トヨタ ハイエース用タイヤ、ホイール選びで知っておくべきマメ知識

ハイエースの記事|, , , ,

ハイエース用タイヤ、ホイール選びで知っておくべきマメ知識

ハイエースは貨物登録の車両があったり、乗用登録でも重い荷物を積載することがあったりするため、一般的な乗用車のタイヤやホイール選びとは違った知識が必要となります。専門的な知識はFLEXハイエース取扱店のスタッフが詳しいので、お気軽にご相談いただければと思いますが、我々がどのような点を考慮してお客様のタイヤやホイールについてアドバイスさせていただいているのかを知っていただければと思い、こちらの記事を制作することとなりました。少々わかりづらい内容もありますが、すべてを理解していただく必要はありません。「専門店のスタッフはこんなことを考慮してタイヤやホイールを選んでいるんだな」と知っていただければ充分です。

人気のハイエース・レジアスエース

ホイール強度、タイヤ荷重に注意

ホイール強度、タイヤ荷重に注意

重量物に耐えるホイール強度、タイヤ荷重が求められる

まずはホイール強度について説明しましょう。車のホイールは積載物の重さや路面からの衝撃に耐えられるだけの強度が求められます。純正ホイールは当然ながら必要な強度を備えるよう設計されていますが、社外ホイールに交換する場合は法律で定められている強度を満たしたモノを選ぶ必要があります。特に軽量さが特徴のアルミ製ホイールに交換する場合は強度を満たした製品なのかを車検時などにチェックされることもあります。ちなみに、アルミホイールに刻印されているJWLやJWL-Tというマークが一定の強度を持っていると証明されるマークですね。JWLは3ナンバーや5ナンバー(ハイエースに5ナンバーサイズはありません)など乗用車用の軽金属ホイールに求められる強度規格です。一方、JWL-Tは貨物車、バスなど乗用車以上の強度が求められる1ナンバー、4ナンバーなどの貨物車、定員11人以上の2ナンバー車に求められる強度規格になります(JWL-T の「T」はトラックを意味します)。社外のアルミホイールに交換する場合、ハイエースバンは貨物車としての登録なのでJWL-T規格、乗用車のハイエースワゴンはJWLが必要だと覚えておいてください。

どのサイズのホイールでも履かせるタイヤの外径はほぼ同じ

どのサイズのホイールでも履かせるタイヤの外径はほぼ同じ

次にハイエース用のタイヤについて。タイヤを選ぶ際にはホイールサイズに合っていること、決められた外径(外径が変わるとスピードメーターなどで速度に誤差が出ます)内に収まっているのか、ハイエースに合ったロードインデックス(荷重指数。どれだけの重量に耐えられるのかを示す数値)を満たしているのかのすべてを満たす必要があります。純正ホイールは15インチを採用しており、ハイエース純正のタイヤサイズは前後とも195/80R15 107/105L LTもしくは185/75R15 106/104L LT(ハイエースバン ジャストローのタイヤサイズ)となっています。ほとんどのハイエースは195/80R15 107/105L LTのサイズを採用しているので、このタイヤサイズで各項目の数値の意味を説明しますと…

タイヤサイズ
  1. 195:タイヤの断面幅のmm表記。横幅が195㎜ということです。
  2. 80:扁平率。タイヤの縦の厚み÷タイヤ幅×100の数値。数値が大きいほど厚みがあるタイヤということになります。
  3. R15:15インチのラジアルタイヤであることを意味します。この数値がホイールサイズと合っている必要があります。
  4. 107/105:107がフロントタイヤ、105がリアのロードインデックスになります。107とは1本のタイヤで975㎏の重量を支えられることを意味し、105は925㎏の重量に耐えられることになります。フロント107、リア105ということは車両重量や乗車定員、積載物などをすべて含めて3800㎏の重量を4本のタイヤで支えることができることを意味します。107や105というロードインデックスはハイエースバンの最大積載量にも耐えるように選ばれており、3ナンバーのハイエースワゴンなどではもう少し低いロードインデックスのタイヤでも違反にはなりません。どのロードインデックスのタイヤならOKなのかは乗車定員によって変わってきますので、詳しくはFLEXハイエース取扱店のスタッフにご相談ください。
  5. L:速度記号と言い、そのタイヤで出せる最高速度を指しています。Lは時速120㎞ですね。同じトヨタ車でもスポーツカーの86の純正タイヤの速度記号はV(240km)やW(270km)となっています。ハイエース用はスピードを出すことより、重量物に耐えることを目的としたタイヤが選ばれているので、このような差が出ているのでしょう。今後、高速道路の最高速を120㎞に引き上げる動きなども出てきていますので、速度記号Lのタイヤでは不足な道路環境になるかもしれませんね。
  6. LT:ライトトラックの略で小型貨物車に使用できるタイヤを意味します。商用車(コマーシャルビークル)用タイヤを意味するCタイヤの表記もLTと同じ意味です。ハイエースワゴンなど、ハイエースを商用ではなく、プライベートで使用する人はLT規格のタイヤを使用しなくてもロードインデックスを満たしてあれば問題ありません。LTタイヤは重い荷物を載せる貨物車用の特殊なタイヤで、重い荷物や乗員数に耐えられるようタイヤの空気圧が高めに設定され、耐荷重や耐摩耗性で求められるレベルが違うためゴムの材質も違っています。ですから、重いモノに耐え、長持ちするのがLTタイヤ、乗り心地や性能は乗用車規格のタイヤの方が上だと思ってください。これはあくまで一般的な話です。メーカーやブランドによってタイヤ性能は個々に違いがあります。
ホイールサイズによってはタイヤの選択肢が豊富になることも

ホイールサイズによってはタイヤの選択肢が豊富になることも

ハイエースオーナーの皆さんはドレスアップなどを目的としてホイールのインチアップを希望される方も多くいます。その際に注意して欲しいのは先ほども少し触れましたが、タイヤの外径(タイヤの直径のこと)が規定の範囲に収まることです。ホイールサイズが大きくなっても、タイヤの外径は大きくなってはいけません。外径が変わるとスピードメーターの速度表示や走行距離のメーター数値などが実際の数値と変わったりするため、車検に通らなくなります。そのため、インチアップしたホイールに履かせるタイヤは純正タイヤより扁平率が低いモノを選ぶことになります。また、インチアップしたホイールサイズによってタイヤの選択肢が広がる場合もあります。18、20インチホイールにすればタイヤの種類が豊富になり、純正タイヤよりお得な値段で購入できるタイヤが見つかるでしょう。ホイールのインチアップはドレスアップにも効果的ですが、長い目で見るとタイヤにかかる費用も安くなることもありますよ。ただし、ホイールをインチアップすればタイヤの厚みが薄くなり、タイヤ内部の空気のクッション性が下がり、乗り心地が変わります。そちらについてもFLEXハイエース取扱店のスタッフが詳しいので相談いただければと思います。なお、ホイールサイズが合っていてもホイールを車体側のハブに取り付けるボルトの数やP.C.Dと呼ばれる円状になっている取り付け穴のサイズ(直径)によっては装備できないホイールがあります。ハイエースの場合、取り付けボルトの本数は6本、P.C.D139.7のホイールが適合します。

タイヤ、ホイール選びはFLEXのスタッフにご相談ください

上記で紹介させていただいたのはあくまで、タイヤ、ホイール選びの際に考慮しないといけない基礎知識でスタッフ側が考えておけばOKなポイントです。店頭でお客様のハイエースの登録内容を確認させていただき、予算やデザインなどを教えていただければスタッフが予算や法律、求められる性能をパスするモノを選ばせていただきます。気になる製品がありましたらお気軽にお問合せください。

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ハイエース用タイヤ、ホイール選びで知っておくべきマメ知識 」 に関するページです。

ページトップへ