【最新版】トヨタ ランドクルーザー60:グレード解説

【最新版】トヨタ ランドクルーザー60:グレード解説

ランクル60の記事|, , , ,

ランドクルーザー60

ランドクルーザー史上初のグレード設定が行われたのがランドクルーザー60系

ランドクルーザー60系に2H型直6ディーゼルを搭載したHJ60Vが追加されたのと同時に、内外装や機能装備のオプションをパッケージ化した「Gパッケージ」が設定されました。その後、「STD」、「GX」のようなグレード設定がランドクルーザー史上で初めて採用され、最終的にはこれに最上級グレードである「VX」が加わりました。このようなグレード設定はその後の高級化路線の基礎となっています。年式により多少の違いはありますが、各グレードの違いを簡単に説明しましょう。なお、以下で紹介しているのはVXグレード追加後の仕様となります。

ランクル60の在庫を探す

【STD】FJ62V/BJ61V

ランドクルーザー60

観音開きリアゲートを持つスタンダードモデル

STDはスタンダード(標準)を意味します。シート表皮は「プリントレザー」と呼ばれるビニールレザーでフロアマットは塩化ビニール製、リアゲートは観音開き式となっています。タイヤはリブの7.00-15バイアスタイヤを採用、オプションでセミラグタイヤを選ぶこともできました。シートやフロアマットがGXと同等の「グレードアップバン仕様」もありました。

【GX】HJ60V/BJ61V

ランドクルーザー60

装備を充実させ、質感も向上させたミドルグレード

サイドミラーにリモコンメッキドアミラーを採用、リモコンフェンダーミラーもオプションで選ぶことができました。シートはファブリックシートで、フロアはループパイル・カーペット張り。ブロンズガラス、電動ムーンルーフ、フルトリム・ドア、上下開き式リアゲート、ウレタン製ステアリングホイール、パワステ、チルトステアリング、タコメーター等が標準装備されたグレードがGXです。

【VX】HJ61V

ランドクルーザー60

乗用車的な快適装備を充実させた最上級グレード

モケット仕上げのマルチアジャスタブルスポーツシート(運転席)、分割式リアシート、フロア・シャギーマット、5スピーカー付FM/AMカセット一体式ラジオ、マニュアルデフロック(オプション)などVXだけの専用装備が採用されています。その他、GXではオプション扱いのオーバーヘッドコンソール組み込み型アクセサリーメーターや集中ドアロック、ワンタッチ機構付きパワーウインドーも標準装備となっていました。

執筆者

武内 祐徳(たけうち ひろのり)
モトクロス/エンデューロなどダート系2輪レース参戦を趣味としており、マシンを運ぶためのトランスポーターとしてハイエースを所有。学生時代に建築を学んできた知識を活かし、自らハイエースの内装カスタムなども手掛ける。ハイエースやランクルの素晴らしさを多くの人に知ってほしいと自動車ウェブメディアの編集者へ転身。得意な車種はハイエース/ランドクルーザー/ロードスター/ジムニーなど。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

主要車種・条件から探す

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ