日本ではまず見かけないオーストラリア仕様、逆輸入車のトヨタ ランクル70(ディーゼルモデル)とは?

ランクル70の記事|, , , , ,

オーストラリア仕様、逆輸入車のランクル70(ランクル76)とは?

オーストラリアでは今も販売中、ディーゼル車のランクル70

こんにちは。ランクル宇都宮店の店長、中澤と申します。今後はランクル宇都宮店で取り扱っているランクルの中から皆さまにぜひ紹介したい車両を紹介したり、日々のカスタムや整備ネタをご紹介させていただいたりする予定です。よろしくお願いいたします。さて、第1回目はランドクルーザーの中でも一番骨太で四駆らしさがプンプン漂うランクル70についてお話ししたいと思います。というのも、国内では発売されていない超希少なオーストラリアからの逆輸入車が当店に入庫したからなんです。ランクル70と言えば、日本国内では1984~2004年まで販売されていたモデルと、ランクル70の30周年記念として2014年から1年間だけ再販されたモデルの2種類がありますね。再販モデルの4ドアバンの76とWキャブの79は大ブームを巻き起こしました。今でも再販モデルを取り巻く熱気は中古車市場で続いているわけですが、実は海外ではオーストラリアを中心にランクル70は通常モデルとして販売され続けています。再販モデルのランクル70とこの逆輸入車は共通点もありますし、違いもあります。この逆輸入車の取り扱いを機に、ランクル70の第二の故郷とも呼ばれているオーストラリアでのランクル70事情が気になってしまい、少し調べてみました。よろしければご覧ください。

人気のランクル70

ランクル宇都宮店 中澤店長

ランクル宇都宮店

中澤 次男

お客さんとしてランクル60を購入したのがきっかけでフレックスに入社。ランクル宇都宮店の店長を務める。家族揃ってのランクル好き。現在の愛車は左ハンドルのFJクルーザーで、ランクル40の増車を計画中。趣味は釣り。

日本以上にタフネスさが求められるオーストラリア

ランクル宇都宮店で販売中のオーストラリア仕様のランクル76

日本仕様には存在しないV8ターボディーゼル

まず、オーストラリア仕様のランクル70についてアウトラインを紹介しておきましょう。オーストラリア向けのランクル70には4つのボディバリエーションがあります。まず、日本で再販モデルとなった4ドアのワゴン(日本では商用車登録のためバンと言います)と4ドアのWキャブ(ピックアップ)。そして日本向けには存在しない2ドアのトゥループキャリアと2ドアのシングルキャブ(ピックアップ)です。このうち当店に入庫したのはワゴンですね。で、このワゴン、再販モデルとの決定的な違いはまずエンジンです。再販モデルではFJクルーザー等と共通の4リッターV6ガソリンエンジンが積まれましたが、この逆輸入モデルのランクル70ワゴンは4.5リッターのV8インタークーラー付きターボディーゼルエンジンを搭載しています。オーストラリア仕様のランクル70は現在、すべてのモデルにこのV8ディーゼルのみが搭載されているようですね。再販モデルのランクル70にもこのエンジンの選択肢もあったら面白かったでしょう。こちらの逆輸入車はボンネットに注目してください。中央に空いている横長の穴はエンジンルーム内にあるインタークーラーを冷やすためのものです。この冷却風の取り入れ口の存在によって搭載エンジンの種類がわかりますね。1VD-FTV型というこのディーゼルエンジンはもともとランクル70用に開発されたものでした。しかし今ではツインターボ仕様となってランクル200の輸出仕様に搭載されたり、トヨタのクルーザー(スポーツボート)に2基がけで搭載されたりもするタフネスさと発展性がある高性能ディーゼルなんですよ。

デザインではなく機能性を追求するのがオージースタイル

オージー仕様のランクル70には定番のシュノーケル

シュノーケルで水や土ボコリからエンジンを守る

そしてもうひとつの特徴は、外観からわかるように、ボンネットの右サイドからフロントピラーに沿って伸びるシュノーケルです。これはオーストラリア仕様ならではの装備です。右フェンダーを貫いてエンジンルーム内でエアクリーナーに接続していて、ルーフの前頂部あたりから空気を吸っているんですよ。土、ホコリ、水などがエンジンに吸い込まれないようにする役割を担っています。オーストラリア北部の熱帯雨林地方では、雨季になると郊外の道路が冠水することが頻繁にあります。生活道路でも腰の高さ以上の水位になることは珍しくありません。また、沿岸の都市部から内陸に向かうと、途端に景色は変わり赤い土のダート路になります。内陸部はあまり雨が降らないので土ボコリが大変なものなんです。こうした環境ではエンジンルーム内に水も土ボコリもダイレクトに入ってきます。普通にエアクリーナーから水を吸ったらエンジンはすぐに壊れますし、土ボコリを吸い込みすぎるとエアクリーナーが詰まってしまいエンジンのパワーが落ちてまともに走らなくなってしまいます。だからエンジンに取り込む空気はできるだけ高いところから吸い込む仕様になっているんですね。このシュノーケルはトヨタの工場(トヨタ車体・吉原工場)で取り付けられるメーカー純正パーツですが、オーストラリアの各パーツメーカーが多種多様なデザインのオリジナル品を販売しています。

lc70-16062906

オージースタイルのランクル70カスタム

オーストラリアでは日本以上にランクル70のカスタムが盛んです。自然の猛威や太古の時代から変わらない自然の厳しさはタフネスさを売りにするランクル70にとってもハンパじゃないんです。そのためカスタムのスタイルは走りや見た目よりタフネスさを追求するものがほとんど。シュノーケルはさらに空気をスムーズに取り込めるデザインのものがありますが、外観で目立つのはいわゆる頑丈なスチール製やアルミ製のバンパーです。それはグリルガードなんて生やさしいものではありません。ノーマルのバンパーを丸ごと外して交換するタイプです。もっともメジャーなのがARB社製のいわゆるARBバンパー。分厚いスチールかアルミ製で電動ウインチの搭載も可能。ユーザーによっては無線機の長いアンテナや補助ランプなどを取り付けたりします。ヘビーデューティーを絵に描いたようなこのバンパーは、郊外の夜間走行でカンガルーや鹿が飛び出してきた時にクルマを守ることも大切な役目です。もちろんオフロードで立ち往生した時や、他車が動けなくなった時のレスキュー時にもとても役立ちます。内蔵の電動ウインチ(別売)で引っ張ったり、バンパーにロープをつなげて引っ張ったりするので、とても頑丈でなくてはなりません。岩などにぶつけても少々のことでは変形しません。また、サスペンションのカスタムでは2インチ以上のリフトアップが基本です。スプリング交換だけによるものが多いのですが、スプリングもオーストラリア製を中心に、タフでヘタらないものが選ばれています。

lc70-16062907

ランクル70ならやっぱりディーゼル

さて、以上のような厳しい環境で育まれ、カスタムされるオーストラリア仕様のランクル70。話は戻りますが、今回当店に入庫したこのランクル70逆輸入車はもちろん右ハンドルです(オーストラリアは英連邦の国なので日本と同じ、左側通行で右ハンドルです)。ランクルには輸出先によってもちろん左ハンドルもありますが、日本のファンは「ランクルは輸出仕様でも右ハンドルがいい」という声が多いようですね。それから、ディーゼルエンジンですが、排気ガスはクリーンで日本では全国で登録が可能なNOx・PM法適合車となっています。シュノーケルも違法改造にはなりません。「ランクル70ならやっぱりディーゼル!」という熱いランクル70ファンの皆さんなら、一度は乗ってみたいと思いませんか? さらにバンパーやサスペンションに手を加えてオージースタイルをキメたい!という要望にもお答えしますよ。

オーストラリア仕様のランクル70 フォトギャラリー

車両問い合わせ:028-649-1333 車両詳細ページ

ランクル宇都宮店のオススメ中古車在庫

店舗案内

ランクル宇都宮店

ランクル宇都宮店

リフトアップの良質なランクル80を軸にランクル100、シグナス、70と豊富に取り揃えております。大人気のFJクルーザーもお任せ下さい。FLEXならではの全国ネットワークを駆使して最高の一台をあなたに。 アクセスも良い宇都宮店。是非ご来店ください。

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「日本ではまず見かけないオーストラリア仕様、逆輸入車のトヨタ ランクル70(ディーゼルモデル)とは? 」 に関するページです。

ページトップへ