【車旅】寄らなきゃ損! 大人も子ども遊べる道の駅5選 関東版

ライフスタイルの記事|

家族で楽しめる道の駅

目次

1日中遊べる! 大人も子どもも楽しめる道の駅をご紹介

全国に1,000か所以上もあるという道の駅。ドライブのついでに必ず立ち寄るという人も多いのではないでしょうか。今やブームともなっている道の駅ですが、民芸品や農産物などを売っているだけではありません。中には温泉付きやさまざまな体験やレジャーを楽しむことができる道の駅など、ドライブのついでに立ち寄るだけではもったいないというものも。車だからこそ立ち寄れる道の駅は、駐車場が広くて無料なのも嬉しいポイントです。わざわざ遊びに行きたくなる、大人も子どもも楽しめる魅力たっぷりの道の駅をご紹介します。

Renoca 特設サイトはコチラ

国土交通省「全国モデル道の駅」6選に選出! 体験工房やグルメ&アスレチック、温泉を家族全員で楽しもう

chrさん(@chiiiiihs)がシェアした投稿

道の駅 川場田園プラザ ミート工房や本格石窯で作るピザ工房もある!

関越道沼田ICより川場村方面へ車で約10分の場所にある「道の駅川場田園プラザ」は、1日中いても飽きない人気の道の駅。国土交通省による「全国モデル道の駅」6選の1つにも選ばれたという実力派です。5万㎡の敷地には、ミート工房や本格石窯で作るピザ工房、絶品デザートまでグルメも大満足のお店に加え、陶芸や工作の体験教室などもあります。さらに、アスレチックやブルーベリー摘み取り体験など子どもも楽しめる場所がたくさんあるので、家族でのんびり過ごすのもおすすめです。遊んだ後はゆっくり温泉につかって帰るのもいいですね。芝生広場でのんびりしたいという方は、車にレジャーシートや遊び道具を積んで行くとよいでしょう。

道の駅川場田園プラザ

住所 〒378-0111 群馬県利根郡川場村大字萩室385
電話 0278-52-3711
営業時間 ファーマーズマーケット 9:00~17:00 ミート工房 10:00~15:00
URL https://www.instagram.com/explore/locations/298281/?hl=ja

天然温泉「延命の湯」をかけ流しにした贅沢な足湯で疲れを癒しながら八ヶ岳南麓を望む

@hanamiwakaがシェアした投稿

道の駅こぶちざわ 「スパティオ体験工房」では、子どもも楽しい陶芸、機織り、ステンドグラス、蕎麦打ちなど14種類の体験メニューを用意

中央道小淵沢ICより車で5分の場所にある「道の駅こぶちざわ」。併設の「スパティオ体験工房」では、陶芸やはた織りなど14種類もの体験メニューが用意されています。子どもに人気のあるのが羊毛フェルトやガラス磁器の絵付け、パン作り。大人には染めものやステンドグラス、そば打ちなどはいかがでしょうか。もの作りに熱中していると、1日では時間が足りないと感じるのではないでしょうか。体験工房以外にも、無添加の手作りジャムやパンが買えるショップやレストラン、天然温泉「延命の湯」を掛け流しにした贅沢な足湯などもおすすめです。八ヶ岳南麓の美しい自然も楽しめる絶好の場所にある道の駅ですので、ちょっと足をのばして大自然の中ドライブするのもいいですね。

山梨県北杜市 道の駅こぶちざわ

住所 〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町2968-1
電話 0551-36-3280
URL http://mkobuchisawa.jp/

超巨大な道の駅は大人も子供も楽しめる滞在体験型ファーム! 野菜収穫&天然温泉&温水プール&ドッグラン!

道の駅うつのみや ろまんちっく村 敷地面積は東京ドーム10個分

東北自動車道宇都宮ICから車で約5分の場所にある「道の駅うつのみや ろまんちっく村」は広さ46ha(東京ドーム10個ぶん)という道の駅。滞在体験型ファームとして、農業収穫体験プログラムなども開催しています。のんびりした里山の中で、日頃土に触れる機会の少ない都会っ子も自分の手による野菜の収穫や森遊びに大喜びするのではないでしょうか。農産物の直売所もありますし、さらに園内には温水プールやスパ、天然温泉、宿泊施設もあるという、もはや道の駅を通り越したスケールです。車での移動に疲れたワンちゃんには嬉しいドッグランもあるので、ペット連れのドライブ途中に立ち寄る方にもおすすめです。

栃木県宇都宮市 道の駅うつのみや ろまんちっく村

住所 〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙254番地
電話 028-665-8800
営業時間 村市場と情報センターは8:30~18:00
URL

磯遊びをしよう! 千田海岸の潮だまりで海の生物観察!

道の駅ちくら潮風王国 70トンクラスの漁船「第一千倉丸」の中で遊べる!

富津館山道路富浦ICから約40分の場所にある「道の駅ちくら潮風王国」。海辺にある道の駅で、1日磯遊びをして過ごすことができます。豊富な海の幸に舌鼓を打った後は、王国の下にある千田海岸で遊びましょう。大潮前後の干潮時には、岩場が顔を出すので、潮だまり(タイドプール)で海の生物の観察ができますよ! また、広い芝生の公園広場でピクニック気分を味わったり、自由に中に入れる70tクラスの漁船「第一千倉丸」を遊具代わりに遊んだり、子どもにもおすすめの道の駅です。人気のレストラン&カフェからは太平洋を望む絶景も楽しめます。漁協直営ショップで水揚げされたばかりの鮮魚などお土産にぴったりでつい買い過ぎてしまいそう。春先は、車で足をのばして房総のお花畑をまわってみるのもおすすめです。

千葉県南房総市千倉町 道の駅ちくら潮風王国

住所 〒295-0025 千葉県南房総市千倉町千田1051
電話 0470-43-1811
営業時間 潮風王国本館は8:30~17:00(店舗による)
定休日 水曜日(1~4月、8月は無休)
URL http://shiokaze-oukoku.jp/

谷川岳の玄関口である「みなかみ」でクライミングウォール体験

道の駅みなかみ水紀行館 SLみなかみが走る姿も見られる

関越道水上ICから約5分の場所にある「道の駅みなかみ水紀行館」は、ロッククライミングが体験できるちょっと変わった道の駅です。谷川岳の玄関口でもある水上らしく、本格的なクライミングウォールがあります。利用できるのはインストラクターがいる時のみですが、きちんと基本を教えてもらえるので子どもと一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか。その他、利根川を眺めながらの足湯や淡水魚の水族館、子どもには隣の清流公園での川遊びもおすすめです。日によってSLみなかみが走る姿を見られるので、電車好きの子どもなら大喜びするはず。冬は積雪が多いのでチェーン又はスタッドレスタイヤ必須です。

群馬県利根郡みなかみ町 道の駅みなかみ水紀行館

住所 〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原1681-1
電話 0278-72-1425
定休日 7~10月 無休 11~6月 第2・第4火曜日
URL http://www9.wind.ne.jp/mizukikou/index.htm

アルファードじゃなくて、『Renoca』(リノカ)に乗って出かけよう

トヨタが世界に誇るランドクルーザーとハイエースはいかが?

車で行けるおすすめのスポットをご紹介しました! 行き先が決まったらあとは、どんな車に乗るかですよね。でも、大切な人を乗せるとなると、ちょっと迷っちゃうのが実際。そりゃ当然です。世の中には星の数ほど車があるのですから。そこでおすすめなのが、トヨタのランドクルーザー。世界で一番頑丈だと言っても過言ではないランドクルーザーは、万が一のときにもあなたの大切な人をしっかり守ってくれます。そしてその思いは、助手席や後部座席に乗っているだけでも伝わってくるものです。それからもう一台おすすめなのがトヨタのハイエース。これもまた日本が世界に誇る名車ですね。タフだし、大人数でも乗れ、荷物のかさばるスノーボードやサーフィン、あるいはキャンプなどのアクティビティにも余裕で対応できる一台は、あなたの大切な人たちを楽しくさせてくれる最高のパートナーとなることでしょう。

リノベーションしたランドクルーザーやハイエースを乗りこなす

どちらの車の良さもわかったけれども、見た目が少し無骨過ぎるかな~という方には、Renoca(リノカ)という選択肢もあります。「リノベーションカー」を名前の由来とするこのRenoca(リノカ)では、今説明したランドクルーザーやハイエースの中古車(一部新車を含む)を、あなた好みのおしゃれな一台に変身させることができます。もっとポップに、もっとクラシカルに。外見だけでなく、内装だってあなたの趣味やライフスタイルに合わせた内容に変更可能。Renoca(リノカ)のウェブサイトにあるシミュレーションページでは、ボディカラーからシートカラー、ホイールの種類まで、あなただけのリノベーションカーをつくることができます。面白いので、ぜひ試してみてください! 一緒に乗る人と一台つくってみても楽しいかもしれませんよ!

自分のリノカをつくってみる

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPの オススメの中古車在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ