ジープ(JEEP)

相場価格:289.8万円〜889.8万円

オススメ
4/5.0
車レビュー

現在はクライスラー傘下の4WDブランドとなっているジープ(JEEP)ですが、ルーツをさかのぼると第二次大戦中にアメリカ陸軍のために開発された軍用車両に辿りつきます。悪路をものともしない走破性や高い耐久性が必須条件として求められていたため、現在もJEEP車両はオフロード性能がベースになっています。その後、世界各国で開発された4WD車に大きな影響を与え、4WDの総称としてもつかわれるほどの知名度を誇ります。

JEEPのレビュー

良い点

  • 四駆=ジープというブランド力
  • 旧モデルでも型落ち感が少ないモデルが多い
  • おおらかなアメリカンテイスト
  • どんなシーンでも目を引く存在感の強さ

気になる点

  • 大排気量モデルの燃費の悪さ
  • 最小回転半径が6m超えで取り回しがしづらいモデルがある

総合評価

  • ラングラーで走れない道は、他のどんな車でも走れない
  • アメリカンラグジュアリーを体現したグランドチェロキー
  • クロスオーバーへと転身したチェロキー
  • いずれのモデルも独自の強い個性をもっている
ジープ(JEEP)というと思い浮かべるのが、縦型の7スリットグリルに丸目ヘッドライトの組み合わせでしょう。ラングラーを始めとするジープの各モデルに象徴的に使われているグリルは、その祖先である軍用ジープ「CJ」までさかのぼることができます。
市販モデルではウィリス社からカイザー社へと移り、1970年にはAMC社に買収されます。その後1987年にクライスラー社が吸収。そしてダイムラー社とクライスラー社が合併しますが、クライスラー部門をファンドに売却。2014年からはフィアットの完全子会社となり、FCAのブランドとなりました。そして現在は、FCAとグループPSAが合併し、ステランティスとなったため、同社の傘下に入っています。このように紆余曲折を繰り返してきたジープですが、一貫してアメリカンオフローダーというスタンスを崩さず、確固たるブランドを築いています。
代表的な車種は、圧倒的な悪路走破性を誇るラングラーや、ミドルサイズSUVのチェロキー、ラグジュアリーなフルサイズSUVのグランドチェロキーなどです。ステランティス傘下ではコンパクトなクラスのレネゲードも誕生しています。
ジープは軍用車として誕生しましたが、路面を問わない高い走破性などのヘヴィーデューティな性格は、ジープがリリースしているどのモデルにも受け継がれています。

ジープ(JEEP )のクチコミ

ジープ(JEEP )のオーナーの声を掲載しています。

  • (27%)
  • (56%)
  • (17%)
  • (0%)
  • (0%)

クチコミ点数の内訳

  • 全体
    4
  • デザイン
    4.6
  • 走行性能
    4
  • 快適さ
    3.6
  • 運転のしやすさ
    3.7

役に立つジープ(JEEP )のクチコミ

チェロキー H13(2001)年式
ヨッシー(30代男性) 2020年08月01日
総合評価:5(デザイン:5|走行性:5|快適さ:5|運転のしやすさ:5)
2度購入したいと思う程の車なので、個人的には大変満足です。故障もそんなに多い訳では無いので。
チェロキー H12(2000)年式
運動しないと(20代男性) 2020年01月21日
総合評価:4.3(デザイン:5|走行性:4|快適さ:3|運転のしやすさ:5)
乗ってるだけでも見てるだけでも楽しい車。 まだまだ乗り始めたばかりですが、エンジンが壊れるまで乗って行こうと思います。
チェロキー H8(1996)年式
ど根性j(40代男性) 2017年02月01日
総合評価:4.5(デザイン:5|走行性:5|快適さ:4|運転のしやすさ:4)
チェロキーを買うのに2WDを選んでも意味がないと思い、4WDを購入しました。今まで味わったことのない爽快な走りをしてくれます。とても乗りやすくて、ボク好みです。癖のあるクルマといえばそうなんですが、刺激的な走行をしてくれます。

JEEP ジープの中古車相場表

  • 本体価格と年式
  • 本体価格と走行距離
  • 年式と走行距離
  • 全体の10%
  • 全体の5%
  • 全体の3%
  • 全体の1%以上
  • 全体の1%未満
  年式 2010年
(H22)
以前
2011年
(H23)
2012年
(H24)
2013年
(H25)
2014年
(H26)
2015年
(H27)
2016年
(H28)
2017年
(H29)
2018年
(H30)
2019年
(R1)
2020年
(R2)
2021年
(R3)
2022年
(R4)
2023年
(R5)
2024年
(R6)
価格 物件数                              
670万円以上                             3  
660万円~                                
650万円~                                
640万円~                                
630万円~                                
620万円~                                
610万円~                                
600万円~                                
590万円~                                
580万円~                                
570万円~                                
560万円~                                
550万円~                                
540万円~                                
530万円~                                
520万円~                                
510万円~                                
500万円~                                
500万円未満         1       2 1 1          
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
価格 物件数                            
670万円以上   1   2                      
660万円~                              
650万円~                              
640万円~                              
630万円~                              
620万円~                              
610万円~                              
600万円~                              
590万円~                              
580万円~                              
570万円~                              
560万円~                              
550万円~                              
540万円~                              
530万円~                              
520万円~                              
510万円~                              
500万円~                              
500万円未満               1   1 3        
  走行 500km
未満
500km
|
1000km
1000km
|
3000km
3000km
|
5000km
5000km
|
1万km
1万km
|
2万km
2万km
|
3万km
3万km
|
4万km
4万km
|
5万km
5万km
|
7万km
7万km
|
9万km
9万km
|
10万km
10万km
|
15万km
15万km
以上
年式 (初年度登録) 物件数                            
2024(R6年) 以降                              
2023(R5年)   1   2                      
2022(R4年)                              
2021(R3年)                              
2020(R2年)                              
2019(R1年)                   1          
2018(H30年)               1              
2017(H29年)                     2        
2016(H28年)                              
2015(H27年)                              
2014(H26年)                              
2013(H25年)                     1        
2012(H24年)                              
2011(H23年)                              
2010(H22年) 以前                              

ジープのお役立ち記事

希少なシボレーブレイザーが入庫! K-5の魅力を紹介します
【使い勝手バツグン】希少なシボレーブレイザーK-5がJEEP千葉北店に入荷! その魅力を紹介!!
ライター  武内 祐徳
2017/04/13
【専門店が徹底解説】アメリカン4WDのレジェンド、JEEPラングラーTJ、JKの魅力とは?
ライター  武内 祐徳
2016/06/20
【車好き必見】JEEPチェロキーリミテッド American Classic ジープバージョン
ライター  武内 祐徳
2016/03/14
【最新版】JEEPチェロキー:中古車購入ガイド
ライター  武内 祐徳
2016/03/01
【最新版】JEEPラングラー:中古車購入ガイド
ライター  武内 祐徳
2016/02/19

ジープ(JEEP)の購入・売却検討はこちら

JEEPに関するよくある質問

どのモデルも燃費が悪そうに思えますが、普段の足として使えますか?
大排気量エンジンを搭載した車両の燃費はやはり悪く、なかには5km/Lを割るモデルもありますが、ハイオクではなくレギュラーガソリン仕様のため、他の輸入車よりはランニングコストを抑えることができます。
ラングラーでオススメのモデルはありますか?
現行モデルのJL型は2リッターターボエンジンを搭載しているモデルがあり、経済面でオススメできます。
よく壊れたりしませんか?
一部の古いモデルでは、エアコンの故障やトランスミッションの不具合などが報告されています。またスイッチ類が接触不良を起こしやすいモデルもあるようですが、最近のモデルでは大きなトラブルは減っているようです。
三菱・ジープやトヨタ・ジープと、本家のジープは何が違うのですか?
警察予備隊の採用を目指して各社が開発を行った小型トラックですが、三菱が採用を勝ち取り、本家のウィリス社から正式にライセンスを受けて「ジープ」としてノックダウン生産することになりました。トヨタ・ジープ(BJ)は不採用となり、三菱と名称が被るためにランドクルーザーへと変更されました。同時期に日産も4W60というモデルを開発しましたが同じく不採用となり、日産パトロール、後のサファリへとつながっていきます。

ランクルの保証・サービス

あなたにおすすめ

JEEPの歴史

Jeep®

1940年、米国陸軍の軽量偵察車として生産されたウィリスから始まったJeep®の歴史。その後、民生用として姿を変えても悪路走破性の高さは常に一級品で、4WDの代名詞とも言われるブランド。

2021年

グランドチェロキーL

車レビューをみる カタログをみる

2021年に登場。3列シートを備えたフルサイズSUVで、Jeep®ブランド史上最高級のフラッグシップに。オンロード/オフロードを問わず、上質な移動体験ができる7人乗りラグジュアリーモデル。

グラディエイター

2021年登場。Jeep®ブランド初のピックアップトラックで、ラングラーをベースに最大積載量250kgの荷台を備えるダブルキャブ。フィールドを選ばない走破性とユーティリティの高さは唯一無二。

2018年

ラングラー(JL)

車レビューをみる カタログをみる

2018年、先代から11年ぶりのフルモデルチェンジ。史上最高の走破性を実現しつつ、機能的でモダンな内装に。構成は2ドアのスポーツと4ドアのアンリミテッドで、2リッターターボエンジンが追加。

2014年

チェロキー(KL)

車レビューをみる カタログをみる

リバティの後継として2014年に登場。チェロキーとしては5代目。先代までのワイルドさを一新して近未来的なデザインに。ミッドサイズの都会的なボディでありながら本格的なオフロード性能を発揮。

2011年

グランドチェロキー(WK)

車レビューをみる カタログをみる

2011年に登場した4代目グランドチェロキー。Jeep®ブランドのフラッグシップに相応しい高級感溢れるインテリアと力強くスタイリッシュなエクステリアを備えたモデル。プレミアムな世界観を確立。

2008年

チェロキー(KK)

車レビューをみる カタログをみる

2008年。アメリカ本国ではリバティの名称で販売されていた4代目チェロキー。独立懸架式フロントサスペンションなどの採用により、オンロードの快適性とオフロードの走破性を高次元で両立。

2007年

ラングラー(JK)

車レビューをみる カタログをみる

2007年に登場した3代目ラングラー。2ドアに加えて待望の4ドア「アンリミテッド」がラインアップ。ルーフを外してオープンにできるオープントップを採用するなど独創的な装備で人気を集めた。

2005年

グランドチェロキー(WK)

車レビューをみる カタログをみる

2005年登場。従来型よりも静粛性や乗り心地などを向上。独立懸架式フロントサスペンションの導入により、オンロードでの快適性を引き上げることに成功。本国では6.1LのV8HEMI搭載モデルも。

2004年

ラングラー アンリミテッド(TJ-L)

2004年、ラングラーのホイールベースを約25cm、全長を約40cm延長した「アンリミテッド」が登場。室内空間にゆとりが生まれ、オンロードの走破性能も向上。現在は4ドアだが、当時は2ドアモデル。

2003年

ラングラー ルビコン(TJ)

ラングラーの史上最高の悪路走破性を誇る最強モデルとして2003年に登場。前後デフロックやロックトラック®など、オフロードのための装備を搭載。名称は世界一過酷なカリフォルニアの地名から。

2002年

チェロキー(KJ)

車レビューをみる カタログをみる

2002年登場。新開発の3.7L V6エンジンや独立懸架式フロントサスペンション、4x4システムにコマンドトラック®を採用して大幅な進化を遂げたモデル。アメリカ本国ではリバティという名称で販売。

1999年

グランドチェロキー(WJ)

車レビューをみる カタログをみる

1999年登場。高級志向を強めてラグジュアリーカー並みの装備を備えた2代目。内装を刷新し、先代では荷室側面にあったスペアタイヤを床下に移動、後席の居住スペースを広げて利便性と快適性を向上。

1997年

ラングラー(TJ)

車レビューをみる カタログをみる

1997年登場。レトロなスタイルながら従来モデルから80%近くの部品を新設計した2代目。ソフトトップまたは脱着式ハードトップの選択が可能。クォドラコイルサスペンションで悪路走破性が格段に向上。

1993年

グランドチェロキー(ZJ)

車レビューをみる カタログをみる

ワゴニアの後継モデルとして1993年に登場した初代グランドチェロキー。SUV初となる運転席エアバッグの採用や卓越したオンロード性能、快適性の高さなどが評価されて、多くの賞を総ナメにしたモデル。

1987年

ラングラー(YJ)

車レビューをみる カタログをみる

長く続いたCJシリーズの後を受けて、1987年に登場した初代ラングラー。CJのデザインを踏襲しつつ、ブランド初の角型ヘッドライト採用など、Jeep®に革新をもたらした。1ナンバーと3ナンバー登録が存在。

1984年

チェロキー(XJ)

車レビューをみる カタログをみる

1984年の登場。フルサイズのワゴニアSJよりもコンパクトなモノコックボディを採用した2代目チェロキー。日本でチェロキーと聞いて思い浮かべるのがこのモデル。Sportが300万円を切る価格で大人気に。

グランドワゴニア(SJ)

チェロキーが小型モノコックボディ化したことで、ワゴニアSJがフルサイズ高級SUVとして1984年にモデルチェンジ。ウッドパネルが施された大柄なボディがアメリカンテイストを醸し出す。日本では希少。

1976年

CJ-7

1976年登場。ウィリスから数えて7代目となるモデルで、CJ-5よりもホイールベースが拡大され、ミッションはMTの他、ATの選択が可能に。プラスチックトップとスチールドアを採用した初のモデル。

1975年

チェロキー(SJ)

車レビューをみる カタログをみる

初代チェロキーはワゴニアのスポーティな2ドアモデルとして1975年に登場。フェンダーのあるモデルとないモデルがあり、1977年には4ドアモデルも追加。ワゴニアよりも若い世代の間で人気となった。

1965年

スーパーワゴニア(SJ)

ブランド初のラグジュアリー4x4モデルとして1965年に登場。セダンの快適性とステーションワゴンの利便性を兼ね備えたワゴニアの上位モデル。ワゴニアのトレードマークとなるウッドパネルは75年から。

1963年

ワゴニア/グランドワゴニア/チェロキー(SJ)

ユーティリティワゴン・ウィリスに代わり1963年に導入された初代ワゴニア。4x4車初のATミッションや独立懸架式フロントサス、6気筒OHVエンジン、フルタイム4WDなど当時の最新技術を搭載しました。

1955年

CJ-5

1955年登場。M38A1をベースに、快適性や多目的性、オフロード性能などを進化したモデル。5L V8エンジン搭載のレネゲード(1972年〜)やクロームパーツが使われたラレード(1980年〜)などもラインアップ。

1953年

CJ-3B

1953年、CJ-3Aからのモデルチェンジ。アメリカだけでも15万台以上を販売するベストセラーに。日本でも三菱がライセンス生産したジープ(J3)が存在するが、ほとんどの車両が在日米軍で使用された。

1941年

ウィリス MB

Jeep®と聞いて思い浮かべるのがこのウィリスMB。1941年、アメリカ陸軍が計画した軽量偵察車開発に対して、アメリカン・バンタム、ウィリス・オーバーランド、フォードの3社が共同生産したモデル。

ウィリス MA

1941年に第二次世界大戦前にテストで制作された車両で、ウィリスMBのベースとなったモデル。MAはミリタリー・モデルAの略。生産台数約1500台のほとんどがソ連とイギリスに提供され、現存は数十台。

1940年

ウィリス クワッド

ウィリスMA、そしてウィリスMBへと繋がる、いわゆるJeep®の原型になった最初のパイロットモデル。クワッドの名称は4x4システムから取られたもの。わずか2台が制作され、アメリカ陸軍に納入された。

あなたにオススメのカスタムカー(FLEXの中古車・新車をすべてみる)

FLEX 販売店一覧

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ