナーには広く知られた人気イベントですよね。SBMには全国各地のフレックスハイエース店が積極的に出展しています。9月25日(日)に福岡県北九州市で開催されたSBM九州にハイエース福岡店ランクルハイエース熊本店が出展してきましたので、その様子を紹介させていただきますね。

SBMへのエントリーの9割近くがハイエース

16092702

第5回目となるSBM九州はこれまでの福岡市内での開催から、北九州市の「グリーンパーク響灘緑地」での開催に変更されましたが、熱狂的なハイエースファンに支えられ100台を超えるエントリーを集めました。SBMはあくまで“箱車乗りのためのミーティング”なのですが、エントリー車両の9割近くがハイエースを占め、九州でのハイエース人気の盛り上がりが実感できるイベントでした。ハイエース福岡店、ランクルハイエース熊本店からもたくさんのハイエースオーナーにエントリーいただき、ありがとうございました。ひと昔前までは九州ではハイエースのカスタムカルチャーはそれほど大きな規模ではありませんでしたが、HFC(ハイエースファンクラブ)やRespection(リスペクション)のようなハイエースのチームのおかげで大きなムーブメントとして盛り上がりはじめていますね。

九州各地や中国地方、千葉県からの参加者も来場!

SBMを盛り上げようとするハイエースオーナーが九州各地や山口、広島から終結し、中には千葉県からわざわざ来場したオーナーもいましたよ。福岡周辺のオーナーが多いのは当然ながら、今回のSBMでは鹿児島県のハイエースオーナーの姿が目立ったのには驚きました。もしかすると今、鹿児島ではハイエース人気が急上昇しているのかもしれません。各地のSBMと比較して気づいたのは、九州ではハイエースバン スーパーロングの人気が非常に高いということ。駐車スペースに余裕があるオーナーが多いからでしょうね。余裕のあるキャビンを思う存分カスタムされたハイエースが多くみられました。また、今回のSBM九州では「憲武・フミヤ・ヒロミが行く!キャンピングカー合宿2」のベース車両となったハイエースのキャンピングカーも展示させていただきましたが、TV番組の放映から3ヶ月以上も経つのに他のイベントと同様に注目度は抜群でしたよ。

SBM九州のフォトギャラリー

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただきありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランクル、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません!

フレックスでは買い取りさせていただいたランクル、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。もちろん、フレックスで乗り換えを考えていない方からの買取査定のご依頼も大歓迎です。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎると値段がつかないこともありますが、ランクル、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、フレックスでは古い年式で走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれないカスタムされた車両もしっかり評価!

 

思いをこめてカスタムされた愛車をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお気軽にお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ