トヨタ ランドクルーザー70:先代モデルからの進化

ランクル70の記事|, , , ,

r7kitp0000000ah6

エンジンが全面刷新されたのは1990年

販売当初は3リッターの直列4気筒のみだったディーゼル&ディーゼルターボに代わって、1990年のマイナーチェンジの際にランクル70のエンジンは4.2リッター直列6気筒1HZ型と3.5リッター直列5気筒1PZ型のNAディーゼル2本立てに切り替わりました。世界のランクルユーザーに対し、最初はランクル70でのフレームやボディの全面刷新、次にマイナーチェンジでのエンジンの大規模なリフレッシュと、センセーショナルな70の誕生を世界市場で長く印象付けるトヨタの作戦だったのでしょう。

人気のランクル70

ボディサイズにマッチしたエンジン展開

1HZ型は直前に登場したランクル80(HZJ81V)に載せられたものと同じ仕様です。1PZ型は1HZ型から1気筒省いたモジュラーエンジンでした。比較的軽量なショートボディのBJ70/BJ70Vが1PZ型を載せてPZJ70/PZJ70Vとなり、ターボディーゼルを積んだBJ71V/BJ73V/BJ74Vにはパワーのある1HZ型が搭載され、HZJ73Vとなりました。ショートには1PZ型、ミドルには1HZ型というボディサイズにマッチした展開となったわけです。ここで忘れてはならないのが、マイナーチェンジで同時に誕生したセミロング仕様です。

これはホイールベースを延ばして実現したランクル70初の量産型4ドアボディでした。働くクルマにも定員と積載量の増大が望まれていたというわけです。この時4ドアモデルは2種類登場し、1HZ型を積んだものがHZJ77V、1PZ型を積んだものがPZJ77Vという型式となりました。PZJ77VはHZJ77Vに対し、オーバーフェンダーレス&ナロータイヤなどとしたセミロングのベーシックグレードです。

エンジン性能一覧

名称 形式 排気量 (cc) 最高出力 最大トルク 搭載モデル
3B型 ディーゼルエンジン 直列4気筒OHV 3,431 98PS / 3,500rpm(94PS / 3,500rpm) 23.0kgm / 2,200rpm(22.5kgm / 2,200rpm) BJ70V、BJ73V、HZJ76V
13B-T型 ディーゼルターボエンジン 直列4気筒OHV 3,431 120PS / 3,400rpm 29.0kgm / 2,000rpm BJ71V、BJ74V
1HZ型 ディーゼルエンジン 直列6気筒OHC  4,163 135PS / 3,600rpm(130PS / 3,800rpm) 28.2kgm / 2,000rpm(29.0kgm / 2,200rpm) HZJ71V、HZJ74V、HZJ76V
1PZ型 ディーゼルエンジン 直列5気筒OHC  3,469 115PS / 4,000rpm 23.5kgm / 2,600rpm PZJ70、PZJ70V、PZJ77V

ランドクルーザー70の足回り

r7kitp0000000ahf

ボディスタイルごとに適正なサスペンションをアレンジ

ランクル70のサスペンションはランクル40と基本構造が同様の、リーフスプリングとリジッドアクスルを組み合わせたモノが採用されています。部品点数が少ないため、壊れにくくメンテナンスが比較的容易で、何より重量のある荷物を積載する車向けのサスペンションです。しかし、時代が移り変わるうちに働く車にも乗り心地の良さが求められるようになっていました。そこで、ランクル40時代のサスペンション設定を見直し、ランクル70ではショート、ミドル、セミロングのボディスタイルごとにサスペンションのサイズやバネの強さなどが適正にアレンジされました。これにより、タフな足まわりに快適性もプラスされたのです。

1999年にサスペンションはさらに改良

このサスペンションにさらに大きな変化が加えられたのが1999年のビッグマイナーチェンジの時です。フロントのリーフスプリングがコイルスプリングに改められました。これは乗り心地を向上させるための変更で、第一の目的は高速走行における操縦安定性を格段にアップさせることでした。主に中東諸国と中国の高速道路整備が急速に進んでいたことへの対応策です。オンロードでも安全に快適に走ることができるように、という要望に応えての改良でした。

ランドクルーザー70のエクステリア・インテリア

r7kitp0000000aig

運転操作系の機能を高く確保しながら安全性を高めた

働くクルマに求められるのは必要な機能を追求するだけではありません。運転の快適さや高速走行での走行安定性がプラスされるだけでも充分ではありません。ランクル70にさらに求められたのは、衝突時に衝撃を吸収して乗員を守るための衝突安全性でした。この課題に対してランクル70では、高度な衝突シミュレーションやコンピューター解析技術が駆使され、フレームとボディのコラプシブル(圧縮)性が高められました。

インテリアでは硬い金属パーツの多くが樹脂製に改められ、インパネまわりの凹凸が減り、クッション性の高いパッドが前席まわりに盛り込まれています。ランクル70では運転操作系の機能を確保しながら安全性を高めることに重きを置いた改良が施されたのです。

ランクル70 オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザー70:先代モデルからの進化 」 に関するページです。

ページトップへ