【最新版】トヨタ ランドクルーザー70(ランクル70)再販モデル:シート&ラゲッジ

ランクル70の記事|, , , , ,

r7kitp0000000cca

ランドクルーザーならではの無骨で機能的なシート&ラゲッジ

ランドクルーザー70 30周年記念モデルの4ドアバンとダブルキャブピックアップトラックは、フロント、リアともに共通のシートとなっています。フロントは一般的な左右独立タイプでベンチシートの設定はありません。表皮はシートの背面、座面ともにファブリックとなり、大型ヘッドレストはビニール張りの仕様です。内装色はどのボディカラーを選んでもグレー色が組み合わされます。

注目のランクル70在庫

後部座席

天井に余裕があり、くつろぎやすい室内

リアシートは可倒式の3人掛けです。シートバックにリクライニング機構はないもの、天井のクリアランスに余裕があり、くつろげる仕様になっています。折りたたみ機構は、シートバックを倒してから座面ごと前に跳ね上げるタンブル式です。また、リアシート中央のみシートベルトは2点式ですが、両サイドは3点式シートベルトが備わっています。ちなみにフロントシート同様、サイドウインドウは電動式です。

4ドアバン

伝統の観音開きのテールゲートを採用

4ドアバンのテールゲートはランドクルーザー70シリーズ伝統の観音開きを採用、左右でドア面積が異なり、左4対右6の非対称となっています。ちょっとした荷物を出し入れするときは左側、つまり歩道側のドアだけを開ければいいのは非常に使い勝手がいいでしょう。4ドアバンのラゲッジスペースは奥行きが895mm、荷室幅1440mm、荷室高1120mmで、タイヤハウスの大きな張り出しが左右にあるものの、十分な積載スペースを確保しています。また、リアシートを折りたためば、奥行きは1365mmとなります。4ドアバンの最大積載量は2名乗車時が500kg、5名乗車時が350kgです。

ピックアップトラック

無骨で機能的なピックアップトラック

ピックアップトラックはダブルキャブながらも荷台長が1520mm、荷室幅は1600mm、荷室高さは400mmです。テールゲートは90度開いたところで、それ以上開かないようチェーンがストッパーになります。テールゲートを90度以上開けることは可能ですが、工具がないとこのチェーンを外せないようボルト留めされているので注意が必要です。ロープフックは荷台外側にそなわっており、いわゆる昨今のスタイリッシュかつ空力抵抗の少ないピックアップトラックとは一線を画しています。無骨で機能的なところがランドクルーザーらしいですね。

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ