トヨタ ランドクルーザー80:ディーゼルモデルの整備代を節約方法

ランクル80の記事|, , , ,

1年車検のランクル80の車検時のコスト軽減方法

r7kitp0000000ytc

1990年代までランクルの主流はディーゼルだった

1990年代、ランクルはプラドも70系もディーゼル車が主役でした(ランクル70系はディーゼル車のみのラインナップ)。もちろん日本で販売されたランドクルーザーの80系も大半はディーゼル車でした。それにはいろいろな理由がありますが、ガソリン車に比べてディーゼル車は燃費が良く、毎年納める自動車税が比較的安いこと。さらにはディーゼル×ターボの組み合わせはトルクが太く、たくましく走ることができたのが人気の理由でした。

人気のランクル80

ディーゼルエンジンは1ナンバーで1年車検

しかし、ディーゼルエンジンを積んだランクル80は、ガソリンエンジン車より厳しい排気ガス規制のおかげで1ナンバー(商用車)登録で車検期間が1年ごととなっています。1年車検は維持費の面で大きな心配要素になりますが、税金や自賠責保険が商用車は優遇されているためランニングコストを均して比べてみると、3ナンバーの乗用車仕様とさほど大きな差はありません。ただ、車検時にカーショップや整備工場に支払う車検整備代が毎年かかることで費用が膨らむことは事実。ハイエース・バンも4ナンバーの商用車登録であることから、1年車検の整備費用を気にするファンは少なくないでしょう。

1年車検だからといって2年車検の2倍の維持費ではない

まず、知っていただきたいのは、ディーゼル車のランクル80は1年車検だから2年車検のクルマの維持費の2倍になるわけではないということです。3ナンバー車で2年ごとに交換する部品を、1ナンバーのランドクルーザー80も1年ごとに交換しているわけではないのです。3ナンバー車と1ナンバー車は車検時のチェックポイントは全く同じではありません。1ナンバー車は商用車であり、乗用車より酷使されるという想定のもとに各部の消耗度を厳しくチェックされます。しかし、ランクルの場合はエンジンの種類が違うだけで1ナンバー車も3ナンバー車も基本的に同じ構造です。したがって、ほとんど同じ部分をチェックされ、同様の部品が適宜交換されるわけです。となると、年間走行距離が5万km以上や、土木作業現場の悪路ばかり走るようなことがなければ、1ナンバー車も3ナンバー車も同様の整備が施されるものなのです。

消耗度を正しく判断した部品交換を

ハチマルに限らず、同じシリーズに1ナンバー車と3ナンバー車があるランドクルーザーでもクルマの構造は同じです。1ナンバー車で車検整備費用を抑えるためには、部品を無駄に交換するような整備を控えることが大切になります。走行距離がたいして延びていないなら、ブレーキパッドはあまり減っていないでしょう。関連してブレーキフルードやホース類もたいして劣化していないはずです。エアクリーナーも汚れていなければ交換せず清掃で済ませることができます。ディーゼルエンジンのエンジンオイルはエンジンの特性上すぐに黒くなってしまいますが、エンジンが暖まった際のオイル粘度がしっかりしていれば大丈夫です。

整備士に相談し、交換部品を抑えることも可能

r7kitp0000000ysq

1ナンバー車の車検費用を抑えるコツは、こういう状況を見極め、2年ごとでもかまわない部品については1年ごとでの交換を控えることです。カーショップや整備工場に車検整備を任せる時は、最初に見積もりを取り、整備内容についてよく相談するようにしましょう。まだ取り替えなくてよい部品について、トラックなどの他のクルマの整備規定に基づいた交換作業を提案する整備のプロもいます。トラブルを未然に防ぐ「予防整備」という考え方もあるので一概にそれが間違いとはいえません。しかし、車検の際は、できれば前回の車検からの乗り方や走行距離などをもとに各部の消耗度を想定し、気持ち良くリーズナブルに車検整備を受けて充実のランクルライフを続けたいものです。

ランクル80 オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザー80:ディーゼルモデルの整備代を節約方法 」 に関するページです。

ページトップへ