【最新版】トヨタ ランドクルーザー60(ランクル60):1980年〜1989年式の違いを解説 | フレックス

【最新版】トヨタ ランドクルーザー60(ランクル60):1980年〜1989年式の違いを解説

ランクル60の記事|, , , ,

r7kitp00000008hs

ほぼ毎年のように変更が施されたランドクルーザー60

ランドクルーザー60系の登場は1980年(昭和63年)8月、そして販売が終了した1989年(平成元年)10月まで、ほぼ毎年のように大小の変更が施されました。この時代はトヨタだけでなく他メーカーもクロスカントリー4×4やRVと呼ばれるカテゴリーの車が注目され、急激に進化していた時代です。ランドクルーザーも実直なワークホース(作業車)から脱却し、乗用車並みの快適さが求められはじめていました。

ランクル60の在庫を探す

ランドクルーザー60の年表

ランドクルーザー60 HJ60V

ランドクルーザー60の年式による仕様の変遷

トヨタは年次改良で車をアップデートしていきます。ランドクルーザー60も同様で、当初は観音開きのみだったリアゲートが上下開きモデルも追加されたり、ディーゼルエンジンが2F型から3F-E型に変更されたり、クロカン4×4車として初のオートマチックトランスミッションが採用されたりと、9年間に及ぶ販売期間中にさまざまな仕様変更が加えられました。

1980年8月~

ランドクルーザー60:1980年10月~

ランドクルーザー60系がデビュー。オプションのファブリックシートやチルトハンドル、間欠ワイパー、タコメーター等の上級装備が含まれた「Gパッケージ」が設定されました。

1981年10月~

ランドクルーザー60:1981年10月~

観音開き型のみだったリアゲートに、上下開き式が追加で設定されました。パワーステアリングが採用されたのもこのタイミングからです。

1982年11月~

ランドクルーザー60:1982年11月~

2H型直6ディーゼル搭載のHJ60Vが登場しました。この時期にこれまでグレードが無かったランドクルーザーに「GX」というグレードがディーゼルモデルに初めて設定されています。GXにはリモコンフェンダーミラーが採用されました。この他、ディーゼル車に5速MTやハイルーフが採用されています。

1984年11月~

ランドクルーザー60:1984年11月~

従来の2F型から進化した3F型エンジンを搭載したFJ62Vが登場しました。また、クロカン4×4初となるATがHJ60Vに採用。ガソリン車にも5速MTが設定されました。リアステップが新設されたのもこの時期です。

1985年10月~

ランドクルーザー60:1985年10月~

2H型ディーゼルエンジンをターボ化した12H-T型エンジンを搭載するHJ61Vが登場しました。この時期にランドクルーザー60系の最上級グレードであるVXがラインナップに追加されています。VXには前後マニュアルデフロックがオプションで設定されました。また、12H-T型、2H型搭載モデルに4速ATが追加されています。

1986年8月~

3B型ディーゼルを搭載するBJ60Vが生産終了。この後、ランドクルーザー60のディーゼルは直6モデルのみになります。

1987年8月~

ランドクルーザー60 1987年式 HJ61V XV

全車マイナーチェンジにて丸目2灯から角目4灯ヘッドランプに変更され、ワイドタイヤ(31X10.50R15 LT)を標準としていたバンVXにはオーバーフェンダーが採用されました。

1988年8月~

ランドクルーザー60 FJ26G

3F型エンジンのキャブレターをインジェクションに換装し電子制御化した3F-E型ガソリンが登場しました。これを搭載したワゴン登録車(3ナンバー乗用車登録)、FJ62Gが追加されています。

ランドクルーザー60はフレックスのランクル店にお任せください

ランクル60というとかなり古い車のようにも感じますが、最終モデルは平成元年まで販売されていました。代替わりしたランクル80はグッとモダンになりましたが、ランクルらしい質実剛健さや、レトロな雰囲気を求める方はランクル60もオススメです。

車齢が最終モデルで35年、もっとも古いモデルでは44年前の車になります。ランクル60は元来タフな車ですが、しっかりとしたメンテナンスを定期的に行うことで、その魅力を末永く味わうことができます。「欲しいけど、壊れるのでは?」「維持していけないのでは?」と購入や所有にご不安を感じている方は、ランクルのプロフェッショナルが揃うフレックスのランクル店にぜひご相談ください。

ランドクルーザー60 オススメの中古車在庫

執筆者

武内 祐徳(たけうち ひろのり)
モトクロス/エンデューロなどダート系2輪レース参戦を趣味としており、マシンを運ぶためのトランスポーターとしてハイエースを所有。学生時代に建築を学んできた知識を活かし、自らハイエースの内装カスタムなども手掛ける。ハイエースやランクルの素晴らしさを多くの人に知ってほしいと自動車ウェブメディアの編集者へ転身。得意な車種はハイエース/ランドクルーザー/ロードスター/ジムニーなど。

記事評価&シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたにおすすめ

主要車種・条件から探す

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ