【専門店が徹底解説】トヨタランドクルーザープラド150の燃費性能は?エンジン別の数値も紹介

ランクルプラドの記事|, , , ,

新型150プラド

やっぱり気になる!ランドクルーザープラド150の燃費はどれくらい?

歴代ランドクルーザーの弟分として、1990年より併売されているランドクルーザープラド。現行型となる150系プラドは、2017年9月12日より発売されています。ランドクルーザープラドの魅力と言えば、堂々としたスタイリングと道を選ばない圧倒的な走行性能。エンジンもそれに見合ったパワフルなものが搭載されており、2.8Lディーゼルエンジンと2.7Lガソリンエンジンがラインナップされています。しかし、エコカーがもてはやされている今の世の中ですから、燃費性能が気になるという方も多く居らっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ランドクルーザー150プラドの燃費性能にスポットを当てて解説していきたいと思います。燃費性能と、それぞれのエンジンの特徴も合わせてご紹介しますので、ぜひ最後まで記事を読んでみてくださいね。

オススメのランクル150プラド

ランドクルーザープラドに搭載されたエンジンの違いによる燃費性能の差

新型150プラド

高い燃費性能を実現した最新のエンジンを2種類搭載

ランドクルーザープラドが世界中で評価されている理由の一つとして挙げられるのが、道なき道を力強く突き進むことができる圧倒的な走行性能です。ラダーフレームと強靭な足回りを持つランドクルーザープラドですが、それなりの車重もあるために、当然エンジンも力強いものである必要があります。さらに、環境性能や燃費性能も無視することはできない為、ランドクルーザープラドに搭載されている2つのエンジンにはトヨタの最新技術を集結したエンジンが搭載されています。

パワー・静粛性・環境性能。そして燃費性能。この全てを高いレベルで実現した2種類の最新エンジンは以下の通りです。

直4 2.8L 1GD-FTV型ディーゼルエンジン

本格SUVにふさわしいトルクフルな動力性能を発揮する、直4 2.8L 1GD-FTVディーゼルエンジン

現行型ランドクルーザー150プラドに採用された直4 2.8L 1GD-FTV型ディーゼルエンジンは、コモンレール式燃料噴射システムや水冷式インタークーラー付ターボチャージャーが採用されています。最高出力170ps、最大トルク45.9kgf.mという圧倒的な動力性能を発揮するとともに、排出ガス浄化装置や尿素SCRシステムなど、最新のクリーン技術の採用により優れた環境性能も両立しています。また、ガソリンエンジンに比べて燃費性能に優れており、燃料が軽油のため、ガソリン車と比べて維持費が安く済むというのも大きな魅力です。しかし、尿素SCRシステムを採用したことにより定期的なアドブルーの補充が必要なので、普通の乗用車のように燃料の補給だけで走ることはできません。アドブルーの補充が面倒だと思う方はガソリン車を選ぶと良いかもしれません。

■燃料消費率(JC08モード)
11.8km/L(TX/TX Lパッケージ)
11.2km/L(TZ-G)

直4 2.7L 2TR-FE型ガソリンエンジン

150プラド

現行型ランドクルーザー150プラドに採用された直4 2.7L 2TR-FE型ガソリンエンジンは、パワーや操作性、静粛性などのバランスが良い熟成のガソリンエンジンです。オンロードでの軽快な加速性能はもちろん、オフロードでもパワフルな走りを披露してくれます。また、ディーゼルエンジンに比べて静粛性に優れており、高級車らしい静かな室内空間を実現しています。ディーゼルエンジンのようにアドブルーを補充する必要もありませんので、気軽なアシとしても十分使う事ができます。トヨタのバルブタイミング機構であるDual VVT-iの採用や、高い圧縮比による少ない燃料噴射などによって、昔のクロカンSUVからは考えられない低燃費性能を実現しています。使用するガソリンもレギュラーで大丈夫なので、お財布にも優しいですよ。

■燃料消費率(JC08モード)
9.0km/L(車両重量が2,110kg以上の時は8.8km/Lになります。)

ランドクルーザープラド150のエンジンスペック
直4 2.8L 1GD-FTV型ディーゼルエンジン 直4 2.7L 2TR-FE型ガソリンエンジン
エンジン種類 直列4気筒DOHC・IC付きターボ 直列4気筒DOHC
内径×行程 92.0*103.6mm 95.0*95.0mm
圧縮比 10.2
総排気量 2,754cc 2,693cc
最高出力 130kw(177ps)/3,400rpm 120kw(163ps)/5,200rpm
最大トルク 450N.m(45.9kgf.m)/1,600rpm 246N.m(25.1kgf.m)/3,900rpm
燃料タンク容量 87L
使用燃料 軽油 無鉛レギュラーガソリン

モデルチェンジしたランドクルーザープラドの走行性能

新型150プラド

マルチテレインセレクトの搭載で、圧倒的な悪路走破性を実現

諸外国に比べて、日本は路面の整備状況がとても良い国です。そんな日本で、ランドクルーザープラドの本領が発揮されることは正直稀だとは思いますが、付いているだけで絶大な安心感が持てることは事実です。TZ-Gグレードにメーカーオプションで用意された5つのモードは、オフロード走行において、タイヤの空転によるスタックや、駆動力不足による失速が起こりやすい路面状況に応じた走行支援を(MUD&SAND/LOOSE ROCK/MOGUL/ROCK&DIRT/ROCK)の5つのモードから選択できるシステムです。

選択したモードごとにエンジンのスロットル特性やトラクションコントロールのブレーキを最適に制御。悪路での走破性を確保し、本格SUVならではの悪路を征する安全性を高いレベルで実現しています。また、タイヤの舵角や車両の傾きが一目で分かるマルチインフォメーションディスプレイをメーター中央に表示します、さらに新型プラドで大型化されたオプションのナビには、メーター中央のディスプレイだけではなくナビの画面に車両状況を表示することも可能になりました。

新型ランドクルーザープラド150の価格とグレード構成
ガソリンエンジン搭載モデル ディーゼルエンジン搭載モデル
【TX 5人乗り】3,538,080円 【TX 5人乗り】4,152,600円
【TX 7人乗り】3,692,520円 【TX 7人乗り】4,307,040円
【TXーLパッケージ 5人乗り】4,047,840円 【TXーLパッケージ 5人乗り】4,667,760円
【TXーLパッケージ 7人乗り】4,202,380円 【TXーLパッケージ 7人乗り】4,822,200円
【TZーG 7人乗り】5,363,280円

新型ランドクルーザープラドの画像ギャラリー

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ