【AXCR2018】FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMが参戦するラリーの模様を現地タイからお届け! [Day.3]

ニュース|, , ,

LEG2 ペッチャブン→ブリラム 454.71kmの道のり

ラリー2日目は総走行距離454.71km、そのうち競技区間のSSの距離が217.57kmという構成だ。ホテルを出発して一般路を走り、オフロードのSSを走ってまた一般路を走ってゴールするわけだが、これを日本の東海道に置き換えて説明してみよう。そうすると東京から京都までクルマで移動する間に富士から名古屋までの200kmをオフロードで走る、という風な感覚になる。このサイクルを6日間連続で続けながら移動していくのがアジアクロスカントリーラリーの世界。
日本でそんなに長い距離をオフロードで繋ぐのはなかなか難しいことだが、FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMの哀川翔選手が毎日走っている距離がなんとなくおわかりいただけるだろうか。ドライバーやナビゲーターはもちろん、クルマにも大きな負担がかかり、この期間を体力的にもハードウェア的にもトラブルフリーでゴールまで駆け抜けるのはとても難しいことなのだ。だからクロスカントリーラリーはゴールにたどり着くこと自体が大変なことだし、それ自体を「目標」とすることに意味がある。

多くの選手がミスコースに悩まされた217kmのSS

そしてこの日は、今年のコースの中でもっとも長いSSが設定されていた。2日目を迎えた哀川選手だが、さすがに3度目のクロスカントリーラリーレイド挑戦とあって疲れもみせず、余裕を持って朝のスタートを準備。無事に朝のリエゾンを終え、217kmのSSへと出発していった。
この日の路面はLEG1同様、赤土、ガレ場、マッディ、グラストラック、ロックなど、まるでオフロードの見本市のよう。ただしSS前半はナビゲーションが難しかったらしく、多くの選手がミスコースに悩まされ、時間をロスしていったという。

ラリーのオンコース上とはとても思えない荒れた道をゆく

加えてSS前半は哀川、保井 両選手が「ラリーのオンコース上とはとても思えない」ほど細い道なども設定され、また「パッと見コースに見えず、覆い茂る草むらの奥にコースが続いていたり」と、 エクストリームなアドベンチャー要素が組み込まれた、AXCRならではのやや信じられない展開にふたりともカルチャーショックを受けながらの戦いとなった。その模様をインタビューでお届けしよう。

【Day.3】哀川翔氏へのインタビュー

Q:今日はどうでしたか?
もう今日は大変! あんな道あるのっ!? て感じだよ。みんなよくあれが正しいルートだってわかるよね。

Q:道に見えないんですね?
あれは道じゃないよ。もう。ここ本当に行くの? っていう感じ。

Q:確かに取材班もそういうルートに出くわしたことがあります。
いやいや。もう度合いが違うよ。俺初めてだよ。あんなの。あれはね、田んぼのあぜ道にしか見えないよ。それくらいの幅しかないんだから。そこ行くの? マジ? 違うだろ!? みたいなやりとりが続くワケ。
サイドミラーだって、もうコースの8割方は畳んで走っていたよ。本当にもう、狭いんだから。オープンのところもあるんだけど、せまいところが極端に狭かった。

Q:ナビの保井さんに伺ったところ「コース前半はナビゲーションが難しく、ミスコースしてしまった」とのことでしたが…。
あ、今日はナビが大変だったね。もう前半が地獄だった。ただ後半はスムーズだったからね。俺的には後半のほうが2時間くらい早く走りきったように感じたもの。前半戦でむちゃくちゃ迷ったね。

Q:難しかったんですね。
俺は今までに3回出場しているけど、今日が一番過酷だったね。なんたって道が悪すぎる。スピード出せないのよ。ロックというか岩盤みたいな地形もあってね。もう凸凹というより、穴とかクレーターだらけだったもん。あれ、落ちたら終わりだよ。石畳のでかい版みたいな地形でさ。まだ手が痛いよ。ハンドルにもキックバックきて、修正の舵も結構必要だったもの。ドライバーは今日、みんな死んでるんじゃないかな。

Q:でも2日目も全行程を無事クリアされましたね。
このラリーの感覚に慣れたんだろうね。高速のところはそれなりに飛ばせたのも楽しかったし。

Q:ミスコースしている間、ドライバーもナビゲーターもお互い辛いと思うんですが、ナビの保井さんとはどんな会話をされているんですか?
彼を全面的に信頼しているからね。ミスコースしたことも彼自身プライドが許さないところもあると思うんだけど、謝られることも何度かあってね。でも「いいよ、しょうがないよ」って。それに俺たちだけが間違っているんじゃない、みんなが間違っているからね。あれはしょうがないね。保井君は「コマ図の距離がズレる」っていってたな。コマ図もとっても細かかったし。

Q:なるほど。クルマの調子はいかがですか?
クルマの調子はいいよ。ちょこちょこ整備しなきゃいけないところはあるけど。メカニックはみんな頑張っているもの。ま、このレグはちょっとロスしちゃったけど、これくらいはなんとかなるでしょ。明日以降も頑張るよ。よろしく!

今年最長のSSを21番手で無事ゴール!

今年最長のSSは、その過酷さという面でもかなりな難コースだったようだが、FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMのランドクルーザープラドは無事ゴールに飛び込んで来た。この日は21番手のタイムだったが、それ以降の選手に比べてペナルティーもずっと少なく、まだまだ順位を上げられる位置につけている。中盤に向けこの調子をキープしつつ、目標の「完走」に向けてステディに、時にアグレッシブに走り続けていって欲しい。
さあ、明日はいよいよカンボジアへの国境越えだ。タイエリア最後のSSではどんなドラマが待っているのか、明日のレポートを乞うご期待だ!

【画像ギャラリー】SHOW AIKAWA Racing AXCR2018 [8.14]

AXCR2018 過去のレポートはコチラ!

>>Day.1
>>Day.2

チーム概要

  • チーム名:FLEX SHOW AIKAWA Racing
  • 参加車両:TOYOTA LAND CRUISER PRADO 150
  • ドライバー:哀川翔
  • チームアドバイザー:奴田原文雄
  • チームディレクター兼プロデューサー:荒 行浩(FLEX)
  • チームマネジメント兼メディアプロデューサー:吉岡 市雄(マジカル)
  • 公式インフォメーションweb:http://www.magicaltv.net/flex_racing/
  • 大会Webサイト:ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2018

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPの オススメの中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「【AXCR2018】FLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMが参戦するラリーの模様を現地タイからお届け! [Day.3] 」 に関するページです。

ページトップへ