トヨタ ランドクルーザープラド120とランドクルーザープラド150。今更だけど徹底比較!

ランクルプラド120の記事|, , ,

120プラドと150プラド

中古車価格が手ごろになってきたランドクルーザー120プラド

トヨタのランドクルーザープラド120といえば、ミドルクラスSUVの高級化路線に拍車をかけるキッカケを作ったモデルとして有名なクルマです。どちらかというとクロカン志向だった先代のランドクルーザー90プラドから路線変更をして、当時の高級セダンにも負けない内装の質感や静粛性を手に入れました。トヨタの高級ブランドであるレクサスにも、ランドクルーザープラド120をベースにしたLX470というモデルが投入されるなど、日本だけではなくは海外でも大成功を収めたモデルでもあります。

エンジンラインナップやボディタイプも豊富で、ボディにはロング(5ドア)とショート(3ドア)の2種類のボディが用意されました。エンジンには、直4 3000cc コモンレール式直噴ターボの1KD-FTV、V6 3400cc ガソリンエンジンの5VZ-FE、直4 2700cc ガソリンエンジンの3RZ-FEの3タイプが選択できました。(海外の一部では、V6 4000ccの1GR-FE型やV8 4700ccの2UZ-FEも搭載されています)ヨーロッパを意識したスタイリング、内装の質感や静粛性能、さまざまなニーズに対応するモデルラインナップで、中古車のタマ数も多く魅力的なSUVです。生産終了から早くも9年が経ちましたが、まだまだ現役で通用する120プラドは値段が落ち着いてきたこともあり、フレックスのランドクルーザー販売店でもじわじわ人気が上昇中のモデルになってきました。お客様から、「ランドクルーザープラド150と何が違うの?」という質問を頂くことが増えてきましたので、現行モデルのランドクルーザープラド150とランドクルーザープラド120を比較してみたいと思います!

ロング(5ドア)とショート(3ドア)から選べる120プラド

ランドクルーザープラド150よりも全体的に丸みを帯びたデザインのランドクルーザープラド120の内装

ランドクルーザープラド150では無くなってしまいましたが、ランドクルーザープラド70からランドクルーザープラド120まで続いていたショート(3ドア)ボディがラインナップにあるのも120プラドの大きな魅力です。全幅こそロングボディと変わりませんが、3ドアのショートは5ドアのロングと比べて375mmも短く、最小回転半径も0.6m小さい非常に扱いやすいボディサイズになっています。街中や駐車場で取り回しが良いのはもちろん、オフロードでもショートボディの方が有利に働きます。うっそうと茂る木の間をすり抜けるのが得意なこともありますが、ショートボディの方がランプブレークオーバーアングル(前タイヤと後ろタイヤの下端から、ボディの中央下部までの角度のこと)が深いため、下回りをヒットしてしまう確率も減ってくるからです。ロング(5ドア)ボディに関しても、ランドクルーザープラド150より全長と全幅が小さく、一回り小さい扱いやすいボディサイズになっていますよ(全高はランドクルーザープラド150の方が低いです)。それでは、各ボディサイズを表にしてみましたのでご覧になってください。

車種 ランドクルーザー120プラド(ショート) ランドクルーザー120プラド(ロング) ランドクルーザープラド150
全長 4,340mm 4,715mm 4,760mm
全幅 1,875mm 1,875mm 1,885mm
全高 1,870mm 1,855mm 1,835mm
最小回転半径 5.1m 5.7m 5.8m
車両重量 1,790~1,830kg 1,880~2,060kg 2,040~2,300kg
駆動方式 フルタイム4WD フルタイム4WD フルタイム4WD

※ボディサイズは代表的最終モデル(オプション装備等を除く)
※車両重量はオプション装備等を除く

120プラドと150プラドのインテリアの違い

本革シートやベージュの内装など、ランドクルーザープラド120の内装は今見ても高級感たっぷり

ランドクルーザープラド120の内装は、世界中に高級化路線を示すことを目的として、ランドクルーザープラド90から比べて大幅な質感アップが図られています。当時のトヨタ最高級セダンであるセルシオの内装によく似たデザインで、曲線を多くつかったダッシュボードのデザインや、センター上部に埋め込んだディスプレイ、各部の色使いや木目パネルの配置などは高級車そのもので、ベージュには本革シートもオプションで選ぶことができます。当時のSUVといえばどちらかというと泥臭いイメージだったので、なかなかユーザー層を広めることができませんでした。しかし、ランドクルーザープラド120のラグジュアリーな内装デザインは高級車を求むユーザーにも響き、いままでにないユーザー層を取り込むことにも成功しました。

ランドクルーザープラド150の内装は、直線を多くもちいたデザインと大きなダイヤル類が特徴的で、ラグジュアリーというよりはスタイリッシュな印象です。ランドクルーザープラド150の内装が洗練されていることは言うまでもありませんが、120プラドの内装は9年経ったいまでも十分高級感を感じる仕上がりになっていますよ。ちなみに、ランドクルーザープラド150よりも全高が高い120プラドの室内は、室内高も若干高いので居住空間も広く感じることができます。参考にランドクルーザープラド120の室内サイズと、ランドクルーザープラド150の室内サイズを表にしてみましたのでご覧になってください。

車種 ランドクルーザー120プラド(ショート) ランドクルーザー120プラド(ロング) ランドクルーザープラド150
室内長 1,805mm 2,520mm 2,520mm
室内幅 1,535mm 1,535mm 1,565mm
室内高 1,260mm 1,260mm 1,240mm
乗車定員 5名 5~8名 5~7名

最新モデルの150プラドにも負けない高い性能を誇る120プラド

120プラド リア

アクティブTRC&トルセンLSD搭載で、強力なトラクションを発生する両車の駆動系

ランドクルーザープラド120やランドクルーザープラド150には、悪路での走破性を高めるためにさまざまな技術が盛り込まれています。まず、両車に付いている装備から説明させていただきますね。まず、センターデフにはスリップの少ないトルセン式のLSDが採用され、センターデフロックも装備しています。ランドクルーザープラド120の上級グレードには、リアサスペンションに電子制御エアサスペンションが採用されたほか、アクティブTRCと+VSCも採用されました。また、120プラドは全グレードで2速のサブトランスファーを備えていて、ランドクルーザープラド150よりも車体が軽量なこともあり、極低速時の登坂性能や悪路走破性はランドクルーザープラド150を上回るのではないかと言われています。

ランドクルーザープラド150のドライブトレーンは、ランドクルーザー200から譲り受けた電子制御技術のかたまりになっています。KDSSは路面状況に応じて前後スタビライザーの効きをコントロールすることで、車両姿勢を最適に保ちます。クロールコントロールは、エンジンの出力とブレーキの効き具合を自動的にコントロールして、低い速度での走行時にトラクション(タイヤが路面を押し付ける力)を最適化するシステムです。そしてマルチテレインセレクトは、路面の状況に合わせて5つのモードをダイヤルで切り替え、最適な駆動状態に自動的に変えてくれる機能です。これらの機能を両車比較してみると、サブトランスファーを備えたランドクルーザープラド120は低速寄り、ランドクルーザープラド150はある程度高速での悪路走破性に軍配が上がるでしょう。どちらのプラドも、日本で使用する分には必要以上の機能を搭載しているとハッキリ言い切ることができますよ。

色あせない魅力がある120プラドvs最新技術の要塞150プラド

お手頃価格のランドクルーザープラド120も現行車のランドクルーザープラド150も、どっちも捨てがたい!

ここまでランドクルーザープラド120とランドクルーザープラド150の比較をさせていただきましたが、どっちも違う魅力を備えているクルマだと分かっていただけたと思います。走行性能や快適に移動するための装備もほとんど変わりませんから、どちらを選ぶかはスタイリングの好みになってしまうかもしれません。ランドクルーザーシリーズすべてに言えることですが、売却時の値段も高いので普通車のように損をした気分になることもありませんよ。

普段走っているときは性能の違いを感じることの少ない両車ですが、ランドクルーザープラド120は生産から9年が経っていますので価格が大変お手頃になっています。ランドクルーザープラド120とランドクルーザープラド150の最上級グレード同士で比べてみても、100万~300万円ほどの差が出ることもありますから、ご予算にあわせて選ぶのも良いですね。フレックスは、ランドクルーザープラド120とランドクルーザープラド150の中古車や新車をたくさんご用意していますよ。お手頃な価格になってきたランドクルーザープラド120に関することも、最新型のランドクルーザープラド150のこともすべて、全国のフレックスランドクルーザー取扱店までお気軽にご連絡くださいね。

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザープラド120とランドクルーザープラド150。今更だけど徹底比較! 」 に関するページです。

ページトップへ