【FLEX NEWS】トヨタ TJクルーザーを世界初披露 2Lハイブリッド スライドドアで使えるSUV!

ニュース|

東京モーターショーで披露される新型SUVをトヨタが発表

トヨタは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「世界をここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017において、VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させた新ジャンルのクロスオーバータイプのコンセプトカー、「TJ CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)」を世界初披露すると発表しました。

車名の「TJ CRUISER」は、アクティブに使い倒せるTOOL-BOXの「T」と、クルマで様々な場所に出かける楽しさを意味するJOYの「J」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使用してきた「CRUISER」を用いて力強さを表現しています。室内は助手席側をフルフラットにすることができ、アウトドア用品はもちろん、ロングサーフボードや自転車など、約3メートルもの大きな荷物を楽に積み込むことが可能の模様。「仕事」と「遊び」を垣根なく楽しむ新たなライフスタイルをイメージした新感覚SUVとのことです。まだコンセプトカーの段階ですが、このような遊び心満載のSUVが発表されるのは嬉しいことですよね! それではエクステリアとインテリアの仕様を見ていきましょう!

人気のFJクルーザー

コンパクトなボディにはデッカい遊び心がいっぱい!

TJクルーザーはVANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤ(225/50R20)のしっかりした足回り、そこに力強いフロントフェイスを融合させています。VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルを表現しており、ボンネットとルーフ、フェンダーには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(特殊塗装)を採用して使い勝手を向上させています。

SUVながら大開口のスライドドアを装備 楽しさと使いやすさを両立!

TJクルーザーは独特なエクステリアも魅力的ですが、室内もオリジナリティに溢れています。助手席側の前後シートがフルフラットになり、サーフィンのロングボードなど、約3メートルまでの長尺物の室内への積載が可能です。座席シートの裏側やデッキボードなどには多数の固縛ポイントが設けてあり、小さな荷物から長尺物までどんなものでも固定することができちゃいます。また、バックドアの開口スペースを広く取ることで、自転車など大きな荷物の出し入れも簡単に。さらに、運転席側の後部座席は、座面を持ち上げることで買い物袋などの荷物を置ける便利なスペースが出現! ミニバンでは当たり前となっているスライドドアをSUVのジャンルに採用し、横からの大きな荷物の出し入れや、ファミリーで使っても乗り降りに便利なSUVとなっています。

次世代のプラットフォームにハイブリッドエンジンを搭載

TJクルーザーはC-HRなどにも採用されている、モノコック構造の次世代プラットフォーム、TNGAプラットフォームが採用されるようです。注目のパワーユニットは、2リッタークラスのエンジン+ハイブリッドシステムなので、燃費や環境性能も十分に期待できそうですね。駆動方式には4WDが用意されますが、前輪駆動の2WDも設定されるようです。TJクルーザーという名前からFJクルーザーの後継車をイメージしがちですが、ボディサイズやエンジンの排気量はFJクルーザーよりも随分と小さいものになっています。となると、TJクルーザーは以前こちらでも紹介した「FT-4X」の派生モデルという位置付けが正しそうです。

TJクルーザーの発売日はいつ?

トヨタ TJクルーザー

2017年10月25日(水)から東京ビッグサイトで開催された東京モーターショー2017で発表されたTJクルーザーは、いまにも市販化できそうなほどの完成度をもって発表されました。となると、市販化はいつなのかと気になる方も沢山居ることでしょう。
しかし、お披露目されてからおよそ一年経った2018年9月現在、市販化についての有益な情報は入ってきていません。遊び心満載の使える”新ジャンルSUV”のTJクルーザー。発売されれば、アクティブな若者を中心にヒットすること間違いなしでしょう。プロトタイプでは公道を走る上で改善しなければならない部分が多数ありましたから、市販化するとしたら来年あたりでしょうか? 2019年の東京モーターショーで、市販化モデルが正式に発表されることをおおいに期待しましょう!

TJ CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)主要諸元

車名 TJ CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)
全長(mm) 4,300
全幅(mm) 1,775
全高(mm) 1,620
ホイールベース(mm) 2,750
乗車定員(人) 4

TJ CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)の画像ギャラリー

トヨタFT-4X(コンセプトカー)の画像ギャラリー

FJクルーザー オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただきありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランクル、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません!

フレックスでは買い取りさせていただいたランクル、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。もちろん、フレックスで乗り換えを考えていない方からの買取査定のご依頼も大歓迎です。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎると値段がつかないこともありますが、ランクル、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、フレックスでは古い年式で走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれないカスタムされた車両もしっかり評価!

 

思いをこめてカスタムされた愛車をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお気軽にお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ