【最新版】トヨタ ランドクルーザー55:先代モデルからの進化ポイント

ランクル55の記事|, , ,

ランドクルーザー55

エクステリア

ドアヒンジの見えない近代的なドアボディーを採用

FJ55Vの先代モデルは40系の4ドアロングであるFJ45Vですが、いわゆるジープタイプの40系から脱却したステーションワゴンを目指したFJ55Vには、大胆なイメージチェンジが図られています。エクステリアにおける最大の変更点は、ドアヒンジの見えない近代的な専用4ドアボディーの採用でしょう。独立式フロントフェンダーと寄り目タイプの丸目2灯ヘッドランプにわずかに40系のイメージを残しながら、当時併売されていた40系との違いを明確にデザインされました。リアゲートには観音開き式と、ガラスが電動で開閉する下開き式の2タイプを設定するなどの近代化も図られています。なお、後期型の56Vではボンネットにバルジが設けられ、ウインカーと車幅灯が一体化され、この部分で前期型と後期型を見分けることができます。

インテリア

ランドクルーザー55

作業車然としたFJ45Vから大幅に進化したインテリア

作業車然としたFJ45Vからインテリアにも大きく変更の手が加えられました。インパネには発泡ウレタン製の保護パッドが貼られ、メーターは2眼式の乗用車的なデザインに変更。フロントのベンチシートには発泡レザーを使用した分厚いシートを採用し、リアシートは前向き型で背もたれの裏側が荷室の床面になるタイプのシートになりました。なお、後期型の56Vでは、フロント・ウインドシールドが曲面ガラスとなると同時に三角窓が廃止されています。このほか、フロント・セパレートシートが選べるようになりました。

エンジン

先代からのF型エンジンを継承、後期には2F型を搭載

FJ55VのエンジンはFJ45Vに搭載されていたF型(直6・OHVガソリン/125PS)エンジンを継承したものですが、その後130PS仕様に変更されています。後期型のFJ56Vには排気量がアップした2F型が搭載されました。

スペック

型式 排気量 最高出力(グロス) 最大トルク
FJ55V F型 水冷直6・OHVガソリン 3,878cc 125PS / 3,600rpm 29.0kgm / 2,000rpm
FJ55V後期 F型 水冷直6・OHVガソリン 3,878cc 130PS / 3,600rpm 30.0kgm / 2,200rpm
FJ56V  2F型 水冷直6・OHVガソリン 4,230cc 140PS / 3,600rpm 30.0kgm / 1,800rpm

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ