トヨタ ランドクルーザープラド 一部改良&特別仕様車“Black Edition”が登場|2020年8月3日発売

フレックス(FLEX)のニュース・イベント情報|, ,

2020年8月3日、トヨタは人気のクロカン「ランドクルーザープラド」の一部改良を行いました。 あわせて特別仕様車TX“Lパッケージ・Black Edition”も登場!

今回の一部改良では、ディーゼルエンジンのターボチャージャーを改良することで最大出力の向上、トヨタセーフティセンス2.0を採用するなど安全機能も充実、パドルシフトを新規設定し操作性を高め、ナビも8インチから9インチへサイズアップさせ視認性アップさせるなど、様々な部分で機能を高めています。

また今回登場したTX“Lパッケージ・Black Edition”は、専用意匠・黒塗装の18インチアルミホイールを用意し、グリル&ヘッドランプガーニッシュを漆黒メッキとなるなど、ブラックをテーマとし内外装に特別感を付与したモデルです。

一部改良について

主な変更点・追加された機能について

<ディーゼルエンジン改良>
・最大出力を177→204PSと大幅アップ

<安全機能向上>
・トヨタセーフティセンスPからトヨタセーフティセンス2.0へ進化・関連機能を追加
・リアクロストラフィックアラート(BSMとセット)を追加 [TZ-G・TX-Lグレード]

<操作性向上>
・バドルシフト新規設定[TZ-Gグレード]

<ナビ機能向上>
・ディスプレイサイズアップ(8→9インチ)
・ディスプレイオーディオ+T-Connectナビキット採用
・モニター画面+周辺パネル意匠変更

<法規対応>
・WLTC燃費基準対応
・オートライト機能変更
・アウターミラー視界向上
・エアコン新冷媒対応
・カメラ別体型ドライブレコーダー(フロントタイプ)追加

一部改良によって追加・変更となった機能の詳細を見ていきましょう。

ディーゼルエンジン改良し、最大出力を大幅アップ

ディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップすることにより、最大出力を従来の177PSから204PSに向上させました。

「トヨタセーフティセンスP」から「トヨタセーフティセンス2.0」へ進化

第2世代の「Toyota Safety Sense」では、「Toyota Safety Sense P」で採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、カメラ・レーダーの性能向上等により、検知対象を拡大し、機能を向上させています。ユニットを小型化し、搭載性も向上させています。

プリクラッシュセーフティに「夜間歩行者」、「自転車運転者」を検知対象として新たに追加

従来のシステムでは検知できなかった「夜間歩行者」、「自転車運転者」の検知機能を追加することにより、重大事故の原因をより広くカバー。 警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

「ロードサインアシスト(道路標識認識機能)」の導入

単眼カメラで認識した道路標識を、ディスプレイに表示するシステム。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。ディスプレイ表示中に速度規制値を超過した場合や、はみ出し通行禁止を表示中に自車の追い越し操作を検出した場合などには、表示の点滅などでドライバーに告知する機能も備えています。

高度運転支援機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」を採用

レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストします。またレーダークルーズコントロールの機能と相まって、自動車専用道路等でのドライバーの負担を軽減し、より余裕を持った運転が可能となります。 同時に、LTAは「レーンディパーチャーアラート(LDA)」の機能も有し、白線の無い直線道路でも道路端を認識することにより、路外逸脱の警報と、回避操舵のアシストを実施します。

先行車発信告知機能を搭載

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

「リアクロストラフィックオートブレーキ」を搭載

後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。 また衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで、接近車両との衝突被害軽減をサポートします。

バドルシフトを新規設定

ステアリングを握りながら手元でシフトを切り替えられる装置です。AT車でもマニュアル感覚を楽しむことができます。 積極的にシフトダウンしてエンジンブレーキを活用できるため、下り坂でブレーキが効かなくなる現象を防ぐことができます。

ナビゲーションの性能向上およびデザインの変更

ディスプレイサイズアップ(8→9インチ),モニター画面+周辺パネル意匠変更

ディスプレイのサイズが8インチから9インチとなったことで、視認性が向上。あわせてモニター周りの意匠が変更されました。

ディスプレイオーディオ+T-Connectナビキット採用

スマホ連携(Smart Device Link , Apple Carplay , Android Auto)に対応。

特別仕様“Black Edition”について

ブラックをテーマに内外装に特別感を付与したモデルです。

専用意匠・黒塗装の18インチアルミホイール

265/60R18タイヤ&18×7½Jアルミホイール(ブラック塗装)のホイールを装備。

漆黒パーツで統一されたフロント周り

ラジエーターグリル(ブラック塗装)&グリルインナーバー(漆黒メッキ)、ヘッドランプガーニッシュ(漆黒メッキ)、専用フォグランプベゼル(ピアノブラック塗装)を装備。

漆黒メッキのリアライセンスガーニッシュ

バックドアガーニッシュ(漆黒メッキ)を装備。

黒塗装のアウターミラー

サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)を装備。

黒塗装のルーフレール

専用ルーフレール(ピアノブラック塗装)を装備。

黒塗装のドアウインドウフレームモールディング

ディーセル仕様のみドアウインドウフレームモールディングが黒塗装となります。

助手席センターオーナメントをシルバー塗装に変更

インパネの助手席側のセンターオーナメントにはシルバー塗装が施され、黒を引きたてます。

センタークラスターパネル&フロントカップホルダーが黒塗装に

インパネの中央に設けられた空調パネルが黒塗装仕様に。

センターコンソールエンドパネル(ブラック塗装)

センターコンソールエンドパネルが黒塗装仕様に。

FLEXなら即納車可能! カスタム納車、予約納車も対応

FLEXではランクルプラドなどの情報を早々にキャッチして情報発信、車両の販売を行っています。またFLEXであれば、バックオーダーを入れているため即納の車両もご用意可能!発売後からすぐに乗ることができます。

さらに当モデルをカスタムし納車、カスタムパッケージを選択すればお得に購入することも。

こちらは予約注文も受け付けておりますので、新型ランクルプラドの購入を検討されている方は、お近くのランクル取扱店までお気軽にご相談ください!

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ