Renoca

Phoenix

懐かしいのに、新しい。


誰かとの待ち合わせが、今よりもっと真剣だった時代。
携帯もGoogleMapもなかったから、場所と時間が曖昧だと二度と会えなかった時代。
電話ボックスを待つ行列。テレホンカード。
不便だけれども、ちょっとした手間を目的に変えて、外に出かけて行った時代。
とりあえず駅前や、海辺に行って、友達と「偶然」会おうとしていた時代。
待ち合わせ時間を過ぎても、連絡なんて取れないから、車の中で音楽を聴きながら待っていた時代。
今はもうないワクワクと、静かな時間の流れを表現するところから、このPhoenixの開発ははじまりました。

誰かとの待ち合わせが、今よりもっと真剣だった時代。
携帯もGoogleMapもなかったから、
場所と時間が曖昧だと二度と会えなかった時代。
電話ボックスを待つ行列。テレホンカード。
不便だけれども、ちょっとした手間を目的に変えて、外に出かけて行った時代。
とりあえず駅前や、海辺に行って、友達と「偶然」会おうとしていた時代。
待ち合わせ時間を過ぎても、連絡なんて取れないから、
車の中で音楽を聴きながら待っていた時代。
今はもうないワクワクと、静かな時間の流れを
表現するところから、このPhoenixの開発ははじまりました。

EXTERIOR

「懐かしさ」を今の感覚で捉え直した
洗練されたトーン&シルエット

砂漠もジャングルも走り抜けることができるランドクルーザー。そんなタフな性能を残しつつ、洗練されたデザインにリノベーションしたのがフェニックスです。ベースとなったのは90年代に一世を風靡し、今も人気が高いランドクルーザー80。そもそも、この車が開発されたのはバブル景気真っ盛りの日本。時代を反映した豪華なスペックは、今ではなかなか考えられないものです。そんな80をベース車に据えて目指したのは、今日のファッションの切り口を最大限に盛り込んだスクエアなフォルム。丸みを帯びていたボンネットを、水平ラインを強調したシルエットに。横長ののっぺりした印象のあったヘッドランプを、すっきりした印象の丸目と角目型に。懐かしくもあるそれらのランプ形状を、逆に現代の感覚で捉え直して、グリルとともに開発。親しみやすいTOYOTAのロゴを中央に据え、同じく水平ラインを意識したボディーはツートンカラー。男女問わず、思わず振り返ってしまうデザインを実現しました。

ランドクルーザー フェニックス エクステリア

大切なのはデザインの必然性
自分らしいトーンを実現するために

フェニックスをデザインする上で常に意識したのは全体のバランスです。パーツ単体で見るとかっこよく見えるものでも、いざ車に取り付けてみると自己主張が強すぎる、なんてことはよくあることです。ホイールもシートもハンドルだって、クラシカルな雰囲気を盛り込んだ上で、それらの組み合わせの「必然性」を最優先に考え、隙のないリノベーションに仕上げました。選択できるボディカラーと各パーツは、どれをどう組み合わせてもフェニックスのトーン&マナーを外さないように設計してあります。きっとあなたは自分の感性にぴったりの、最高の一台をつくることができるはずです。

ランドクルーザー フェニックス エクステリア
  • ランドクルーザー フェニックス エクステリア
  • ランドクルーザー フェニックス エクステリア
  • ランドクルーザー フェニックス エクステリア

360°VIEW

0%

    PRICE

    参考価格

    ¥2,998,000

    (中期型ガソリン 走行距離:150,000kmの場合)

    Renoca's LIFESTYLE

    Renoca's LIFESTYLE

    RENOCAを体験してみる

    今すぐ試乗・購入できるリノカ一覧

    ↑