トヨタ ハイエースコミューター

相場価格:559.8万円〜629.8万円

トヨタ ハイエースコミューターの購入・売却検討はこちら

オススメ
4/5.0
車レビュー

ハイエースコミューターは乗車定員が14人と非常に多いため、主にツアーや宿泊施設の送迎などに利用されています。2ナンバー登録のマイクロバスになるため、ハイエースワゴン・ハイエースバンと異なり普通免許では運転できないためご注意ください。

トヨタ ハイエースコミューターのカタログ情報

トヨタ ハイエースコミューターのグレード別のカタログ情報を確認できます。

2.8 GL ディーゼルターボ

2017年12月~生産中モデル

  • 新車時価格
    365.9万円
  • エンジン出力
    直列4気筒DOHC
  • 排気量
    2754
  • 最高出力
    111 (151) / 3600
  • 最大トルク
    300 (30.6) / 3400
  • 燃費(km/L)
    JC08モード:11.8
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
2.7 GL

2017年12月~生産中モデル

  • 新車時価格
    319.2万円
  • エンジン出力
    直列4気筒DOHC
  • 排気量
    2693
  • 最高出力
    118 (160) / 5200
  • 最大トルク
    243 (24.8) / 4000
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:9.5
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
2.7 GL 4WD

2017年12月~生産中モデル

  • 新車時価格
    350万円
  • エンジン出力
    直列4気筒DOHC
  • 排気量
    2693
  • 最高出力
    118 (160) / 5200
  • 最大トルク
    243 (24.8) / 4000
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:8.9
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
2.8 DX ディーゼルターボ

2017年12月~生産中モデル

  • 新車時価格
    360.9万円
  • エンジン出力
    直列4気筒DOHC
  • 排気量
    2754
  • 最高出力
    111 (151) / 3600
  • 最大トルク
    300 (30.6) / 3400
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:11.8
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT

トヨタ ハイエースコミューターのレビュー

良い点

  • 14名という圧倒的な乗車定員の多さ
  • ワイドボディ、スーパーロング、ハイルーフというハイエース最大となる室内の広さ
  • 2WD/4WDが選べる
  • ディーゼルエンジン・ガソリンエンジンが選べる

気になる点

  • 定員の多さから中型免許(限定なし)または大型免許が必要になる
  • 大きなボディからくる取り回しの悪さ

総合評価

  • ゆとりの室内で14人乗り
  • 普通免許では運転不可
  • 用途に応じてエンジンや駆動方式が選べる
ハイエースのなかで一番多くの人数を乗せることができるのがこのコミューターです。ボディも、スーパーロング、ワイドボディ、ハイルーフのみとなります。定員11名以上の乗合自動車に該当するため2ナンバー登録のマイクロバスとなり、普通運転免許では運転することができず、中型免許(限定なし)もしくは大型免許が必要となります。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジン、2WDと4WDをラインアップしているので、使用状況に合わせて最適な組み合わせを選ぶことができます。人員の移動に特化した車両のため、ハイエースバンよりも乗り心地はいい傾向です。

トヨタ ハイエースコミューターのクチコミ

トヨタ ハイエースコミューターのオーナーの声を掲載しています。

  • (17%)
  • (83%)
  • (0%)
  • (0%)
  • (0%)

クチコミ点数の内訳

  • 全体
    4
  • デザイン
    3.9
  • 走行性能
    3.7
  • 快適さ
    4
  • 運転のしやすさ
    4.2

役に立つトヨタ ハイエースコミューターのクチコミ

ハイエースコミューター
ハイエース王国(30代男性) 2017年05月31日
総合評価:4.5(デザイン:4|走行性:4|快適さ:5|運転のしやすさ:5)
仕事柄、大勢の人を運ぶのに必要なのでコミューターを使うようになったのですが、運転していると人を運ぶのはもちろん、自家用車としても面白い車だと思い、自分用に購入しました。家族も多いし、キャンプやサーフィンで活躍しています。
ハイエースコミューター
ヤッキー(50代男性) 2017年05月01日
総合評価:4.3(デザイン:5|走行性:4|快適さ:4|運転のしやすさ:4)
2代目。サーフィン用。鬼仕様。とにかく広い。動く海の家。寝れる。休める。下手したら住める。笑 砂の上でも余裕で進む。大人の特権。
ハイエースコミューター
裸の太陽(30代男性) 2017年04月14日
総合評価:3.8(デザイン:3|走行性:4|快適さ:4|運転のしやすさ:4)
10人家族なんで、消去法的にこの車になったが、独身時代から乗っていても良かったんじゃないかと思っている。やっぱり車は大勢で乗ると楽しいから。こういう車に乗っているということがきっかけで、どこかにみんなで出かけようという話になったり、そういう気持ちになるから。

トヨタ ハイエースコミューターの中古車相場表

  • 本体価格と年式
  • 本体価格と走行距離
  • 年式と走行距離
  • 全体の10%
  • 全体の5%
  • 全体の3%
  • 全体の1%以上
  • 全体の1%未満
  年式 2010年
(H22)
以前
2011年
(H23)
2012年
(H24)
2013年
(H25)
2014年
(H26)
2015年
(H27)
2016年
(H28)
2017年
(H29)
2018年
(H30)
2019年
(R1)
2020年
(R2)
2021年
(R3)
2022年
(R4)
2023年
(R5)
2024年
(R6)
価格 物件数                              
700万円以上                                
690万円~                                
680万円~                                
670万円~                                
660万円~                                
650万円~                                
640万円~                                
630万円~                                
620万円~                             1  
610万円~                           1 1 3
600万円~                             1 3
590万円~                               1
580万円~                                
570万円~                                
560万円~                                
550万円~                       1        
540万円~                                
530万円~                                
530万円未満                                
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
価格 物件数                            
700万円以上                              
690万円~                              
680万円~                              
670万円~                              
660万円~                              
650万円~                              
640万円~                              
630万円~                              
620万円~   1                          
610万円~   4         1                
600万円~   4                          
590万円~   1                          
580万円~                              
570万円~                              
560万円~                              
550万円~                 1            
540万円~                              
530万円~                              
530万円未満                              
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
年式 (初年度登録) 物件数                            
2024(R6年) 以降   7                          
2023(R5年)   3                          
2022(R4年)             1                
2021(R3年)                              
2020(R2年)                 1            
2019(R1年)                              
2018(H30年)                              
2017(H29年)                              
2016(H28年)                              
2015(H27年)                              
2014(H26年)                              
2013(H25年)                              
2012(H24年)                              
2011(H23年)                              
2010(H22年) 以前                              

トヨタ ハイエースコミューターの購入・売却検討はこちら

トヨタ ハイエースコミューターに関するよくある質問

普通免許で運転することはできませんか?
普通運転免許では運転不可となります。
3ナンバーで登録することはできますか?
乗車定員を10名以下とする変更を行えば可能です。この場合、普通運転免許での運転が可能です。
車検のタイミングを教えて下さい。
2ナンバー登録なので、1年ごとに車検を受ける必要があります。

ハイエースの保証・サービス

あなたにおすすめ

ハイエースの歴史

ハイエース

トヨタのキャブオーバー型ワンボックス車。商用のバン、個人ユース向けのワゴン、人員輸送用のコミューターをラインアップする。高い汎用性と耐久性で多くのファンを獲得している。

2004年

ハイエース200系(5代目ハイエース)

2004年に登場。商用車として磨きを掛けたモデル。バンはボディ長がロング/スーパーロング、ボディ幅は標準/ワイド、ルーフ高は標準/ミドル/ハイの構成。現行モデルは2022年4月改良の7型。

1989年

ハイエース100系(4代目ハイエース)

1989年に登場。ワゴンは電動スライドドアやパワーイージーアクセスなど、世界初となる装備を加えて高級ワンボックスに。後のアルファードへとつながっていく。バンも中期からは安全装備が充実。

1982年

ハイエース50系(3代目ハイエース)

1982年に登場。ワゴンはオールフラットシート(日本初)や電動サンルーフ、デジタルメーターを採用して個人ユーザーを意識した高級路線へ。バンは3/6/9人乗りやATを設定して使い勝手が向上。

1977年

ハイエース20/30/40系(2代目ハイエース)

1977年登場。バンとコミューターは標準・ロング・スーパーロングという3種のボディ長、スーパーロングにはハイルーフも用意。ガソリンエンジン3種に加えて79年にはディーゼルも追加された。

1967年

ハイエース10系(初代ハイエース)

1967年登場。無骨なデザインばかりの商用車のなかで、曲面を用いた優しいスタイリングが目を引いた。デリバリーバン、ワゴン、コミューター、トラックで全11モデルとラインアップも多種多様。

人気のハイエースコミューター

FLEX ハイエース販売店一覧

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ