【最新版】トヨタ FJクルーザー:年式ごとの違い

FJクルーザーの記事|,

FJクルーザー

毎年のように改良が加えられたFJクルーザー

FJクルーザーは2010年の発売以降、ほぼ毎年のように改良が入っています。オプション装備変更からカラーバリエーションの追加まで、どのような軌跡をたどっているのかをご紹介します。

人気のFJクルーザー

2010年~2012年

FJクルーザー

エンジンは1種類、グレードは3種類のシンプルな日本仕様

2006年から北米で発売され、人気を博していたFJクルーザーを右ハンドル化し、日本の法規に対応させて国内導入されました。北米仕様との違いは、エクステリアではサイドアンダーミラーの追加、リアライセンスプレートのガーニッシュ追加など、最小限の仕様変更に留めて国内導入されました。エンジンやトランスミッションの組み合わせは1種類のみです。グレードも「FJクルーザー」(ベースグレード)と「カラーパッケージ」、「オフロードパッケージ」の3種類のシンプルな展開となっています。

後年、パッケージや装備の追加はありますが、基本的な構造はデビューから現在(2015年)まで変わっていません。国内デビュー翌年の2011年には「ブラックカラーパッケージ」「レッドカラーパッケージ」も設定されました。

2012年~2013年

FJクルーザー

クロールコントロールを標準装備

「オフロードパッケージ」車に、オフロード走行時にダイアル操作で一定速度に保ってくれる電子デバイス「クロールコントロール」を標準装備しました。また、ホワイトルーフと組み合わせたツートーン仕様の外板色に、新色のオレンジ、グレイッシュブルーなどを含む全6色が設定されました。なお、前年に設定された「レッドカラーパッケージ」は廃止されています。

2013年~2014年

FJクルーザー

新型ホイールやパフォーマンスダンパーをオプションで設定

新デザインの17インチアルミホールや、快適な乗り心地とシャープなハンドリングを両立するパフォーマンスダンパーをオプションに追加しました。ホワイトルーフと組み合わせたツートーン仕様のボディカラーに「スモーキーブルー」、「ダークグリーン」を含む全7色が設定されています。

2014年~

FJクルーザー

新デザインのアナログメーターが採用

インテリアで新デザインのアナログメーターを採用、エクステリアではフロントフォグランプをオプションで設定しました。ボディカラーはホワイトルーフとイエローのボディを組み合わせたツートーンイエローなど、全6色が設定されています。

FJクルーザー オススメの中古車在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ