r7kitp00000008hs

ほぼ毎年のように変更が施されたランドクルーザー60

ランドクルーザー60系は登場以来、ほぼ毎年のように大小の変更が施されました。この時代は他メーカーのクルマも含めて、クロスカントリー4×4が注目され、急激に進化していた時代です。ランドクルーザーも質実剛健なワークホース(作業車)から脱却し、乗用車並みの快適さが求められはじめていました。

ランクル60の在庫を探す

ランドクルーザー60の年表

ランドクルーザー60の年式に仕様仕様の変遷

ランドクルーザー60:1980年10月~

1980年8月~

ランドクルーザー60系がデビュー。オプションのファブリックシートやチルトハンドル、間欠ワイパー、タコメーター等の上級装備が含まれた「Gパッケージ」が設定されました。

ランドクルーザー60:1981年10月~

1981年10月~

観音開き型のみだったリアゲートに、上下開き式が追加で設定されました。パワーステアリングが採用されたのもこのタイミングからです。

ランドクルーザー60:1982年11月~

1982年11月~

2H型直6ディーゼル搭載のHJ60Vが登場しました。この時期にこれまでグレードが無かったランドクルーザーに「GX」というグレードがディーゼルモデルに初めて設定されています。GXにはリモコンフェンダーミラーが採用されました。この他、ディーゼル車に5速MTやハイルーフが採用されています。

ランドクルーザー60:1984年11月~

1984年11月~

従来の2F型から進化した3F型エンジンを搭載したFJ62Vが登場しました。また、クロカン4×4初となるATがHJ60Vに採用。ガソリン車にも5速MTが設定されました。リアステップが新設されたのもこの時期です。

ランドクルーザー60:1985年10月~

1985年10月~

2H型ディーゼルエンジンをターボ化した12H-T型エンジンを搭載するHJ61Vが登場しました。この時期にランドクルーザー60系の最上級グレードであるVXがラインナップに追加されています。VXには前後マニュアルデフロックがオプションで設定されました。また、12H-T型、2H型搭載モデルに4速ATが追加されています。

1986年8月~

3B型ディーゼルを搭載するBJ60Vが生産終了。この後、ランドクルーザー60のディーゼルは直6モデルのみになります。

1987年8月~

全車マイナーチェンジにて丸目2灯から角目4灯ヘッドランプに変更され、ワイドタイヤ(31X10.50R15 LT)を標準としていたバンVXにはオーバーフェンダーが採用されました。

1988年8月~

3F型エンジンのキャブレターをインジェクションに換装し電子制御化した3F-E型ガソリンが登場しました。これを搭載したワゴン登録車(3ナンバー乗用車登録)、FJ62Gが追加されています。

ランドクルーザー60 オススメの中古車在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ