トヨタ ハイエース

相場価格:159.8万円〜639.8万円

トヨタ ハイエースの購入・売却検討はこちら

オススメ
3.8/5.0
車レビュー

トヨタ ハイエースは1967年に商用車「トヨエース」とスタートし、1977年にハイエースに名前が変わりました。以来50年以上に渡り生産されてきたワンボックスカーで、今でも絶大な人気を誇っています。主に乗用車として使うハイエースワゴン、荷物の積載性を重視するハイエースバン、送迎用などさらに乗車定員を求めるハイエースコミューターの3種類があります。なお、エンジンはガソリンとディーゼルがあります。

トヨタ ハイエースのレビュー

良い点

  • 耐久性や汎用性の圧倒的な高さ
  • ハイエースワゴンは効率のいい人員輸送が可能
  • ボディや駆動方式、エンジンのバリエーションが豊富
  • カスタム次第で自分好みに変えられる

気になる点

  • 自動運転や安全支援技術が最新ではない
  • 次世代モデルの使い勝手がどう変わるのか?

総合評価

  • King of 商用車であること
  • 車中泊やキャンプなどバンライフに最適
  • カスタムパーツが豊富にリリースされている
  • 現行モデルの7型が200系ではモデル末期か?!
ワンボックス型商用車の代名詞とも言える存在がトヨタ・ハイエースです。簡易な2列目シートを備えて多くの荷物を積載できるハイエースバンと、しっかりとしたシートを備えたハイエースワゴン、人員の移動に特化したハイエースコミューターをラインアップしており、目的に応じて選ぶことができます。
現在のハイエースは200系と呼ばれ、2004年に登場しています。その後、大小合わせて6回にも及ぶ改良が行われ、現行モデルは7型となっています。このモデルが最終で、次はフルモデルチェンジが行われると噂されていますが、海外で先にデビューした300系は突出したノーズをもつボディ形状となっており、そのままの形で日本へ導入されるかは未定です。
ボディ形状が豊富なのもハイエースの特徴です。車幅は、1695mmの標準ボディと1880mmのワイドボディという2種類。全長は、4695mmまたは4840mmのロングと5380mmのスーパーロングの3種類。全高は、1980mmの標準ルーフと2105mmのミドルルーフ、2285mmのハイルーフの3種類。それぞれグレードによって組み合わせが変わります。
現行モデルのエンジンは、2Lと2.7Lのガソリンと、2.8Lのディーゼルターボの3種類となります。
企業の営業車として使用されたり、建設業などに従事する職人さんたちが愛用していますが、広大なスペースを活用して車中泊仕様に改装したり、アウトドアスポーツのための車としてプライベートで乗っている人も増えてきました。

トヨタ ハイエースのクチコミ

トヨタ ハイエースのオーナーの声を掲載しています。

  • (13%)
  • (63%)
  • (24%)
  • (0%)
  • (0%)

クチコミ点数の内訳

  • 全体
    3.8
  • デザイン
    4.1
  • 走行性能
    3.6
  • 快適さ
    3.6
  • 運転のしやすさ
    3.7

役に立つトヨタ ハイエースのクチコミ

ハイエースワゴン H24(2012)年式
ゆううつ(40代男性) 2024年02月23日
総合評価:2.5(デザイン:3|走行性:2|快適さ:3|運転のしやすさ:2)
結果信用出来ない。現在を勉強できた。
ハイエースバン H14(2002)年式
みちのくの旅路(50代男性) 2023年12月07日
総合評価:4.5(デザイン:5|走行性:4|快適さ:4|運転のしやすさ:5)
中古で購入してますが、生産から20年以上が経ち、さすがに経年劣化してきております。
また、これから大きな故障が発生する可能性があるように思います。

カリフォルニアミラーに後部座席のスライド窓など懐かしい装備。ABSとエアバッグは有りますが、危険回避のセンサーなどは一切付いておりません。昔ながらの車両ですが、当時の職人さんの技術が詰まっている一台だと思います。
グランエース
T.Suzuki(40代男性) 2023年12月05日
総合評価:3.3(デザイン:3|走行性:3|快適さ:4|運転のしやすさ:3)
新型のアルファードが出ましたが、存在感はこっちのほうがあるので、乗り続けたいと思います。

トヨタ ハイエースの中古車相場表

  • 本体価格と年式
  • 本体価格と走行距離
  • 年式と走行距離
  • 全体の10%
  • 全体の5%
  • 全体の3%
  • 全体の1%以上
  • 全体の1%未満
  年式 2010年
(H22)
以前
2011年
(H23)
2012年
(H24)
2013年
(H25)
2014年
(H26)
2015年
(H27)
2016年
(H28)
2017年
(H29)
2018年
(H30)
2019年
(R1)
2020年
(R2)
2021年
(R3)
2022年
(R4)
2023年
(R5)
2024年
(R6)
価格 物件数                              
530万円以上                     2 2   1 8 55
520万円~                   2 1   1   3 14
510万円~         1         1           15
500万円~                 1   1     1 2 17
490万円~                   1 1   1 1 3 30
480万円~             1 1 2       1 1 5 26
470万円~                       1   1   27
460万円~             2   1       3 2 1 28
450万円~               1 1     3 2 3 2 12
440万円~                 1   2 2 1 3 2 17
430万円~               2   1 2 3 4 1   16
420万円~           1         2 4 6 1 1 9
410万円~           1     1   3   2 1 1 15
400万円~   1             1 2 3 4 2 1   18
390万円~     1       1     3 5 1 2     23
380万円~                 1 1 4   2 2   16
370万円~     1       2     5 3     1 1 1
360万円~   1   1       1 2 2 1   2 1   1
360万円未満   7 7 4 3 5 7 14 15 10 13 3 4 1    
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
価格 物件数                            
530万円以上   61 1 1   1 1   1   1   1    
520万円~   17         1   1     2      
510万円~   15           2              
500万円~   19         1     1 1        
490万円~   33         1 2   1          
480万円~   31     1     1   1 2 1      
470万円~   27         2                
460万円~   28         2 4   2 1        
450万円~   14         2 4   2 2        
440万円~   19         1 1 3 3     1    
430万円~   15       1 2 2 1 3 5        
420万円~   9   1 1   1 3 3   4 1   1  
410万円~   15         1 1 1 3 1 1   1  
400万円~   18         1 1 2 4 5 1      
390万円~   23           5   2 4 1   1  
380万円~   16         3   1 1 5        
370万円~   1         3     1 2 5 1 1  
360万円~   1         1   2 2 2 2 2    
360万円未満           1 1 4 4 4 16 26 8 25 4
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
年式 (初年度登録) 物件数                            
2024(R6年) 以降   339       1                  
2023(R5年)   23   2     3 1              
2022(R4年)     1       11 5   3 2        
2021(R3年)         2   6 7 7 5 4 1   1  
2020(R2年)           1 1 6 3 4 5 1 1 1  
2019(R1年)             1 4 4 12 12 7 1 2  
2018(H30年)           1 1 4 3 1 5 4 4 3 2
2017(H29年)             1 2 1 2 7 7 1 4 1
2016(H28年)                 1 2 4 6 2 4  
2015(H27年)                   1 5 5 1 1  
2014(H26年)                     1 2   4  
2013(H25年)               1     1 1   1  
2012(H24年)                       4 1    
2011(H23年)                     2   1 5 1
2010(H22年) 以前                     3 2 1 3  

トヨタ ハイエースのお役立ち記事

1967年に初登場、それ以来宅配業を始め多くの企業に貨物車、社用車として幅広く活躍してきたのがハイエースです。近年ではサーフィンやスノーボードなどアウトドア好きのユーザーを中心に個人ユースでも多くのファンが存在します。また車で宿泊するユーザー(車中泊)も増加しており、ハイエースの人気は衰えることを知りません。FLEXではそんなハイエースの販売・カスタマイズも大得意。他にはないカスタマイズであなただけのハイエースづくりをお手伝いいたします。ハイエースを買おう。そう思った方は、まずこちらでハイエースの基礎や購入ガイドを参照してみてください。きっと納得のハイエース選びができるはずです。

新型フリップアップベッド
新着記事
リクライニング&フルフラット可能 新型FLIP_UPbed(フリップアップベッド)登場!【ハイエースバン用ベッドキット】
ライター  熊崎 圭輔
2024/05/31
茶木目インテリア3点セット
新着記事
200系ハイエースの内装カスタムにオススメしたい茶木目パネル&ステアリング&シフトノブ インテリア3点セット
ライター  熊崎 圭輔
2024/04/30
新着記事
【ハイエース×車中泊】オススメ動画 5選@フレックス ハイエースチャンネル

2024/04/19
セカンドテーブルライト
新着記事
取り付け簡単! 「セカンドテーブルライト」でハイエースバンとワゴンの純正2列目シートをちょっと便利に
ライター  熊崎 圭輔
2024/03/29
新着記事
心地いい空間をちょうどいいサイズで実現した新作ハイエースキャンピングカー『BELUGA(ベルーガ)』
ライター  熊崎 圭輔
2024/02/06

トヨタ ハイエースに関する動画

トヨタ ハイエースに関する動画を掲載しています。
文字や画像では十分に伝わらない魅力を動画でご確認ください。

トヨタ ハイエースの購入・売却検討はこちら

トヨタ ハイエースに関するよくある質問

200系でオススメのモデルはありますか?
4型以降のモデルがオススメです。ガソリンエンジンは燃費が向上し、6速ATを搭載しています。また、フロントグリルやドアミラーの意匠が変更されています。
ディーゼルとガソリン、どちらのエンジンがオススメですか?
使い方によって異なりますが、力強さを優先するならディーゼルエンジン、静粛性を優先するならガソリンエンジンがそれぞれオススメです。新車価格はディーゼルエンジン搭載モデルの方が高いので、距離や所有する年数で最終的な経済性は変わってきます。
100系のハイエースは今でも安心して乗ることができますか?
最初期のモデルで1989年製、200系に切り替わる直前のモデル末期で2004年製なので、年数が経っています。愛らしいスタイリングなど、今のワンボックスやミニバンにはない魅力がありますが、普段使いをするなら200系をオススメします。
200系の後継モデルはどうなるのでしょうか?
タイではすでに300系としてノーズのあるボディの新型ハイエースが販売されています。このモデルはボディサイズが大きくなりましたが、室内のスペースは拡大されていません。とくにハイエースバンは高い積載性能が求められますので、日本国内では不満が出そうです。次期モデルが200系同様のキャブオーバー型となるか、それとも300系のようなスタイルになるかは、現時点ではまだ不明です。

ハイエースの保証・サービス

あなたにおすすめ

ハイエースの歴史

ハイエース

トヨタのキャブオーバー型ワンボックス車。商用のバン、個人ユース向けのワゴン、人員輸送用のコミューターをラインアップする。高い汎用性と耐久性で多くのファンを獲得している。

2004年

ハイエース200系(5代目ハイエース)

2004年に登場。商用車として磨きを掛けたモデル。バンはボディ長がロング/スーパーロング、ボディ幅は標準/ワイド、ルーフ高は標準/ミドル/ハイの構成。現行モデルは2022年4月改良の7型。

1989年

ハイエース100系(4代目ハイエース)

1989年に登場。ワゴンは電動スライドドアやパワーイージーアクセスなど、世界初となる装備を加えて高級ワンボックスに。後のアルファードへとつながっていく。バンも中期からは安全装備が充実。

1982年

ハイエース50系(3代目ハイエース)

1982年に登場。ワゴンはオールフラットシート(日本初)や電動サンルーフ、デジタルメーターを採用して個人ユーザーを意識した高級路線へ。バンは3/6/9人乗りやATを設定して使い勝手が向上。

1977年

ハイエース20/30/40系(2代目ハイエース)

1977年登場。バンとコミューターは標準・ロング・スーパーロングという3種のボディ長、スーパーロングにはハイルーフも用意。ガソリンエンジン3種に加えて79年にはディーゼルも追加された。

1967年

ハイエース10系(初代ハイエース)

1967年登場。無骨なデザインばかりの商用車のなかで、曲面を用いた優しいスタイリングが目を引いた。デリバリーバン、ワゴン、コミューター、トラックで全11モデルとラインアップも多種多様。

あなたにオススメのカスタムカー(FLEXの中古車・新車をすべてみる)

FLEX ハイエース販売店一覧

ページトップへ