【最新版】トヨタ ランドクルーザー40系:先代モデルからの進化ポイント

ランクル40の記事|, , , , ,

ランドクルーザー40

ランドクルーザー40のエクステリア

スチール製になったドアなど20/30系から大幅に進化したランドクルーザー40

ランドクルーザー40系の先代モデルは1955年から1960年まで生産されていたランドクルーザー20/30系です。ショートボディではランドクルーザー20系のBJ25/FJ25(V)がFJ40(V)に、ミドルボディはランドクルーザー20系のFJ28(V)がFJ43に、そしてロングボディではランドクルーザー30系のFJ35VがFJ45Vにそれぞれ代替わりしました。

エクステリアの主な変更点は、キャンバス製からスチール製になったドアや腕木式からウインカーランプになった方向指示器、右側ドアミラーから「左右両側フェンダーミラーになったサイドミラーなどです。ただし、この年代の仕様変更は、生産ラインによって時期がズレたり、納入先に合わせて仕様を変えていたりするなど、必ずしも全モデルで一斉にマイナーチェンジが行われたとは限りません。上記に当てはまらない車両もあるでしょう。

ランドクルーザー40

また、ランドクルーザー40系では型式や年代が異なるモデルでも共通部品、あるいは流用可能な部品が数多くあり、年式や型式の異なるモデルのパーツが装着されているケースも多々見受けられます。ただ、これは長くランドクルーザー40を維持していくには嬉しい点と言えるでしょう。オリジナルにこだわらなければ、部品調達の可能性がまだまだ残されているということですから。

ランクル40の在庫を探す

ランドクルーザー40のエンジン

ランドクルーザー40

ランドクルーザー20/30系に搭載されていた3.9リッターエンジンを継承

FJ40/43/45Vのエンジンは、前身モデルにあたるランドクルーザー20/30系に搭載されていた3.9リッター直6・OHVガソリンのF型エンジンを継承したものになります。ただし、スペックは微妙に異なっています。

ランドクルーザー40のスペック一覧

燃料 名称 型式 排気量 最高出力(グロス) 最大トルク
ガソリン FJ25(V)/28(V)/35V F型水冷直6・OHVガソリン 3,878cc 110PS / 3,400rpm 27.5kgm / 2,000rpm
FJ40/FJ45V F型水冷直6・OHVガソリン 3,878cc 125PS / 3,600rpm 29.0kgm / 2,000rpm
FJ43/FJ40V F型水冷直6・OHVガソリン 3,878cc 130PS / 3,600rpm 30.0kgm / 2,200rpm
ディーゼル BJ40(V)/43 B型 水冷直4・OHVディーゼル 2,977cc 85PS / 3,600rpm 20.0kgm / 2,200rpm
BJ41(V)/44(V) 2B型 水冷直4・OHVディーゼル 3,168cc 93PS / 3,600rpm 22.0kgm / 2,200rpm
BJ42(V)/46(V) 3B型 水冷直4・OHVディーゼル 3,431cc 98PS / 3,500rpm 23.0kgm / 2,200rpm

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ