10人乗れてくつろげるハイエースワゴン新シートアレンジモデル「across(アクロス)」デビュー | フレックス

10人乗れてくつろげるハイエースワゴン新シートアレンジモデル「across(アクロス)」デビュー

ハイエースの記事|

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」

ハイエースワゴンをベースにしたフレックスの新シートアレンジ「across」がデビューしました。広大なフルフラットベッドと乗車定員10人を両立した、使い勝手のいいオリジナルの内装架装モデルを紹介しましょう。

10人乗車を可能にした1.5列目シート

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」 フルフラットベッドモード

acrossは、ハイエースワゴンをベースにフレックスで内装を独自に架装したモデルです。

2列目シートにFASPシートを導入、3列目の純正シートを取り外してサイドボックスを装着しているため、運転席・助手席で2名、2列目シートに3名、4列目シートに4名、さらに助手席の背後に後ろ向きのシートを装備し、acrossの乗車定員は10名となります。

後ろ向きの1.5列目シートは2点式のシートベルトを備えているので、緊急時に合法的に10人目を乗せるという使い方がオススメです。なお、このシートは折り畳むことができ、ドリンクホルダー付きの収納スペースとなります。

センターコンソールと運転席の後部には収納が備わっています。上部はクッションになっているので、2列目シートのオットマンとして使えばくつろぎの空間となるでしょう。

座り心地を重視した新型FASPシートを採用

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」  FASPシート

前述の通り、acrossの2列目シートには3人掛けのFASPシートを採用。人数分の3点式シートベルトを完備しているので、安全に移動が可能です。

従来のFASPシートは座面・背面ともにフラットで、どちらかというとフルフラット時のベッドとしての寝心地を重視していましたが、今回採用したモデルは座った人の身体に沿うように座面や背面が立体的な造形になっています。これにより座り心地が向上し、快適に移動することができるようになりました。もちろんFASPシートの特徴である対面対座やフルフラットの機能は備わっています。

フルフラットで広大なベッド空間を実現

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」  フルフラットベッド

acrossでは、3列目の純正シートは取り外し、左右の壁面に収納家具を取り付けています。ベッドマットを展開すると縦140cm x 横170cm、2列目のFASPシートの座面まで使うと縦190cm、さらにFASPシートをフルフラットにすると、縦265cmという広大なベッド空間が出現します。人数に合わせてアレンジすることができるのも、acrossならではの特徴といえるでしょう。

テーブルを囲んでゆったりとくつろげる後席

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」  テーブル

後部の使い方はベッドだけではありません。停車時はFASPシートを後方に向け、テーブルを設置することでリビングになります。両サイドの収納は縦93cm x 横40cmのマットが敷いてあるので、テーブルを囲んで掘りごたつのように座ることも可能です。車中泊やキャンプのときに、acrossは車内をくつろぎスペースとして活用できるというわけです。

シューズボックスと重歩行仕様の床張り施工

ハイエースをプライベートで使っている人のなかには、後部を土足厳禁にしている人も少なくないでしょう。acrossでは、スライドドアを開くとすぐにシューズボックスが用意されています。ステップで脱いだ靴をサッとしまえるのがスマートです。

また、床は重歩行仕様のフローリングなので、アウトドアで使った道具をドサッと積んでも大丈夫です。床面が汚れても簡単に掃除をすることができます。

ハイエースワゴンacross=10人乗れて荷物も積める乗用車

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」

純正のハイエースワゴンは目的地まで多くの人数を運ぶことに特化した仕様になっているので、到着した先で車内でくつろぐようにはできていません。もちろん横になって寝るようにも作られていません。 一方でAacrossは、10人の乗車定員を確保しつつ、快適に移動できて停車時もくつろぎの空間を提供します。4列目シートは純正同様に左右に跳ね上げて格納できるので、大きな荷物の搭載も可能です。

FLEXオリジナル ハイエースワゴン 新シートアレンジ「across(アクロス)」 車両価格

ハイエースワゴン across コンプリート車両本体価格

2WD:390万4900円(税込み)

4WD:421万3000円(税込み)

ハイエースワゴンacrossはフレックスのお店で

純正のハイエースワゴンではちょっと物足りない。かといってキャンピングカーは荷が重い。そんな人にacrossはオススメです。

ボディカラーの変更や足回りのローダウン/リフトアップ、ルーフスピーカーやナビといったオーディオアイテムの取り付け、シートカバーの交換など、追加のカスタムも承ります。acrossをお気に入りの1台に仕上げるお手伝いをいたしますので、ぜひお近くのフレックスのお店でご相談ください。

ハイエースワゴンのシートアレンジ「across」を動画で紹介

人気のハイエースワゴン「across」

執筆者

熊崎 圭輔(くまさき けいすけ)
元輸入車カスタム雑誌の編集長。ドイツ語圏を中心にレンタカーで走り回った旅好き。その後MOTAに移籍。副編集長として、新型車をはじめクルマに関する記事制作に従事。国内外を問わずドレスアップやチューニングにまつわる取材経験から、MOTAカスタムの記事展開にも寄与。純正もいいが、カスタムすれば自分のクルマに対してさらに愛着が湧き、人とは違う個性的なクルマにすることで、人生がもっと楽しくなると考えている。

記事評価&シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたにおすすめ

主要車種・条件から探す

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ