【予約販売開始】話題のラグジュアリーなフルサイズワゴン、トヨタ グランエース

ハイエースの記事|,

トヨタ グランエース 11月25日全店予約販売開始

フレックスのハイエース取扱い店では2019年11月25日~12月15日まで、新型ミニバン グランエースの新車予約販売を受け付けます!納期半年待ちと予想されるグランエースが、先行予約販売で即納車で手に入るチャンスです。

フロアーマット、T-CONNECTナビ、後席モニター、ビルトインETCナビ連動型の4点セット総額35万円分を全て装着済みで、6人乗りPremiumグレードは650万円(税込)、8人乗りGグレードは620万円(税込)となります。ワイドなボディを活かした圧倒的な存在感を有し、上質かつ快適な移動空間を提供するまさに“ラグジュアリー”なフルサイズワゴン、購入ご検討の方はお気軽に最寄りのフレックスハイエース取扱い店にお問い合わせください。

さて、ここからは、「まだグランエースの事をあまり知らないよ!」という方のために、ラグジュアリーな内外装のデザイン、ボディサイズ等のスペックなどを紹介していきます。東京モーターショー2019で見逃した人は是非ご一読ください!

グランエースはどんなクルマ?

グランエースのテーマは「上質かつ快適な移動空間」です。グランエースは上質な室内で、乗員が快適な移動ができることに主眼に置いた、フルサイズワゴンとしての性格が与えられています。そのため、海外向け新シリーズハイエースと基本的な部分は同一としつつも、前後の意匠を大きく変えて存在感と高級感をアップさせています。

トヨタ グランエース

海外では「ハイエース」「マジェスティ」などの名前で販売

2019年2月にフィリピンで世界初公開となった海外向けの新シリーズハイエースが、高級な仕様となりグランエースとして日本に導入されることになりました

高級ホテル・旅館、空港アクセス、企業送迎などの潜在ニーズに期待大

現在、ハイエースのコミューターやライバルの日産 キャラバンなどがワイド・ロングボディの送迎車として利用されています。アルファード/ヴェルファイアなどのミニバンも送迎用に使用されることが多くなってきました。ところが、国産メーカー発の大型セミボンネットバン、しかも高級な室内を持つ送迎車という存在はあまり例がありませんでした。

高級感のある内装や快適性の高さ、品のあるデザインを持つグランエースは、ホテルや旅館の送迎、法人・企業の送迎などの快適な移動が求められる用途に活用されるでしょう。法人ユースをターゲットとしているようですが、個人の需要も期待されています。

高級車にふさわしい質感とデザインのエクステリア

トヨタ グランエース

新シリーズのグランエースはエンジンの位置が現行のハイエースとは異なります。前席の下にエンジンが置かれている現行のキャブオーバー型から、アルファード/ヴェルファイア等のミニバンと同じく運転席より前のボンネットにエンジンを置くを持つ『セミボンネットタイプ』へと変わります。ミニバン形状となることで空間効率は下がりますが、車内に伝わる振動・ノイズが抑えられます。また前突をした場合でもボンネットが衝撃を受けてくれるため、安全性も向上。

トヨタ グランエース

その突き出たフロントには、金属調加飾の大型ラジエーターグリルとグリル枠と連動してヘッドランプに突き刺さる特徴的なイメージのLEDデイタイムランニングライトと、クロム加飾フレームで囲んだプロジェクター式2眼LEDヘッドランプ(昼:デイライト、夜:クリアランスランプ)を装備。これらの装いが高級車に相応しい先進性を与え、押し出しの強いフロントフェイスを作り出しています。

「上質なおもてなし空間」のインテリア

トヨタ グランエース

従来、4名のVIPを快適に送迎する場合は、2台の高級セダンを必要としていました。後席に4名以上を乗せることができる高級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアであっても、3列目の居住性が2列目に比べて大幅に下がります。

しかしグランエースの3列6人タイプでは、専用の左右独立型本革キャプテンシートを採用しています。背もたれ・オットマンなども電動で調整することも可能、リアの4座すべて“ゆったりとくつろぐ”ことが可能な座り心地も向上しています。この3列シート6人乗りに加え、4列シート8人乗りの2タイプも設定しています。

トヨタ グランエース

そしてテーマを“上質なおもてなし空間の提供”としているように、フロントシート背面からサイドトリムに向かって木目調加飾が配されるほか、加飾部には優しくLEDサイドカラーイルミネーションが灯り、華やかかつ落ち着きのある上質な車内空間を備えています。

トヨタ グランエース

後席からも見えるフロントシートまわりにはブラックを基調としたインストルメンタルパネル、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面には木目調加飾を施しています。メーターフードにも表皮巻きとステッチをあしらって華やかさと上質さを演出しています。

気になるボディサイズやエンジンなどの主要スペック

トヨタ グランエース

LLサイズのミニバンよりも大きなフルサイズワゴン

グランエースのベースとなるのは海外向けの新シリーズハイエース。その中でも「ショート・標準ルーフ」ボディというサイズにあたります。ショート・標準ルーフでありながら、フルサイズのミニバンであるアルファード/ヴェルファイアに比べるとグランエースの巨大さが良くわかります。

グランエースのボディサイズは全長5300×全幅1970×全高1990mm。対してアルファード/ヴェルファイアは全長4,935×全幅1,850×全高1,935~1,950mm。全長365mm、全幅120mm、全高40~55mmとそれぞれ大きいことになります。ホイールベースは3210mmと長めでありながら、最小回転半径が5.6mと小回り性も優れていますので、日本の狭い道でも安心です。

アルファードの室内高は1400mmに対して、グランエースの室内高は1290mmと110mmほど低くなっています。駆動方式がFRであるため、フロントのからの駆動力を後輪へ伝えるプロペラシャフトをカバーできる位置に床面を設定する関係からFF駆動のアルファード/ヴェルファイアに比べて室内の床の高さが上がっています。しかしこれにより高級セダンの後席に座るような落ち着きを与えてくれる効果があるようです。

トヨタ グランエース 主要スペック(日本仕様・社内測定値)
全長×全幅×全高5,300mm×1,970mm×1,990mm
室内長×室内幅×室内高3,290mm×1,735mm×1,290mm
ホイールベース3,210mm
トレッド1,670mmm
駆動方式FR(後輪駆動)
乗車定員6名/8名
エンジン種類1GD型クリーンディーゼルエンジン
総排気量2,754cc

熟成されたエンジン、耐久性の高いボディと乗り心地を向上させた足回り

グランエースに搭載されるエンジンは2.8リッターの1GD型クリーンディーゼル、トランスミッションは6速オートマチックで、滑らかでありながらトルクフルな走行を可能としています。

後席に座る乗員の快適移動に特に留意した設計が行われています。新開発のトレーリング車軸式リアサスペンション、環状骨格構造の採用による高い剛性を持つボディ。特にサスペンションについてはグランエース専用にチューニングされており、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現。

振動・遮音対策も徹底されており、高級ワゴンにふさわしい静粛性も追求しています。

先進安全機能も充実

先進安全機能も充実

もちろん安全装備も充実しており、歩行者や自転車運転者(昼)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」、駐車場などでの低速走行時の衝突緩和・被害軽減に与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」などを備えています。

グランエースの広さを用いて、今後はキャンピング仕様など様々な派生形が登場するのではないでしょうか。また外観デザインの存在感も強いため、さらにスタイルを強調するようなドレスアップパーツが各社からも登場するでしょう。いまから楽しみですね!ご購入をお考えの方はお気軽に最寄りのFLEX ハイエース取扱い店にお問合せ下さい!

記事評価&シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ