【最新版】トヨタ ランドクルーザー70(ランクル70)再販モデル:バンとピックアップの違い

ランクル70の記事|, , , , ,

ランドクルーザー70

タイヤやホイールサイズ、ホイールベースも違います

ランドクルーザー70 30周年記念モデルの、4ドアバンとダブルキャブピックアップトラックの違いをチェックしてみましょう。バンとトラックといった車型の違いはさておき、両車最大の違いのひとつとなるのがタイヤ&ホイールサイズです。タイヤサイズはバンが265/70R16サイズ、ピックアップが7.50R16であり、組み合わされるホイールは、いずれも5穴ながらP.C.D.が150mmというハードデューティーなものになっています。特筆すべきはバンの265/70R16はタイヤの直径が約777mmであるのに対して、ピックアップの7.50R16は直径が約805mmなことでしょう。

オススメのランクル70在庫

4ドアバンとダブルキャブピックアップトラックの違い

タイヤ直径の違いから視点の高さも変わる

ピックアップトラックはタイヤの直径が大きな分だけわずかにバンよりアイポイントが高くなります。半径にして約15mm。それでどれほどアイポイントが変わるのか、疑問に思う人もいるでしょう。ただ、実際には数値以上の高さを実感させられるものとなっています。ちなみに、公称値ではバンの最低地上高は200mm、ピックアップは225mmとなっている。さらに言えば、タイヤ直径の違いから、両車のファイナルギアは異なるギア比のものが装着されている、と考えるが妥当でしょう。

フォトギャラリー

ピックアップはスーパーロングなホイールベースを採用

次に大きな違いがホイールベースでしょう。バンのホイールベースは2730mm。このホイールベースはセミロングとも呼ばれ、かつてランドクルーザー70が国内販売されていた時代にもカタログに設定されていたものと同一です。一方のピックアップは3180mmで、これまで国内向けには設定されたことのない(一部消防車向けなどのベアシャシーを除く)ホイールベースとなりました。3180mmはスーパーロングと呼ばれる数値で、これは輸出仕様の2ドアバンであるトゥループキャリアの2980mmよりもさらに長いサイズとなっています。

このホイールベースによる違いはバンとピックアップの乗り味の違いにも影響しています。また、全長はバンが4810mmなのに対してピックアップは5270mm。全幅はオーバーフェンダーを装着したバンが100mmアップの1870mm、車両重量はバンが2120kgでピックアップが2200kgとピックアップのほうが重くなっています。いずれもガソリンタンク容量は130Lと共通です。

みなさん、記事をご覧いただきありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランクル、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません!

フレックスでは買い取りさせていただいたランクル、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。もちろん、フレックスで乗り換えを考えていない方からの買取査定のご依頼も大歓迎です。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎると値段がつかないこともありますが、ランクル、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、フレックスでは古い年式で走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれないカスタムされた車両もしっかり評価!

 

思いをこめてカスタムされた愛車をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお気軽にお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ