r7kitp0000000aq7

60年以上続くランドクルーザーの歴史

「ランドクルーザー(以下、ランクル)」の名前を冠する車が生まれたのは1954年のことになります。同じ車名で継続生産される国産車としては、ランクルは最も長い歴史を持つ車です。そのルーツは1950年、自衛隊の前身となる警察予備隊と当時のアメリカ占領軍が、国産の小型四輪駆動車を求めたことに始まります。三菱、日産とともにトヨタも入札に名乗りを上げ、1951年に試作車として開発されたのがランクルの前身となるトヨタジープBJでした。採用こそ逃したものの、官公庁や企業への納入を求めてトヨタは開発を継続します。その結果、警察からパトロールカーとしての採用を取りつけ、1953年に量産が開始されました。当初はトヨタジープBJという名前でしたが商標権の関係から1954年にランドクルーザーという名前が与えられ、現在までの60年以上続く歴史がスタートしました。

人気のハイエース200

ニーズに合わせてさまざまな派生モデルが誕生

その後、官公庁や企業だけでなく民間への供給も狙って開発されたのがランクル20系。ジープ然としていた先代から構造、外観とも大きく進化し、平和的で愛らしいルックスとなりました。後に世界的な大ヒットを生む40系の前身のランクルです。1960年に登場した40系は24年にわたるロングセラーとなり、70系へと正当進化。それとともにランクル55/56という派生モデルも創出されました。初代ランクルから続いていた実用路線からランクル55/56のようなラグジュラリー路線が生まれたのは時代のニーズに即しての対応です。長い年月を掛けて各シリーズが独自の進化を果たし、さらにはプラドやFJクルーザーという分家も登場します。こうしてランクルには膨大で多様なモデルが生み出されました。この長い歴史を見ていくと、四駆だけでなく自動車全体に対する価値観や市場の変化を理解することができます。質実剛健、硬派、無骨と評されることもあるランクルですが、実際にはユーザーのニーズの変化に合わせて柔軟に姿を変えてきました。それだからこそ今日までブランドを維持し続けることができたのでしょう。

走破性、パワー、快適性、すべてに渡って感じられる余裕がランクルの特徴

年代によって姿を変え、多種多様なモデルを生み出してきたランクルの各シリーズに同じ特徴を見つけ出すのは少し無理があります。ですが、あえて表現するなら“余裕”と言っていいでしょう。オンロードを走ることができるのは自動車なら当たり前の話です。それに加え、普通の車なら走れないような悪路に出くわした時でも、たじろぐことなく走ることができる頼もしさ。街中を走るだけなら小排気量のエンジンでも十分ですが、長距離を快適に移動し、クルージングを楽しいものに変えてくれる大排気量のパワーユニット。大人数がゆったりとくつろげるキャビンなど、日常的なシーンではオーバースペックな、そうした余裕こそが歴代ランクル共通のキャラクターでしょう。

初代から現行モデルまでランクルに採用されてきたラダーフレーム構造

より具体的な部分に目を向けると、強固なラダーフレーム構造が共通項として挙げられます。トラックのシャシーを流用して作られたトヨタジープBJから現行型に至るまで、ランクルは全モデルでラダーフレーム構造(はしご状のフレーム構造)を採用してきました。ライバルたちが次々にモノコック構造(ボディとシャシーが一体となった構造)を採用しはじめてからも伝統的な構造にこだわり続けているのは、ラダーフレーム構造が持つ強靭さからです。ランクルは世界各地の過酷な環境で愛されてきた車です。砂漠やジャングルなどの悪路を日常的に走る状況でも、架装されて重い荷物を載せる過酷な状況でも決して音を上げないタフさ…それこそがランクルが世界中で信頼を獲得してきた理由です。日本国内の一般的な道路では過剰に思えるラダーフレーム構造ですが、国内での走行時も抜群の耐久性が余裕として感じられます。

 

ランドクルーザー歴代モデルの紹介

r7kitp0000000ass

ランドクルーザーの簡単な歴史と特徴についてはご理解いただけたでしょうか。それでは次に60年以上のランクルの歴史の中で誕生したモデルについて紹介いたします。FLEX各店で販売しているランクルのほとんどはここ30年ほどの間に生産された車両です。そのため、最新モデルの紹介からスタートし、徐々に古いモデルにさかのぼって紹介することにしましょう。

ランクル200(2007年~)

ランドクルーザーが誕生してから半世紀ほど経った2007年に登場した現行モデルです。類希なオフロード性能と快適性の両立を目指し、世界中で活躍してきたランクルの集大成として登場しました。大型化したキャビン、洗練されたV8エンジンが生み出すドライビングは歴代モデルと比較しても余裕に溢れています。マルチテレインレスポンスやクロールコントロールなど、21世紀のランクルにふさわしいハイテク技術も採用されました。新時代のクロスカントリーを体現したランドクルーザーと言えるのがランクル200です。新車でも販売されている新しいモデルのため、先代のランクル100に比べると中古車在庫は限られています。

r7kitp0000000at6

FJクルーザー(2006年~)

40系をモチーフに、現代的な設計でリデザインされたのがFJクルーザーです。単に見た目を重視したレトロカーではなく、本格的な四駆として理に適ったスタイルと先進的な装備が与えられた希代のファンビークルに仕上げられました。2006年に北米で発売され、日本には2010年に導入。それまでのランクル・ユーザーとは異なるファン層を獲得したモデルです。

r7kitp0000000asz

ランクル100(1998~2007年)

ランクル100系はランクル史上初のV8エンジン、フロント独立懸架を採用したシリーズです。AHC&スカイフックTEMSなど電子デバイスを積極的に採用し始めたのもこのシリーズからになります。重量級ボディをものともしないパワーユニット、オンロードで快適な走り、ラグジュアリー感と居住性を一層高めたインテリアは現代でも十分に通用するレベルです。カスタマイズのベースとしても非常に人気が高く、アフターパーツも豊富に販売されています。中古車の台数も非常に豊富で初めてのランクルにもオススメです。

r7kitp0000000auc

シグナス(1998~2007年)

ランクル100をベースに、4灯式ヘッドランプや専用フロントグリル、バンパーなどを与えたプレミアムモデルがシグナスです。そのルーツは北米レクサスで販売され人気があったLX470で、LX470を日本国内に導入したモデルになります。専用表皮の本革シート、本木目パネルなど100系から大きくグレードアップしたインテリアが魅力です。夜間の視認性を補助するナイトビューなど、シグナスにしか採用されていない装備が多数あり、人気があります。ランクルの歴史の中では比較的若いモデルで安心なのですが、中古車の玉数はランクル100や80ほどないのが残念です。

r7kitp0000000au5

ランクル80(1989~1998年)

ランクル80はランクル60系が進化したシリーズです。実用性が注目されがちだったランクルにステーションワゴンとしての機能を付与、レジャーにも活躍できるクルマとしてアメリカで高い支持を受けたのがランクル60系でした。ランクル80系はワゴンとしての実用性を高めつつ、日常でも使いやすい四輪コイル・リジッドのサスペンションを採用し快適性が向上、インテリアの質感を高めるなどの進化を遂げました。その結果、日本国内でも一般のファミリー層からの人気を獲得し、1990年代の四駆ブームの火付け役となりました。ラグジュアリーカーとしてだけでなく、オフロード走行を楽しむファンビークルとしても優秀で、現在でも根強い人気を誇ります。

ランドクルーザープラド70

ランクル プラド(1984年~)

ヘビードューティなランクル70から派生し、1984年に誕生したのがプラドです。足回りの軽量化やコンパクトなボディが特徴で、市街地を中心に楽しみたいユーザーに評価されてきました。プラドは1984年以来、継続的に生産が続けられており、2009年に誕生した現在のプラド(150系)は4代目プラドとなり、プラド70・プラド90・プラド120・プラド150の4種類があります。プラド150は登場から7年が経ち、そろそろ5代目の発表があるのではと噂されています。

r7kitp0000000aty

ランクル70(1984年~)

ランクル70系(1984年~)は質実剛健という言葉がよく似合う、現行ランクルきっての実用モデルです。国内では熱心なオフロードファンの相棒として、世界各国では過酷な状況に耐えて活躍するワークホースとして活躍しています。ランクル70は非常に生産台数が多く、中古車の入手はそれほど難しくありません。1つ注意していただきたいのはランクル70には1984年から生産され、日本ではディーゼル規制に伴い2004年に生産が終了したモデル(海外向けには継続生産中)と、2014年にランドクルーザー生誕30周年を記念して1年限定で復活したモデルがあり、ヘッドライト形状やエンジン種別(新型はガソリン車のみ)などに違いがあります。

r7kitp0000000atr

ランクル60(1980~1990年)

四駆が一般にも普及し始めた1980年代に国内だけでなく北米市場も睨んで大胆なスケールアップに挑んだのがランクル60系です。ランクル55系から進化し、ステーションワゴンの使い勝手が付与され北米のファミリー層からの支持が高かったランクル60系ですが、ランクルでは初めてATやパワーステアリングを搭載するなどイージードライブにも配慮されたのも人気の理由に挙げられるでしょう。ワゴン車が用意されたのも60系が初めてで、約10年のライフサイクルを通して数多くの変更が施され、国内仕様だけでも膨大なバリエーションが存在しました。ランクル60系は80年代の車両ということもあり、日本国内でも比較的入手しやすくなっています。

r7kitp0000000atk

ランクル55(1967~1980年)

40系ロングホイールベースのFJ45に代わる、乗用車テイストのランクルとして登場したのがランクル55です。北米ではムース(へら鹿)の愛称で親しまれ、独特のキュートなルックスで人気となりました。ランクル史上で初めてへビューデューティ・ラインから分化しRV路線を選んだモデルですが、エンジンやシャーシーは40系とほぼ共通です。名機と言われたF型および2F型エンジンを搭載していますが、日本国内の中古車在庫は非常に限られているレアモデルです。

r7kitp0000000atd

ランクル40(1960~1984年)

ランクル40系(1960~1984年)は25年に渡って販売されたシリーズで、軍用車、作業車然としたスタイルが中心だった当時の国産四駆に、パーソナルユースの概念をもたらしました。世界にランクルの名を広めた、国産四駆黎明期の立役者的な存在です。非常にタフなクルマだったことから今でも世界中で活躍しています。しかし、部品入手なども他のランクルと比べると困難になってきており、国内では残存する車両の数は非常に少ない状況です。FLEXでもランクル40系の取り扱いはありますが、残念ながら玉数は限られています。

ハイエース200 オススメの新車・中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザーの基礎知識: ランクルの歴史とモデル紹介 」 に関するページです。

ページトップへ