JEEP ラングラー

相場価格:189.8万円〜889.8万円

JEEP ラングラーの購入・売却検討はこちら

オススメ
3.9/5.0
車レビュー

ラングラーは1987年に発売されたJeepブランドの4WDです。初代モデルのYJは2人乗りの車両にしては高価で冬層のレジャーカー的要素が強かったですが、1996年にデビューした後継モデルのTJはオフロードを意識した仕様となりました。ノーマルでも走破性は高いが、若干のカスタムをすることで他の4WDがいけないような険しいオフロードも簡単に攻略できてしまうポテンシャルを秘めています。

JEEP ラングラーのカタログ情報

JEEP ラングラーのグレード別のカタログ情報を確認できます。

サハラ 4WD

2015年3月~生産中モデル

  • 新車時価格
    396.4万円
  • エンジン出力
    V型6気筒DOHC
  • 排気量
    3604
  • 最高出力
    209 (284) / 6350
  • 最大トルク
    347 (35.4) / 4300
  • 燃費(km/L)
    JC08モード:7.9
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
アンリミテッド スポーツ 4WD

2015年3月~生産中モデル

  • 新車時価格
    396.4万円
  • エンジン出力
    V型6気筒DOHC
  • 排気量
    3604
  • 最高出力
    209 (284) / 6350
  • 最大トルク
    347 (35.4) / 4300
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:7.5
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
アンリミテッド サハラ 4WD

2015年3月~生産中モデル

  • 新車時価格
    427.7万円
  • エンジン出力
    V型6気筒DOHC
  • 排気量
    3604
  • 最高出力
    209 (284) / 6350
  • 最大トルク
    347 (35.4) / 4300
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:7.5
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT
アンリミテッド アルティチュード 4WD

2015年3月~生産中モデル

  • 新車時価格
    429.8万円
  • エンジン出力
    V型6気筒DOHC
  • 排気量
    3604
  • 最高出力
    209 (284) / 6350
  • 最大トルク
    347 (35.4) / 4300
  • 燃費(km/L)
    JC09モード:7.5
    10・15モード:0.0
  • ミッション
    AT

JEEP ラングラーのレビュー

良い点

  • 4WDの代名詞的なネームバリューと存在感
  • 走れないところはない!?くらいの高いオフロード性能
  • 2Lエンジンが追加され、選択の幅が広がった
  • 4ドアのアンリミテッドはファミリーユースも可能

気になる点

  • ボディサイズの割には荷室があまり広くない
  • アンリミテッドはあまり小回りが利かない

総合評価

  • 他にはないキャラクターの強さ
  • ルビコンの突出したオフロード性能
  • 一般道での乗り心地はあまり良くない
  • 燃費はいまいちだが全車レギュラーガソリン
4WDの代名詞と言っても過言ではないJEEPブランドの筆頭モデルがラングラーです。CJと呼ばれたジープの後継モデルとして、1987年に初代ラングラーは登場しています。角目ヘッドライトが特徴で、日本では1ナンバーと3ナンバーの登録車があります。
続いて1996年に登場したのはTJと呼ばれるモデルです。日本仕様は右ハンドルとなり、エンジンは2.4Lの直4、または4Lの直6が搭載されました。ハイエンドモデルである「ルビコン」は2003年、ロングホイールベースの4ドアモデル「アンリミテッド」は2004年に、それぞれ登場しています。
2007年に3代目となるJKへモデルチェンジ。エンジンは3.6LのV6が搭載され、前期は4速AT、後期は5速ATとなっています。
現行モデルとなるJLは2018年に日本で発売が開始されています。2ドアはスポーツ、4ドアはアンリミテッドとなり、フルオープンにすることができるフリーダムトップを備えています。
キャラクターのある車なので、個性的なカーライフを送りたい人にはもってこいと言えるでしょう。

JEEP ラングラーのクチコミ

JEEP ラングラーのオーナーの声を掲載しています。

  • (15%)
  • (65%)
  • (20%)
  • (1%)
  • (0%)

クチコミ点数の内訳

  • 全体
    3.9
  • デザイン
    4.6
  • 走行性能
    3.8
  • 快適さ
    3.4
  • 運転のしやすさ
    3.6

役に立つJEEP ラングラーのクチコミ

ラングラー H12(2000)年式
オラフ(30代男性) 2017年01月31日
総合評価:4(デザイン:5|走行性:4|快適さ:3|運転のしやすさ:4)
本格的オフロードを走破したい人や、立地条件で悪路を走る機会が多い人に、限定的に勧められる車です。他の人には、ちょっと勧められないですね。見かけで購入すると、かなり期待はずれかも知れないので、よく検討してください。
ラングラー H13(2001)年式
金メダル(30代男性) 2017年01月27日
総合評価:4.3(デザイン:5|走行性:4|快適さ:4|運転のしやすさ:4)
ハンドルが軽いので運転しやすいし、車高があるの圧迫感を感じないので疲れません。乗り心地と静粛性は普通の乗用車と同じくらいだと感じています。飽きのこないデザインだし、ずっと大切に乗り続けたいクルマです。
ラングラー H10(1998)年式
楓太くん(30代男性) 2017年01月26日
総合評価:4.3(デザイン:5|走行性:4|快適さ:4|運転のしやすさ:4)
古くから、ジープを愛している人であるなら、たいへん満足のいく車であると思います。全体的にゆったりとした走行感覚の車で、ジープらしさが出ています。高級感はないですが、武骨なスタイルは飽きがこず、何年も付き合えます。

JEEP ラングラーの中古車相場表

  • 本体価格と年式
  • 本体価格と走行距離
  • 年式と走行距離
  • 全体の10%
  • 全体の5%
  • 全体の3%
  • 全体の1%以上
  • 全体の1%未満
  年式 2010年
(H22)
以前
2011年
(H23)
2012年
(H24)
2013年
(H25)
2014年
(H26)
2015年
(H27)
2016年
(H28)
2017年
(H29)
2018年
(H30)
2019年
(R1)
2020年
(R2)
2021年
(R3)
2022年
(R4)
2023年
(R5)
2024年
(R6)
価格 物件数                              
610万円以上                             2  
600万円~                                
590万円~                                
580万円~                                
570万円~                                
560万円~                                
550万円~                                
540万円~                                
530万円~                       1        
520万円~                                
510万円~                                
500万円~                                
490万円~                                
480万円~                                
470万円~                                
460万円~                                
450万円~                                
440万円~                                
440万円未満   1     1   1                  
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
価格 物件数                            
610万円以上   1   1                      
600万円~                              
590万円~                              
580万円~                              
570万円~                              
560万円~                              
550万円~                              
540万円~                              
530万円~             1                
520万円~                              
510万円~                              
500万円~                              
490万円~                              
480万円~                              
470万円~                              
460万円~                              
450万円~                              
440万円~                              
440万円未満                 1     2      
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
年式 (初年度登録) 物件数                            
2024(R6年) 以降                              
2023(R5年)   1   1                      
2022(R4年)                              
2021(R3年)                              
2020(R2年)             1                
2019(R1年)                              
2018(H30年)                              
2017(H29年)                              
2016(H28年)                              
2015(H27年)                 1            
2014(H26年)                              
2013(H25年)                       1      
2012(H24年)                              
2011(H23年)                              
2010(H22年) 以前                       1      

JEEP ラングラーの購入・売却検討はこちら

JEEP ラングラーのお役立ち記事

希少なシボレーブレイザーが入庫! K-5の魅力を紹介します
【使い勝手バツグン】希少なシボレーブレイザーK-5がJEEP千葉北店に入荷! その魅力を紹介!!
ライター  武内 祐徳
2017/04/13
【専門店が徹底解説】アメリカン4WDのレジェンド、JEEPラングラーTJ、JKの魅力とは?
ライター  武内 祐徳
2016/06/20
【車好き必見】JEEPチェロキーリミテッド American Classic ジープバージョン
ライター  武内 祐徳
2016/03/14
【最新版】JEEPチェロキー:中古車購入ガイド
ライター  武内 祐徳
2016/03/01
【最新版】JEEPラングラー:中古車購入ガイド
ライター  武内 祐徳
2016/02/19

JEEP ラングラーの購入・売却検討はこちら

JEEP ラングラーに関するよくある質問

燃費が気になります
現行モデルには2Lターボエンジンがラインアップされており、燃費も悪くないので街乗りでも気にせず使えるでしょう。また、ラングラーは全車レギュラーガソリン仕様なので、ランニングコストはハイオク仕様のエンジンよりも掛かりません。
家族で乗りたいのですが、大丈夫ですか?
4ドアのアンリミテッドであれば可能ですが、後席の乗り心地はあまりよくありません。リクライニングキットが別途用意されているので、検討されてはどうでしょうか?
走っているとよく揺れると聞きます。
確かに純正の足回りはオフロードを主眼にしているので、舗装路での走行では揺れやすい傾向にありますが、アフターパーツで乗り心地を改善するカスタムも可能です。
JK型とJL型、どちらがオススメですか?
3代目のJK型と4代目のJL型ですが、ボディサイズだけで言えばJK型の方が若干小さめ(全高は高い)です。ホイールベースはJL型の方が長くなりましたが、最小回転半径が小さくなったため、取り回しのよさは向上しています。JL型の方がオススメですが、価格はまだ高いので、予算面で見るとJK型を買ってカスタムして楽しむという選択肢もアリだと思います。

ランクルの保証・サービス

あなたにおすすめ

JEEPの歴史

Jeep®

1940年、米国陸軍の軽量偵察車として生産されたウィリスから始まったJeep®の歴史。その後、民生用として姿を変えても悪路走破性の高さは常に一級品で、4WDの代名詞とも言われるブランド。

2021年

グランドチェロキーL

車レビューをみる カタログをみる

2021年に登場。3列シートを備えたフルサイズSUVで、Jeep®ブランド史上最高級のフラッグシップに。オンロード/オフロードを問わず、上質な移動体験ができる7人乗りラグジュアリーモデル。

グラディエイター

2021年登場。Jeep®ブランド初のピックアップトラックで、ラングラーをベースに最大積載量250kgの荷台を備えるダブルキャブ。フィールドを選ばない走破性とユーティリティの高さは唯一無二。

2018年

ラングラー(JL)

車レビューをみる カタログをみる

2018年、先代から11年ぶりのフルモデルチェンジ。史上最高の走破性を実現しつつ、機能的でモダンな内装に。構成は2ドアのスポーツと4ドアのアンリミテッドで、2リッターターボエンジンが追加。

2014年

チェロキー(KL)

車レビューをみる カタログをみる

リバティの後継として2014年に登場。チェロキーとしては5代目。先代までのワイルドさを一新して近未来的なデザインに。ミッドサイズの都会的なボディでありながら本格的なオフロード性能を発揮。

2011年

グランドチェロキー(WK)

車レビューをみる カタログをみる

2011年に登場した4代目グランドチェロキー。Jeep®ブランドのフラッグシップに相応しい高級感溢れるインテリアと力強くスタイリッシュなエクステリアを備えたモデル。プレミアムな世界観を確立。

2008年

チェロキー(KK)

車レビューをみる カタログをみる

2008年。アメリカ本国ではリバティの名称で販売されていた4代目チェロキー。独立懸架式フロントサスペンションなどの採用により、オンロードの快適性とオフロードの走破性を高次元で両立。

2007年

ラングラー(JK)

車レビューをみる カタログをみる

2007年に登場した3代目ラングラー。2ドアに加えて待望の4ドア「アンリミテッド」がラインアップ。ルーフを外してオープンにできるオープントップを採用するなど独創的な装備で人気を集めた。

2005年

グランドチェロキー(WK)

車レビューをみる カタログをみる

2005年登場。従来型よりも静粛性や乗り心地などを向上。独立懸架式フロントサスペンションの導入により、オンロードでの快適性を引き上げることに成功。本国では6.1LのV8HEMI搭載モデルも。

2004年

ラングラー アンリミテッド(TJ-L)

2004年、ラングラーのホイールベースを約25cm、全長を約40cm延長した「アンリミテッド」が登場。室内空間にゆとりが生まれ、オンロードの走破性能も向上。現在は4ドアだが、当時は2ドアモデル。

2003年

ラングラー ルビコン(TJ)

ラングラーの史上最高の悪路走破性を誇る最強モデルとして2003年に登場。前後デフロックやロックトラック®など、オフロードのための装備を搭載。名称は世界一過酷なカリフォルニアの地名から。

2002年

チェロキー(KJ)

車レビューをみる カタログをみる

2002年登場。新開発の3.7L V6エンジンや独立懸架式フロントサスペンション、4x4システムにコマンドトラック®を採用して大幅な進化を遂げたモデル。アメリカ本国ではリバティという名称で販売。

1999年

グランドチェロキー(WJ)

車レビューをみる カタログをみる

1999年登場。高級志向を強めてラグジュアリーカー並みの装備を備えた2代目。内装を刷新し、先代では荷室側面にあったスペアタイヤを床下に移動、後席の居住スペースを広げて利便性と快適性を向上。

1997年

ラングラー(TJ)

車レビューをみる カタログをみる

1997年登場。レトロなスタイルながら従来モデルから80%近くの部品を新設計した2代目。ソフトトップまたは脱着式ハードトップの選択が可能。クォドラコイルサスペンションで悪路走破性が格段に向上。

1993年

グランドチェロキー(ZJ)

車レビューをみる カタログをみる

ワゴニアの後継モデルとして1993年に登場した初代グランドチェロキー。SUV初となる運転席エアバッグの採用や卓越したオンロード性能、快適性の高さなどが評価されて、多くの賞を総ナメにしたモデル。

1987年

ラングラー(YJ)

車レビューをみる カタログをみる

長く続いたCJシリーズの後を受けて、1987年に登場した初代ラングラー。CJのデザインを踏襲しつつ、ブランド初の角型ヘッドライト採用など、Jeep®に革新をもたらした。1ナンバーと3ナンバー登録が存在。

1984年

チェロキー(XJ)

車レビューをみる カタログをみる

1984年の登場。フルサイズのワゴニアSJよりもコンパクトなモノコックボディを採用した2代目チェロキー。日本でチェロキーと聞いて思い浮かべるのがこのモデル。Sportが300万円を切る価格で大人気に。

グランドワゴニア(SJ)

チェロキーが小型モノコックボディ化したことで、ワゴニアSJがフルサイズ高級SUVとして1984年にモデルチェンジ。ウッドパネルが施された大柄なボディがアメリカンテイストを醸し出す。日本では希少。

1976年

CJ-7

1976年登場。ウィリスから数えて7代目となるモデルで、CJ-5よりもホイールベースが拡大され、ミッションはMTの他、ATの選択が可能に。プラスチックトップとスチールドアを採用した初のモデル。

1975年

チェロキー(SJ)

車レビューをみる カタログをみる

初代チェロキーはワゴニアのスポーティな2ドアモデルとして1975年に登場。フェンダーのあるモデルとないモデルがあり、1977年には4ドアモデルも追加。ワゴニアよりも若い世代の間で人気となった。

1965年

スーパーワゴニア(SJ)

ブランド初のラグジュアリー4x4モデルとして1965年に登場。セダンの快適性とステーションワゴンの利便性を兼ね備えたワゴニアの上位モデル。ワゴニアのトレードマークとなるウッドパネルは75年から。

1963年

ワゴニア/グランドワゴニア/チェロキー(SJ)

ユーティリティワゴン・ウィリスに代わり1963年に導入された初代ワゴニア。4x4車初のATミッションや独立懸架式フロントサス、6気筒OHVエンジン、フルタイム4WDなど当時の最新技術を搭載しました。

1955年

CJ-5

1955年登場。M38A1をベースに、快適性や多目的性、オフロード性能などを進化したモデル。5L V8エンジン搭載のレネゲード(1972年〜)やクロームパーツが使われたラレード(1980年〜)などもラインアップ。

1953年

CJ-3B

1953年、CJ-3Aからのモデルチェンジ。アメリカだけでも15万台以上を販売するベストセラーに。日本でも三菱がライセンス生産したジープ(J3)が存在するが、ほとんどの車両が在日米軍で使用された。

1941年

ウィリス MB

Jeep®と聞いて思い浮かべるのがこのウィリスMB。1941年、アメリカ陸軍が計画した軽量偵察車開発に対して、アメリカン・バンタム、ウィリス・オーバーランド、フォードの3社が共同生産したモデル。

ウィリス MA

1941年に第二次世界大戦前にテストで制作された車両で、ウィリスMBのベースとなったモデル。MAはミリタリー・モデルAの略。生産台数約1500台のほとんどがソ連とイギリスに提供され、現存は数十台。

1940年

ウィリス クワッド

ウィリスMA、そしてウィリスMBへと繋がる、いわゆるJeep®の原型になった最初のパイロットモデル。クワッドの名称は4x4システムから取られたもの。わずか2台が制作され、アメリカ陸軍に納入された。

人気のラングラー

FLEX 販売店一覧

ページトップへ