【2023年1月3日発売!】FLEXオリジナル センターコンソールボックスがついに登場! ハイエースオーナーの皆さん、お待たせしました! | フレックス

【2023年1月3日発売!】FLEXオリジナル センターコンソールボックスがついに登場! ハイエースオーナーの皆さん、お待たせしました!

ハイエースの記事|,,,

FLEXオリジナル センターコンソールボックス

ハイエースをもっと快適に、便利にしたいという人にオススメのアイテム、『FLEXオリジナル センターコンソールボックス』と『FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス』が登場。デザイン性も高く、純正よりもずっと機能的で使い勝手のいいコンソールボックスができあがりました。

ハイエース純正コンソールは使いづらい

「荷物を積むこと」に関しては日本でも屈指の存在であるハイエースですが、いっぽうで身の回りの小物類の置き場に困ります。ハイエースの純正コンソールは、トレー付きの蓋があり、開けると大きな収納になっています。また、席との間に縦型のスリットが備わっていますが、手帳やファイル以外に使い道がわかりません。ワイドボディでもスリットの左側にトレーが備わっていますが、こちらもなんだか微妙に使いづらい。

ミニバンに慣れた人からすると、ハイエースは収納が少なく感じるかもしれません。小物をちょっと置いておいたり、しまっておきたいけど、どうすればいいの? と思います。スマホは置き場所に困るし、使う頻度は高いけれど外から見えないところに置きたいものもありますね。そこで装着したいのがアフターのセンターコンソールです。

ハイエースの内装カスタムはこちらの記事もご参照ください

とにかく機能と使い勝手にこだわりました!

FLEXオリジナル センターコンソールボックス 標準ボディ用

「FLEXオリジナル センターコンソールボックス」は、ハイエース200系に向けて専用設計。常に触れる場所なので、機能とデザイン、質感にこだわりました。運転席と助手席に乗る人はもちろん、2列目シートに座る人にとっても便利で使いやすく、デザインもハイエースにぴったりとマッチするように作り込んでいます。

標準ボディ用 センターコンソールボックス

FLEXオリジナル センターコンソールボックス 標準ボディ

まず、スマホと飲み物を置けるホルダーを備えているところに注目してください。スマホは今や必需品ですし、飲み物もドライブには必要です。このところスマホはどんどん大型化してきていますし、飲み物は缶やペットボトル、紙パックなど、形も大きさもまちまちですが、それぞれしっかりと置けるように形状を工夫しています。ドリンクホルダーの後ろにはちょっとしたものを置いておくのに便利な浅いトレーも備わっています。

FLEXオリジナル センターコンソールボックス 標準ボディ

前席用のスマホとドリンクホルダーの部分は天板になっていて、開けると小物入れが現れます。ちょっとしたものを入れておけるだけでなく、ドリンクなどがこぼれてしまったときなどにサッとキレイにすることもできます。

FLEXオリジナル センターコンソールボックス 標準ボディ

中央には深さのある収納を用意しています。容量もたっぷりと取っているので、収納力は抜群です。蓋はクッションになっていて肘を置くのにちょうどいい高さに設定しているので、ドライブ中は運転席・助手席ともにくついでいただけるでしょう。なお、ゆっくりと閉まるソフトクローズ仕様を採用し、上質な操作感となっています。

センターコンソールボックスの後部は、2名分のドリンクホルダーを備えました。形状は前席用と同じなので、飲み物の種類を選びません。この部分も天板になっており、跳ね上げると小物入れが現れます。中にしまうのはティッシュがオススメです。本体を隠しつつ、天板のスリットからティッシュを取り出すことができます。

ワイドボディ用 センターコンソールボックス

FLEXオリジナル センターコンソールボックス ワイド

ハイエース200系のワイドボディは、運転席と助手席の間が広く、標準ボディと同じ形状の収納と隙間を埋めるようなトレーが備わっていますが、FLEXではワイドボディ用としてセンターコンソールボックスの専用設計を行いました。

基本的な構造は標準ボディ用と似ていますが、運転席側にスマホホルダーとトレイ、アームレストと小物入れを追加。小物入れは2重構造になっていて、下段にはティッシュボックスが収まるようになっています。

FLEXオリジナル センターコンソールボックス ワイド

後部にはドリンクホルダー2つと上下2つのトレイを設置。シンプルですが、2列目シートに乗る人にとって使いやすいようにデザインされています。

FLEXオリジナル センターコンソールボックス 価格

商品名 価格 取付工賃
FLEXオリジナル センターコンソールボックス(標準ボディ) ¥74,800 ¥3,300
FLEXオリジナル センターコンソールボックス(ワイドボディ) ¥85,800 ¥3,300

FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス

FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス 標準ボディ キャメル
FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス 標準ボディ ブラウン

FLEXオリジナル センターコンソールボックスはブラックレザー調ですが、ぬくもりのある茶系で内装をコーディネイトしたいという方に向けて、キャメルとブラウンの「クラシックコンソールボックス」を用意しました。

デザインや機能はブラックのセンターコンソールボックスと同じですが、こちらのクラシックコンソールボックスは、側面につけられたレザータグがワンポイント。色味はクラシックシートカバーと同じなので、一緒に装着すれば室内の雰囲気を美しく統一することができますね。

FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス 価格

商品名 価格 取付工賃
FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス(標準ボディ)キャメル ¥85,800 ¥3,300
FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス(標準ボディ)ブラウン ¥85,800 ¥3,300
FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス(ワイドボディ)キャメル ¥107,800 ¥3,300
FLEXオリジナル クラシックコンソールボックス(ワイドボディ)ブラウン ¥107,800 ¥3,300

お求めはフレックスのお店とハイエースベースで

FLEXオリジナル センターコンソールボックス ワイドボディ

FLEXオリジナル センターコンソールボックスとクラシックコンソールボックスは、ハイエースを徹底的に研究したFLEXの自信作です! ハンドルを握るドライバーさんが手を伸ばせば自然に飲み物に届いたり、置き場に困る大きなスマホもしっかりキープ。見た目には美しくないけれど必需品のティッシュボックスは隠して、でも使いやすく。そんなハイエースに乗る人のために開発したイチオシのコンソールボックスです。

実物が見てみたい! 自分のハイエースに装着したい! と思ったら、お近くのフレックスのハイエース店カスタムパーツ専門店のハイエースベースにご相談ください。お乗りのハイエースを快適で便利にアップデートできる絶好のアイテムです!

執筆者

熊崎 圭輔(くまさき けいすけ)
元輸入車カスタム雑誌の編集長。ドイツ語圏を中心にレンタカーで走り回った旅好き。その後MOTAに移籍。副編集長として、新型車をはじめクルマに関する記事制作に従事。国内外を問わずドレスアップやチューニングにまつわる取材経験から、MOTAカスタムの記事展開にも寄与。純正もいいが、カスタムすれば自分のクルマに対してさらに愛着が湧き、人とは違う個性的なクルマにすることで、人生がもっと楽しくなると考えている。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたにおすすめ

ページトップへ