【いいとこ取りな車】トヨタ ランドクルーザーシグナス:シグナスの特徴と解説

シグナスの記事|, , , ,

r7kitp00000003zo

シグナスの特徴

LEXUSブランドで北米で販売されたフルサイズSUV

1989年、トヨタは北米でプレミアムブランドLEXUSを立ち上げました。そこに1996年に投入されたSUVがランドクルーザー80系をベースにしたLX450です。専用デザインのフロントグリルやヘッドライト、バンパーなどが与えられたモデルでした。しかし80系は既にモデル末期で、デビューから僅か2年後の1998年にランドクルーザーは80系から100系へとモデルチェンジすることになります。LEXUSモデルも100系をベースとしたLX470へと進化し、国内への導入が期待された。しかし、その時点では日本へLEXUSは展開されておらず、100系のグレードに組み込む形で追加投入されたのがシグナスです。

エクステリア、インテリアとも専用デザイン

先代LX450は80系と基本的な造形を変えず、カラーリングやシートレザーを高級化したモデルでした。しかし、シグナス(LX470)はベース車と異なることが求められ、デザインされています。フロントマスクは4灯式ヘッドランプやボンネット一体型のフロントグリル、専用バンパーなどで大きく差別化されました。骨格こそ100系をベースとしたが、よりラグジュアリーで洗練された印象の外観となっています。さらに大きな違いはインテリアです。標準の本革シートの素材は100系のものと異なる上質なレザーを採用。ダブルステッチで丁寧に縫製された極上のシートが奢られました。

LEXUS基準で作られたプレミアムフルサイズSUV

フロントコンソールやセンタークラスター、パワーウィンドウスイッチベースに木目調ではなく本木目パネルが採用されている点もベース車との大きな違いとなっています。国内では100系の一モデルとして扱われたシグナスですが、そもそも外板の塗装から組み立て、内装の仕上げに至るまでLEXUS基準で作られた車です。クオリティが違って当然と言えるでしょう。そのうえ変更を重ねるごとに、夜間の視界を補助するナイトビューやマークレビンソンオーディオといったシグナス専用装備・オプションが充実していき、独自性を一層高めていきました。2007年、ランドクルーザーは200系へとバトンタッチし、北米では派生モデルのLX570が誕生しましたが、国内には導入されませんでした。その結果、シグナスは日本で唯一導入されたLEXUSフルサイズSUVとなったのです。

シグナスのボディカラー

特別仕様車には高級感溢れるボディカラーも設定

100系では最終型特別仕様車のみだったブラックをデビュー当初から設定。これにベージュメタリック、グリーンマイカをシグナス専用色として加え、オプションのホワイトパールマイカを含めた4色のカラーラインナップでスタートしました。その後、ダークグリーンマイカを廃止、ベージュメタリックをベージュパールクリスタルシャインに、ホワイトパールマイカをホワイトパールクリスタルシャインに変更。後期モデルではシルバーメタリックが設定されています。プレミアムエディションのプラチナムトーニングなど、特別仕様車には専用色を用意。いずれもシグナスの高級感に相応しい、深い色合いが特徴です。

【スペック表】

シグナス(UZJ100W・2005年式)
全長 4,890mm
全幅 1,940mm
全高 1,890mm
ホイールベース 2,850mm
トレッド

前/1,620mm

後/1,615mm

最低地上高 4220mm
車両重量 2,470kg
乗車定員8名
形式水冷V型8気筒DOHCガソリン・4,663cc
圧縮比9.6:1
最高出力173KW(235PS)/4,800rpm
最大トルク422N・m(43.0kgm)/3,600rpm
燃料/タンク容量ガソリン/96L
トランスミッション形式5速AT
変速比

1速:3.520

2速:2.042

3速:1.400

4速:1.000

5速:0.716

後退:3.224

駆動方式センターデフロック付きフルタイム4WD
副変速比1.000/2.488
最終減速比4.100
ステアリング形式ラック&ピニオン式
サスペンション

前:ダブルウィッシュボーン式トーションバースプリング

後:リジッドアスクル式コイルスプリング

主ブレーキベンチレーテッドディスク(前後)
タイヤサイズ275/60R18
新車時メーカー希望小売価格5,838,000円

記事評価&シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

関連リンク

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ