今年もフレッシュな顔ぶれが入社! 新入社員研修の一部を紹介します

ニュース|

2017年新卒研修

2017年4月、ランドクルーザー、ハイエース・ジープの魅力を伝える社内研修を実施

みなさん、4月といえばどんな行事が頭に浮かびますか? エイプリルフール、お花見、イースターなどイベント目白押しの4月ですが、入学や入社など生活がガラリと変わる節目の月でもありますよね。2017年4月、フレックスは9名の新入社員を迎えました。カーライフコーディネーターとなっていく彼らですが、お客さまと直接関わる仕事ですからしっかりした知識や技術も必要です。フレックスでは、クルマの魅力や楽しみ方を身をもって知ってもらうと同時に、クルマの知識や整備に関する技術を身に付け、お客さまに信頼されるセールスになるための研修を実施しています。実際にランドクルーザー、ハイエース、ジープに触れて、自分自信がクルマを大好きになることで、楽しく仕事をしてもらいたいという、フレックスの考え方を学んでもらおうという訳です。新入社員研修は1か月間続きますので、すべての研修内容をご紹介することはできませんが、こちらでその一部を抜粋してご紹介させてください。

人気のランドクルーザー、ハイエース、JEEP

店舗の研修では実際にランドクルーザー・ハイエース・ジープに触れる

実際にパーツを取り付けて、クルマの特徴や取り付けの難しさを知ることも大事

ランドクルーザー・ハイエース・ジープは乗用車よりも専門的な知識が必要な車種です。セールスが実際にパーツの取り付け作業をする機会は少ないですが、実際にクルマに触れ特徴を知ることで、分かってくることがたくさんあります。写真はハイエースにシートカバーを取り付けている風景ですが、初めてシートカバーの取り付けを体験した彼らは、その大変さや難しさに悪戦苦闘していました。知識を詰め込むだけではなく、仲間と一緒に考え、1つの物事を達成することで、技術と同時にチームワークの大切さも知ることができます。

マナーや知識を仲間と一緒に考えながら学ぶ

ランドクルーザー・ハイエース・ジープ専門店スタッフとして、必要な知識を身につける

新社会人として新たなスタートを切った彼らには、社会人としてのビジネスマナーを学ぶことも重要です。カーライフコーディネーターとして業務が始まると、一般のお客さまはもちろん関連会社や取引先企業との付き合いも始まりますから、対応に失礼があってはいけませんからね。フレックスは店舗での実務に重点をおいて研修を行っていますが、座学でクルマの勉強をすることもカリキュラムに含まれています。彼らが正式に店舗に配属となるのはもう少し先ですが、配属した店舗で座学をする機会はあまりないですから、研修期間中にさまざまな基礎を学んでもらおうという訳です。

本やWebで見るだけではなく、実際の整備工場でクルマの構造を知る

本で読んだ知識をもとに、実際のクルマに触れることで知識が確実に身に付く

座学で得た知識をもとに、実際の自社整備工場へ行ってクルマに触れながら学んでいきます。整備実習で訪れたのは、フレックス最大の自社工場である稲毛民間車検工場です。クルマのイロハを教えてくれるのは、整備士歴33年(2017年現在)の大ベテラン、寺田工場長です。彼らが整備作業を行うことはありませんが、リフトに上がったランドクルーザー・ハイエース・ジープの下回りを見て、各パーツの名称や役割り、パーツの動き方を実車を見て学んでいきます。普段あまり見ることのないクルマの下回りを見て、みんな興味津々な様子で寺田工場長に質問をしている姿が印象的でした。

ランドクルーザー、プラドの悪路走破性を体験するアクティビティに参加

日常であまり体験することのないモーグルや急坂を走行して、ランドクルーザーの性能を知る

ダートやオフロードに強いと言われているトヨタのランドクルーザーですが、通常の舗装路でオフロード性能を試す機会はなかなかありません。4月9日に代々木公園で開催されたイベント「OUTDOOR DAY JAPAN」のなかで開催されていたランドクルーザーのオフロード体験走行に、「さなげアドベンチャーフィールド」さんのご厚意で、全員体験同乗させていただきました。乗用車ならば登ることさえできないモーグルを悠々と乗り越え、横に倒れてしまうんじゃないかと思うほど傾いたり、4輪のうち2輪が浮いても前に進めてしまうランドクルーザーのオフロード性能の高さに、体験同乗した社員全員がビックリしていました。ランドクルーザーのオフロード性能を体感することで、お客さまに自信を持ってランドクルーザーのオフロード性能を説明できるようになります。

各種イベントに参加し、フレックスの活動を知ってもらう

より多くの方にフレックスを知ってもらうためのイベント活動を体験する

フレックスでは、全国各地でさまざまなイベントへ出展をすると共に、スポンサー活動にも力を入れています。代々木公園で開催されたイベント「OUTDOOR DAY JAPAN」では、イベントに来てくれた来場者の方々へパンフレットを配ったり、先輩方が来場者の方にクルマの説明をしている姿を見てもらったりして、イベント会場の雰囲気を知ってもらいました。イベントに来てクルマに興味をもってくれる来場者さまは、いつかフレックスでクルマを購入してくれるお客さまになるかもしれません。こうしたイベント活動に参加し体験することで、イベント活動を開催する意味と大切さを知ってもらおうというわけです。

全てはお客さまと共に最高のカーライフを送るために

2017年新卒研修

自分自身がクルマを好きになり、楽しんで仕事をしてもらうための研修内容

フレックスでは1か月間の研修期間を設け、その後各地の店舗に配属されることとなります。当社代表藤崎孝行の考え方のひとつに、「仕事は何よりも楽しくなければならない。」というものがあります。自分自身が仕事を楽しみ、そしてクルマの魅力をお客さまに伝え、お客さまと一緒に最高のカーライフを送り、自分の人生を楽しんでほしい。この想いが大前提にある研修内容になっています。ここで紹介させていただいた研修はほんの一部で、他にもさまざまなカリキュラムを経て店舗に配属され、カーライフコーディネーターとなる彼ら。誰よりもクルマの魅力を知ることができた彼らであれば、お客さまの素敵なカーライフを実現するためのお手伝いができるはずです。

マイナビ2018エントリー受付中

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「今年もフレッシュな顔ぶれが入社! 新入社員研修の一部を紹介します 」 に関するページです。

ページトップへ