モデリスタ トヨタ ランドクルーザー70:800台限定のレアモデル

ランクル70の記事|, , , ,

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

概要

70系をベースにランクル40系を再現した特別なモデル

ランドクルーザー・ネオクラシックPX10は、ランドクルーザー40系の復刻を望むコアなランクルファンの声に応えて1997年に限定発売された、言わばトヨタ純正のコンプリートカスタムモデルです。当時、ランドクルーザーの組み立てを行っていたトヨタ系ボディーメーカーのアラコ(ランクル40系生産時代は荒川鈑金工業、後の荒川車体工業)により、同社の創業50周年記念事業として企画されたモデルでした。企画発案段階では、アラコに保存されていたランクル40系のボディー金型を再利用しての完全な復刻版製造も視野に入れた案が検討されたようですが、コストなどの諸事情により、当時の70系バン・ミドルホイールベース車のシャシーを利用したカスタムモデルとなりました。

人気のランクル70

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

これを、やはりトヨタ系列会社の架装メーカーであるモデリスタが、同社のトヨタ・コンプリートカスタム・シリーズのPX10としてリリースしました。ちなみにこのモデリスタPXシリーズの4×4はこのほかに、ハイラックスサーフ130系(PX01)やRAV4(PX03)、ランドクルーザー90系プラド(PX11)、ランドクルーザー80系(PX20)などがありました。ランクルネオクラシックPX10は800台限定販売という形で市場に投入されましたが、現在の登録台数や現存台数は不明であり、ランクル史上でも上位を争うレアモデルとして扱われています。

ボディー&エンジン

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

フロントまわりは40系に忠実に再現

PX10のボディは、ベースとなったランクル70バン・2ドア・ミドルホイールベース(HZJ-73V)車のドアとリアゲート部分以外は新たに製作され、可能な限り40系に近づける努力が行われました。リアビューこそ、70系のイメージが拭いきれないフォルムとなりましたが、ボンネットやフロントグリルまわり、フロントフェンダー、バンパーなどは40系デザインにかなり忠実に作られています。また、ウインカー+車幅灯ユニットやフェンダーミラー、エンブレム等も当時のイメージのまま復刻され、ファンを喜ばせてくれました。

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

エンジンは、最高出力135PS/最大トルク28.5kgmを発生する1HZ型4.2リッター直列6気筒OHCディーゼルを搭載。トランスミッションは5速マニュアル、4速オートマチックの両方が用意され、もちろんトランスファーはローレンジを備える2速仕様でした。要するに中身はHZJ-73Vと変わらず…というよりそのものなので、70系バンの走行性能のそのままと言っていいでしょう。登録は1ナンバーの貨物登録となります。

インテリア

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

40系初期モデルの三角窓の復刻が嬉しい

インテリアは旧型プラドのインパネにアレンジを加えたデザインが施されました。鉄板むき出しだったランクル40系のインパネは、保安規準面で問題があり、復刻というレベルには達していません。しかし、オプションでボディー同色の“鉄板風パネル”を用意するなどの工夫も見られました。また、インテリアでもっともコダワリが感じられる部分は、ランクル40系初期モデルに見られた三角窓を設けているところでしょう。車内換気が瞬時に行えるなかなか機能的なこの三角窓は、実用的にも優れた装備と言えます。

ホールド性に優れ、腰痛対策にも有効な評価の高いシート

シートはごく普通のファブリック地のセパレートシートを標準装備としていましたが、当時のアラコのオリジナル商品だったAARシートがオプション設定されていました。ちなみにこのAARシートは、背もたれの中央部分にも関節が設けられているため腰の部分のサポートが微調整可能で、ホールド性に優れ、腰痛対策にも有効な評価の高いシートでした。なお、バン登録車のため、ラゲッジスペース確保の必要からリアシートは狭く、長時間乗るには辛いシートであったのは70系バンと同じです。

サスペンション&中古車市場

モデリスタ ランドクルーザー ネオクラシックPX10

信頼性の高い70系の足回りを採用

サスペンションはベース車であるランクル70系バンと同一の前後リジッドアクスル+リーフスプリング。耐久性、悪路走破性とも、信頼の置ける70系のサスペンションなので、レトロな外観とは関係なく、オフロードに積極的にトライできる足回りです。また、カスタマイズの自由度が高いことも、リーフ&リジッドの楽しいところ。70系バンのアフターマーケットパーツがほぼそのまま流用できることも、この手のカスタム4×4の利点です。

滅多に市場に出てこないレアモデル

もともと数が少ない限定バージョンなので、昔からネオクラシックPX10はレアモデルの代表格として扱われてきました。当然、中古車市場での流通も少なく、見つけたらすぐに手に入れないと次にいつ見つけられるか見当が付かないモデルです。ただし、本当の意味でのクラシックカーではないので、コンディションさえ良ければ普通に実用車として使い倒せる…そんなところも魅力的な1台です。

ランクル70 オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「モデリスタ トヨタ ランドクルーザー70:800台限定のレアモデル 」 に関するページです。

ページトップへ