ハイエースの購入を考えた時、あなたはどんな車種と比較検討したことがありますか? ハイエースは人や荷物をたくさん積むことを前提として選ばれるクルマですから、比較されるクルマもその用途に応じた車種になることがとても多いです。国産車にはさまざまな車種やボディタイプ別のセグメントが存在し、ミニバンだけに限定しても車種の数は膨大です。今回は、ハイエースと比較されることの多い車種のなかでも、一番比較されることの多い「国産Lサイズミニバン」に限定して比較していきます。走行性能、燃費、使い勝手など、気になるクルマとの比較をして、それぞれのクルマの長所や短所を見つけてクルマ選びに役立ててみてくださいね。

人気のハイエース200

ハイエースと国産Lサイズミニバンの違い

ハイエースとアルファードの違い

ノーマルなら国産Lサイズミニバンの方が豪華、カスタムの自由度ならダンゼンハイエース!

ハイエースと他の国産Lサイズミニバンでは、ベース車体のコンセプトがそもそも違います。アルファード/ヴェルファイア(以下、アル/ヴェル)、エルグランドなどは、基本的なコンセプトは「人をたくさん乗せて快適に走る」ことです。対するハイエースはもともとが商用車ベースということもあり、足回りやボディは「より多くの荷物を載せる」ための構造になっています。この基本コンセプトの違いから、ノーマル状態での乗り心地や遮音性は、国産Lサイズミニバンに軍配が上がってしまうのは致し方のないことです。それでは、国産Lサイズミニバンの方が優れているのかというと、決してそんなことはありません。確かにノーマル状態だとそれらに敵わないハイエースワゴンですが、ハイエースの魅力はそれらを改善、または自分好みにカスタムできる「伸びしろ」にあります。そして、Lサイズミニバンでは成しえない圧倒的な広さが最大の魅力です。実際に、アル/ヴェル・エルグランドからハイエースワゴンに乗り換えるお客さまもとても多いんですよ。それではまず、代表的な国産Lサイズミニバンとハイエースを数値で比較してみましょう。

ボディサイズはほぼ同じ、運転のし易さなら実はハイエースが上!

ハイエース、アル/ヴェル・エルグランドともにグレードによってボディサイズが違いますが、標準的なモデルだと全長はアル/ヴェル・エルグランドの方が7~10㎝ほど長め(ハイエースのグランドキャビンになるとハイエースの方が長くなります)。全幅はハイエースの方が3㎝広く、全高は15~20㎝近くハイエースの方が高くなっています。この数値だけ見るとハイエースがとても大きく感じ、なんとなく運転しづらそうなイメージを持ってしまいますよね。やっぱりアル/ヴェル・エルグランドの方が取り回しがいいのでは、と思うかもしれませんが、取り回しの良さは実はハイエースの方が上です。ハイエースは運転席の下にエンジンがあるキャブオーバー型と呼ばれるボディタイプなので、ボンネット部分がなく非常に見切りがいいんですね。また、シートポジションが高いので見通しがいいのも取り回しがいい理由の1つです。たとえば、アル/ヴェル・エルグランドを慣れない方に運転を任せるときも、大柄なボディの運転に慣れてない人はハイエースの方が怖さはないはずです。実際、カタログスペックの最小回転半径もハイエースが5.2mと一番小さくなっている点にも注目してください。

日産 エルグランド トヨタ アルファード トヨタ ハイエースワゴン
全長 4,915~4,975mm 4,915~4,935mm 4,840~5,380mm
全幅 1,850mm 1,850mm 1,880mm
全高 1,805~1,815mm 1,880~1,950mm 2,105
乗車定員 7~8人 7~8人 10人
排気量 2.5~3.5L 2.5~3.5L 2.7L
2WD,4WD種別 2WD,4WD 2WD,4WD 2WD,4WD
エンジン種別 ガソリン ハイブリッド、ガソリン ガソリン
最小回転半径 5.4~5.7m 5.6~5.8m 5.2~6.1m
新車価格 3,213,000~6,458,400円 3,197,782~7,036,691円 2,705,891円~3,826,145円

人や荷物をたくさん載せたい、趣味で使い倒したい方はハイエースを選ぶべし!

ハイエースバンナロー後方視界

ハイエースは人が10人乗れる、積載性も圧倒的にハイエースの勝ち

アル/ヴェル・エルグランドは7~8人乗りで、10名乗車が可能なハイエースワゴンより乗車定員が少なくなっています。ご家族や両親を一度に乗せたり、近所の友人家族と出かけたりすることが多い、もしくは子供のクラブ活動の送迎がある方などにハイエースワゴンは圧倒的に支持されています。また、どちらの車も後部座席を折りたためば積載性が高くなりますが、貨物車としてのルーツを持つハイエースの方が荷室の広さは圧倒的です。最後部のシートを折りたたんだ状態での乗車定員はアル/ヴェル・エルグランドだと4~5人乗りですが、ハイエースワゴンであれば6人+大容量の荷室空間が確保できます。ハイエースワゴンはマリンスポーツやウィンタースポーツをする人に多いのですが、頻繁に大きな荷物を出し入れする方や、送迎用リムジンの用途にも圧倒的に支持されています。ハイエースワゴンの場合、車中泊のできるオリジナルシートにカスタムする方も多いのですが、フレックスではオリジナルシートのバリエーションも多数用意していますので、自分の使い方に合ったシートにすることも魅力のひとつです。また、そういったシートにカスタマイズしてもハイエースの積載性の良さが失われることはありませんよ。

ハイエース・レジアスエース オススメの新車・中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「ハイエースvs国産Lサイズミニバン 違いを徹底比較します! 」 に関するページです。

ページトップへ