トヨタ ランドクルーザープラド150:ディーゼルモデル復活とともに熟成期へ

ランクルプラド150の記事|, , , , , ,

ランドクルーザープラド150

ランクルプラド150の概要

オン、オフともにドライビング性能が高められた現行プラド

プラド120系からV6と直4、ふたつのガソリンエンジンを引き継ぐ形で2009年9月に登場したのがプラド150系です。プラド150はプレミアム化が進むこのミドルクラスを牽引するモデルで、このモデルからプラドも熟成期に入ったと言えるでしょう。シーケンシャルシフトマチックを搭載した5速オートマチックトランスミッションの採用に加え、改良型のキネティックダイナミックサスペンションシステム(KDSS)の設定などで、よりスムースなドライビングや乗り心地の向上が図られています。

また、オフロードの走行環境に応じた走行モードにセットするだけでトラクションやブレーキの制御が可能な「マルチテレインセレクト」に加え、車載カメラの映像から周囲の路面状況を確認できる「マルチテレインモニター」を装備するなど、クロスカントリー車としての進化も注目ポイントと言えます。そしてプラド150系の最大の話題は、約8年ぶりにディーゼルモデルが復活し、ファンの注目を集めていることでしょう。

人気のランクル150プラド

ランクルプラド150のエンジン&バリエーション

プラド150系から環境性能にも配慮したディーゼルエンジンが復活

冒頭で触れたとおり、エンジンはプラド120系から引き継がれましたが、2.7リッター直4ガソリンの2TR-FE型は最高出力163PS/最大トルク24.6kgm、そしてハイオクからレギュラーガソリン仕様となった4リッターV6ガソリンの1GR-FE型は、最高出力276PS/最大トルク38.8kgmと、改良によってそれぞれパワーアップされています。ちなみに、2TR-FE型搭載車には6速化されたオートマチックトランスミッションが新採用され、燃費向上も図られています。

また、2015年6月に行われた「一部改良」で、2007年7月の廃止以来約8年(7年11か月)ぶりに国内向けプラド150系にディーゼルモデルが復活。新開発の2.8リッター直4・DOHCディーゼルターボの1GD-FTV型エンジンがラインナップに追加されました。一方で、このタイミングで4リッターV6ガソリンの1GR-FE型は、日本国内向けに限り廃止となっています。

ボディバリエーションは、国内向けの3ドア・ショートが廃止されたため、5ドア・ロングのワイドボディのみの設定となりました。グレードは当初、TX、TZ、TZ-Gの3タイプが設定されていましたが、ディーゼル車復活後はTZが廃止され、TXには「Lパッケージ」が設定されています。具体的には、2.7リッター直4ガソリン車にはTXとTX Lパッケージ、2.8リッター直4ディーゼルには、TX、TX Lパッケージ、TZ-Gとなっています。

ランクルプラド150のシャーシ&エクステリア

足回りの安定感が120系からさらに向上

サスペンションはプラド120系からの流用で、前:ダブルウイッシュボーン式独立懸架、後:リジッドアクスル+コイルスプリングを踏襲していますが、プラド150系ではセッティングの見直しなどにより、主にオンロードでの操安性や乗り心地が向上しました。また、ディーゼル車の導入と同じタイミングで「マルチテレインセレクト」の走行モードが4モードから5モードに増設されるなど、オフロード性能の向上も図られています。外観はフロントまわり、とりわけヘッドライトやフロントグリルが、よりアグレッシブなデザインに変更されましたが、全体的なフォルムはプラド120系から大きく変わらず、デザイン的にも熟成期に入ったという印象でした。

ランクルプラド150の総評

デビューから7年目。次期モデルの登場も近い?

2013年9月のマイナーチェンジでは、このヘッドランプやフロントまわりのデザインにわずかな変更が施されましたが、これもキープコンセプトの範囲内でした。衝突時の衝撃を軽減する「アクティブヘッドレスト」や、ミリ波レーダー方式の「プリクラッシュセーフティシステム」等、安全装備の先進技術も多く新採用され、プレミアム化とともに、燃費向上等の基本性能の進化も多く見られる現行プラド150系。デビューから7年目に突入…ということで、ファンの次期モデルへの期待も高まっています。

ランクル150プラド オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザープラド150:ディーゼルモデル復活とともに熟成期へ 」 に関するページです。

ページトップへ