【AXCR2018】FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMが参戦するラリーの模様を現地タイからお届け! [Day.2]

ニュース|, , ,

準備万端のランドクルーザープラドがついに競技開始!

ウォーキングストリートで行われた賑やかなセレモニアルスタートから一夜明け、ヘッドクォーターの設置されたホテルは早朝から色とりどりのレースマシンで彩られていた。いよいよ、アジアクロスカントリーラリーの競技日程が始まったのだ。
俳優の哀川翔氏が率いるレーシングチーム「FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAM」も早朝から動き出した。競技車両のランドクルーザープラドも前夜までの整備で準備万端。まずはホテルからスペシャルステージへ向かう移動区間(リエゾン)へ向かった。この区間は一般道路を使うのでタイム計測はなし、代わりに制限時間内に指定された場所へ到着することが求められる。その時使うのが前夜に渡されるコマ地図。助手席のナビゲーターが地図に記された距離と目標物を見ながら、曲がる場所などをドライバーに指示していくのだ。ここでタイムオーバーなどのミスをしてしまうと、タイム加算というペナルティーが課されてしまうのだ。

初日はゼッケン通りの16番手からスタート!

そして無事SSのスタートに辿り着いた哀川選手は、指定された時間にSSをスタート。ここで初めて順位を左右するタイム計測が行われた。もちろんSS区間中もコマ地図を使って助手席のコドライバーが哀川選手にこと細かく指示を出し続けるのだ。ラリーではこのドライバーとナビゲーターのコンビネーションがとても大切になる。
初日、哀川翔選手はゼッケン番号順に16番手からスタート。途中、メディア班もかなり水が溜まったマッディなポイントで遭遇したが、アクセルの踏みっぷりがよく、気持ちよくクリアしていく姿に 3回目の余裕が感じられた。
その後、さらにヌタヌタのマッドセクションであわやスタック! という場面があったそうだが、そこは詳しくインタビューしてきたので哀川翔選手ご自身に語っていただこう。

【Day.2】哀川翔氏へのインタビュー

Q:競技1日目、どうでしたか?
あのね、SS前半100kmくらい走ったところで一回「PCストップ」で止まるんだけど、そこで俺らのサービス部隊が用意してくれたカレーが最高に美味しかった。今ここに出して欲しいくらい美味しかったね。10分くらいしか停まれないんだけど、本当にありがたかったね。

Q:コースのコンディションはどんな感じでしたか?
今日のコースはすごかった。まずね、ぬかるみがハンパないね。途中、一回スタックしそうになったよ。あれはやばかった。もう「これ絶対ウインチかい!?」 みたいな。乗ってるみんながそう思ったみたい。でもね、ローレンジに入れて、ガーーー! ってバックしたら抜けられた。後ろは林だったんだけど、何かが当たるのも覚悟して思いっきり下がったんだよ。そうしたら出られた。前後に少しずつ動かす「揉み出し」もしたんだけど、どうやっても同じラインにしか行けなくてね。
ナビの判断もよかったよ。空転している時に踏んでも意味ないからね。もうバックしようって。僕はね。冬の氷上の走りをもう10年はやっているんだけど、あの低μ路の感覚が生きているんだよね。毎年、氷上でガンガンに滑らせて走っているから、泥の上でも滑りをなんとかコントロールできるんだよ。だから、今日もそんなに危ないような状況はなかったかな。

Q:ずっとぬかるんでいたんですか?
いや。ドライの路面もあったよ。でも穴がやっぱりすごいね。もう穴だらけ。30cmとか40cmくらいの深~い穴がボコボコあるわけ。それが道幅一杯にあったりするんだよ。時速30kmくらいしか出せない時もあった。まあ前回走った時もそういう場面あったし、しょうがないんだけどね。

Q:トラブルなどはなかったんですね?
実はね、途中からブレーキがフェードして効きづらくなってね。下り坂でブレーキ効かないと怖いんだよ。だからSSの後半は時速20kmは落としたかな。80km/hくらいで走ったよ。あとは両方のミラーをやられたくらいかな。コースが狭いからね、やっぱり当たっちゃうんだよね。
まあでも、初日クリアできてよかったね。久しぶりにこういう路面を走って興奮した。こんなにヒドい悪路だったかなって、だんだん前回とか前々回の走りを思い出してきたよ。こういう感覚を楽しんでいければね。あまりリキまないで、完走しよう! という意識をしっかり持ちながら明日からもゴールに帰ってくるよ。応援よろしく!

初日LEG1では16位をキープ!

というわけで、哀川翔選手のマシンは初日 LEG1を危なげなく走りきり、4時間25分34秒のタイムでゴール。しかもミスなくノーペナルティでクリアしたため総合順位も16位と初日と同じスタート順位をキープ。明日は雨の予報が出ており、コースはさらにマッディになる可能性もあるが、ステディな走りで目標の完走を果たしていただきたい!

【画像ギャラリー】SHOW AIKAWA Racing AXCR2018 [8.13]

AXCR2018 過去のレポートはコチラ!

>>Day.1

チーム概要

  • チーム名:FLEX SHOW AIKAWA Racing
  • 参加車両:TOYOTA LAND CRUISER PRADO 150
  • ドライバー:哀川翔
  • チームアドバイザー:奴田原文雄
  • チームディレクター兼プロデューサー:荒 行浩(FLEX)
  • チームマネジメント兼メディアプロデューサー:吉岡 市雄(マジカル)
  • 公式インフォメーションweb:http://www.magicaltv.net/flex_racing/
  • 大会Webサイト:ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2018

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPの オススメの中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ