【いいとこ取りな車】トヨタ ランドクルーザーシグナス:世代ごとの違い

シグナスの記事|, , , ,

r7kitp00000004bz

シグナス第1世代(1998年~2002年)

インパネデザインは100系と共通で、後期のものに比べやや無骨な印象

ランドクルーザー100系のデビューから1年遅れでシグナスは国内へ投入されます。4灯式ヘッドランプやフロントグリル、16インチアルミホイールなどの専用装備、AHC&スカイフックTEMSなどの高級装備が惜しげなく投入された最上級SUVとして登場しました。ATは直線シフトゲートの4速。センタークラスターとフロアコンソール、ステアリング、シフトレバーなどには本木目が採用されている。この時期のインパネデザインは100系と共通で、後期のものに比べやや無骨な印象です。デビューから1年を待たずして、予防安全装備のVSC(ヴィークル・スタビリティ・コントロール)&アクティブTRC(トラクション・コントロール)が標準化されていますので、中古車購入時にはその有無をチェックしましょう。

シグナス第2世代(2002年〜2005年)

r7kitp00000004d4

ATが5速化。インパネも100系とは異なる専用デザインへ

ランドクルーザー100系とともにATが5速化されました。フロントグリル、ルーフレール、リアデフレクターなどエクステリアデザインも一部変更。アルミホイールを16インチ→18インチ化し、リアコンビネーションランプにリアフォグランプを追加、バックランプはライセンスプレート脇へと移動しています。インパネも100系とは異なる専用デザインに変更されました。マークレビンソン・プレミアムサウンドシステム、ナイトビューが新たにオプション設定されるなど、装備をますます充実させていったのが第2世代です。2003年に全席まわりのウィンドウがグリーンに変更されたのもポイントです。

シグナス第3世代(2005年〜2007年)

r7kitp00000004cx

エクステリアをブラッシュアップし、高級感を演出

ヘッドライトのレンズがクリアからグリーンに変更。フロントグリルや18インチアルミホイールのデザインを変更し、リアコンビネーションランプをLED化するなど、エクステリアのデザインのブラッシュアップが進みました。

ランドクルーザーシグナス オススメの中古車在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ