【いいとこ取りな車】トヨタ ランドクルーザーシグナス:ランクル100系との違い

シグナスの記事|, , , ,

r7kitp000000048r

エクステリア

フロントセクションの他にも多くの点で差別化

ランドクルーザーとシグナスは、ひと目見て分かるフロントセクションの他にも多くの点で差別化されています。ヘッドランプは4灯式となり、より明るいプロジェクター式(ロービーム)を採用。バンパー内に埋め込まれたフォグランプも同様にプロジェクター式です。フロントグリルをボンネットフード側に接続し、奥行きのある表情としているのもコダワリのポイントでしょう。フロントバンパーも専用デザイン。アルミホイールは伸びやかで立体的な造形の5スポーク・タイプがあしらわれています。

r7kitp000000048z

当初、100系と共通設計だったルーフレールやリアデフレクターも、2002年のマイナーチェンジ以降は専用デザイン&カラードに改められました。フロントばかりでなく、リアフォグランプが埋め込まれたリアコンビネーションランプ、両脇にバックランプを配したライセンスプレート(2002年〜)など、リアビューも個性的です。メモリー&リバース連動下向き機能付きのドアミラー、パワークォーターウィンドウなど、一見100系と共通かと思われる部分も機能に違いがあり、プレミアムSUVに相応しい上質感を追求した装備内容となっています。

インテリア

r7kitp000000049y

クオリティの違いは明確。専用装備や機能も充実

標準装備される本革シートは柔らかで艶感のある仕上がりで、縫製も手間の掛かるダブルステッチが採用されました。ランドクルーザー100のベース車にオプション設定された本革シートと比較してもクオリティの違いは明らかです。ステアリングやシフトノブ、センタークラスターなど車内の随所に本木目パネルが配され、レザーとともに豪華な空間を作り出しています。ダブルサンバイザーやメモリー機能付きパワーシートなどを専用装備するなど、機能も充実。特に後期モデルでオプション設定されたマークレビンソン・プレミアムサウンドシステムはシグナスの高級感を印象づける装備でした。EMV(エレクトロ・マルチ・ビジョン)とMDプレーヤー、DVDチェンジャー、アンプ、11スピーカーなどのセット価格は、なんと53.6万円。中古車市場でこれを装備された車両を見つけたら、一見の価値があります。

エンジン

r7kitp000000049r

エンジンは100系と共通の4.7リッターV8を搭載

エンジンはランドクルーザー100系と共通の4.7リッターV8ガソリン・2UZ-FE型となっています。SUV専用設計のエンジンで、耐久性を重視しながら最高出力235PSの余裕あるパワー、V8らしい滑らかな吹け上がりと静粛性を実現しています。吸気効率に優れた縦型インテークポート、斜めスキッシュとしたペントルーフ型燃焼室など、現代的な設計のエンジンなのも特徴的です。トランスミッションは2002年以前のモデルで4速、以降のモデルで5速。ちなみに北米のLX470には乗用車用トランスミッションが搭載されていますが、シグナスでは100系と共通の耐久性を重視した設計のものが採用されました。燃費は6.1km/L(前期)、6.5km/L(後期)と、こちらも100系と同様です。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ