トヨタ ランドクルーザー70:ランクル史上初のワゴン

ランクル70の記事|, , , ,

ランドクルーザー70ワゴン

概要

後のランクル プラドの前身モデル

ランドクルーザー史上初となるワゴン登録(5ナンバー)モデルが登場したのは1985年のことでした。海外仕様では前年の1984年11月に「ランドクルーザーⅡ」「バンデラ」等のモデル名で既に輸出が開始されていましたが、国内デビューは1年遅れとなっています。

外観はランドクルーザー70系バンのヘビーデューティなイメージのまま、サスペンションがコイル化され、主にオンロードでの乗り心地改善が図られたこのモデルは「ランドクルーザーワゴン(型式はLJ71G)」と命名され、後のプラドの前身となりました。

人気のランクル70

エンジン&バリエーション

標準グレードでも装備は充実

エンジンは最高出力85PS(NET)/最大トルク19.2kgmを発生する2.4リッター直列4気筒OHCディーゼルターボの2L-T型を搭載。トランスミッションは5速マニュアル、トランスファーはローレンジを備える2速仕様でした。ボディバリエーションは2ドア・ショート(リアゲートが左右開きの観音扉であるため「3ドア」扱いではない)のみ。グレードは標準のLX5と、上級のSX5の2タイプが設定され、SX5には「マルチアジャスタブルスポーツシート」や「ワンタッチ機構付きパワーウインドゥ」などが標準装備されました。

また、標準グレードであるLX5にも、リアシートにリクライニング機構や、ステアリングにチルト機構が備わるなど、バンとの差別化が施されていました。つまり、それまでクロスカントリー4WDの世界では一般的でなかった上級装備により、快適さをアピールしていたのです。また、5ナンバー車には車検期間や、地域によっては駐車場での規制など、バン登録車より有利な面が多くあったのです。

エクステリア&インテリア

ゆったりとしたリアシートの快適さに注目

エクステリアでは、フロントのウインカー&車幅灯が独立しているバンに対し、ワゴンではそれらが一体化したフロントグリルまわりとなっており、ややスマートにデザイン処理はされているものの、大きな違いはなく、インテリアも基本デザインはバンと同一となっています。一方、インテリア面では、一定のラゲッジルームを確保しなければならないバンに較べ、その規制の無いワゴンには、リアシートにゆったりとした足元スペースやリクライニング機構が与えられており、快適さでは大きなアドバンテージがありました。

シャーシ

国産4WD初の足回りを採用

当時のコアなランドクルーザー・ファンや4WDファンたちは、ワゴンとしての装備や快適性よりも、国産四駆初のコイルスプリング+リジッドアクスル式サスペンションの走破性に注目しました。しかし、伝統的なリーフスプリング+リジッドアクスル式の70系バンには及ばず、クロスカントリー性能の評価はけっして高くありませんでした。

総評

中古車が少ないレアなモデル

サスペンションの違い以外にバンと大きく異なる点は、ミドルホイールベース車(2,600mm)やFRPトップ車をラインナップしているバンに対し、ワゴンはショートホイールベース(2,310mm)のハードトップ車のみであること、オートマチック・トランスミッション車の設定が無いこと、等が挙げられます。また、バンのミドルホイールベース車には最高出力120PS(NET)/最大トルク29.0kgmを発生する3.4リッター直列4気筒OHVディーゼルターボの13B-T型エンジンが設定されており、ワゴンが搭載する2L-T型の非力イメージも、今ひとつ人気が出なかった理由のひとつと言えるでしょう。

ランドクルーザー史上初のワゴン登録車であり、現在では常識となったコイル・サスペンションをいち早く導入した、ある意味革新的なモデルであったにもかかわらず、販売していた5年間は不人気車のレッテルを貼られてしまったランドクルーザー70ワゴン。しかし、後に大ヒットするプラド誕生の足がかりとなる重要な役割を背負ったモデルですし、中古車が非常に少ないため、稀少なモデルとなっています。

ランクル70 オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザー70:ランクル史上初のワゴン 」 に関するページです。

ページトップへ