【FLEXNEWS】ランクル取扱店にて「トヨタ RAV4」 販売! RAV4について紹介します!

フレックス(FLEX)のニュース・イベント情報|, ,

フレックスのランクル取扱い店でトヨタの人気SUV「RAV4」を販売!「RAV4の事をあまり知らないよ!」という方のために、RAV4の特徴や内外装のデザイン、ボディサイズ等のスペック紹介していきます。

トヨタ RAV4はどんなクルマ?

RAV4は2019年4月に発売されたトヨタのミドルサイズSUVで、日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020に選ばれるなど、国内外で評価の高いモデルです。SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザインを持ち、あらゆるシーンに応えるクラストップレベルのラゲージスペース、新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD(世界初採用)」をはじめとした、全3種類の4WDを採用していることが特徴です。

RAV4の在庫

新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」

悪路や悪環境での走破性を向上させるために、4WDの選択を全3種類設定。標準グレードとなるGやXに標準装備される「ダイナミックトルクコントロール4WD」、ハイブリッドの4WDモデルは後輪をモーターで駆動する「E-Four」、アドベンチャー、GZパッケージのシステムには、トヨタで初搭載となった4WD機構「トルクベクタリング機構」が採用されています。

ハイブリッドに採用された「E-Four」は、前後100:0〜20:80の範囲で駆動配分をリニアに可変させることができます。さらに後軸モーターの最大トルクを従来よりも強めています。

そして新採用の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、後輪に独立した2つの電子制御カップリングを採用し、左右間の駆動配分を0:100〜100:0の間でリニアに可変させるというもの。前後のトルク配分だけでなく、左右後輪のトルクを左右独立で制御することで、旋回時の安定性を向上。ダートや雪道といった低ミュー路はもちろん、乾いた舗装路でもその効果は大きく、これまで「4WDは曲がりにくい」というデメリットを解消してくれます。

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」には、低負荷時に後軸側への駆動を完全に遮断し、走行負荷を低減するディスコネクト機能も備わる。「曲がらない・燃費が悪い」という4WDのネガティブなイメージを打ち消してくれるようなシステムなんですよ!

スムーズなガソリンとパワフルなハイブリッド

搭載されるパワーユニットは、2.0リッターガソリンエンジンと、2.5リッターのハイブリッドの2種類。最高出力171ps の2.0リッター直4エンジンは、車両重量が1.6トンに迫るミドルサイズSUVと考えれば絶対的なパワーはないものの、最大トルク21.1kg・mを発生。実用域では十分な動力性能を持ちつつ、滑らかな回転フィールが特徴です。

2.5リッターエンジンを持つハイブリッドは、排気量が大きいのはもちろん、大型化された後輪のモーターにより、余裕のある動力性能を与えられています。駆動配分も走行状況によって前後100:0から20:80まで変化。これまでの補助的なハイブリッド4駆ではなく、より本格的な4WDと言えるでしょう。

力強さ×都会にも馴染むRAV4のエクステリア

適度なワイルド感とメカメカしさが共存するエクステリア。エクステアリデザインのテーマとなったのは、八角形を90°ずらして組み合わされた「クロスオクタゴン」です。

そして、トヨタ カムリと同じTNGAのGA-Kプラットフォームを採用することで、ワイド&ローなスタイルを手に入れています。さらに、適度なエッジや角張ったプレスラインを上手に取り入れることで、本格クロカンモデルらしい力強さと、都会にも馴染むデザイン性を合わせもっています。

ボディサイズは、GやXグレードで見ると全長が4600mm、全幅は1855mm。全幅はワイドですが、基本的には日産 エクストレイル、スバル フォレスター、マツダ CX-5などと同程度です。最小回転半径は17/18インチタイヤ装着車が5.5m、19インチが5.7mとランドクルーザーの5.9mに比べれば小回りが利きます。

サイドウインドウの下端が比較的水平に近い角度で後方に伸びており、ボディ後端のピラー(柱)もあまり太くないため、SUVの中では視界は良好といえるでしょう。

使いやすさとアクティブ用途に最適なRAV4のインテリア

高さを抑えたダッシュボード上面とウインドウラインは、水平に保たれ見切り性能は良好です。

前席・後席シートは共にサイズにも余裕があって広く見晴らしの良い室内空間と相まって快適に座ることができます。オレンジ色のステッチ(縫い目)を入れるなど仕上げにもSUVらしいアクティブなテイストになっています。

そして、同クラストップレベルの容積を誇る580リットルのラゲッジスペースや、ラゲッジ床面の高さを2段階に調節できる2段デッキボードなど、使い勝手を優先にしたデザインになっていることも大きな特徴です。リアバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアが自動開閉する「ハンズフリーパワーバックドア」が設定されているなど、買い物やアウトドアシーンなど様々なところで大活躍すること間違いなしです!

トヨタRA4のご購入をお考えの方は、お気軽に最寄りのFLEXランクル取扱い店にお問合せ下さい!

ボディサイズやエンジンなどのRAV4の主要スペック

主要スペック比較表
グレード名 2.0 アドベンチャー 4WD CVT 2.0 G 4WD CVT 2.5 ハイブリッド G E-Four 4WD CVT
価格(消費税込み) 320万円 326万円 389万円
全長 4610mm 4600mm 4600mm
ホイールベース 2690mm 2690mm 2690mm
駆動方式 4WD 4WD 4WD
車両重量 1630kg 1590kg 1690kg
乗車定員 5名 5名 5名
エンジン種類 直列 4気筒 DOHC 直列 4気筒 DOHC 直列 4気筒 DOHC
総排気量 1986cc 1986cc 2487cc
エンジン最高出力 126kW(171PS) /6600rpm 126kW(171PS) /6600rpm 131kW(178PS) /5700rpm
エンジン最大トルク 207Nm(21.1kg・m)/4800rpm 207Nm(21.1kg・m)/4800rpm 221Nm(22.5kg・m)/3600rpm
トランスミッション フロア CVT フロア CVT フロア CVT
使用燃料 レギュラー レギュラー レギュラー
タイヤサイズ 235/55R19 225/60R18 225/60R18

RAV4の在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ