【車好き必見】トヨタ ハイエースバンとヴォクシーはほぼ同じサイズって知っていますか?

ハイエースの記事|, , , ,

トヨタ ハイエースとヴォクシーを徹底比較! なぜハイエースがオススメなの?

前回はトヨタ ハイエースワゴンとアルファードを比較した話をご紹介しました。ハイエースワゴンとアルファードの比較記事は「人も荷物もたくさん載せたいけれど、ハイエースは大きいから運転しづらそう」というアルファードオーナーからのよくある疑問に答えたコラムでした。今回のコラムでハイエースバンとヴォクシーを比較しています。なぜ「ハイエースバンとヴォクシーを比較?」と思う方もいるでしょう。ハイエースバンハイエースワゴンより一回りボディサイズが小く(サイズはグレードによって違います)、そこがハイエースバンの魅力の1つです。しかし、お客様はやはりハイエースバンも大きい車だというイメージをお持ちです。そんな時には「ハイエースバンはヴォクシーはほとんど同じサイズなんですよ」とお伝えすると皆さん驚かれます。「そのサイズなら安心して乗ることができるね」となるのですが、実際にハイエースバンとヴォクシーのボディサイズなどを比較してみましたのでご覧ください。

ハイエースバンとヴォクシーのボディサイズ、仕様の違い

ヴォクシー ハイエースバン
全長 4,695~4,710mm 4,695~5,380mm
全幅 1,695~1,730mm 1,695~1,880mm
全高 1,825~1,870mm 1,980~2,285mm
乗車定員 7~8人 2~9人
排気量 1.8~2L 2~3L
2WD,4WD種別 2WD,4WD 2WD,4WD
エンジン種別 ハイブリッド、ガソリン ガソリン、ディーゼル
最小回転半径 5.5m 5~6.3m
新車価格 2,284,691~3,321,000円 2,142,327~3,685,371円

ハイエースバンのボディサイズはヴォクシーとほぼ同じ

まずは上記のハイエースとヴォクシーのボディサイズ表をご覧ください。ハイエースバンもさまざまなグレードがあり、全長・全幅・全高に幅がありますが、ハイエースのボディサイズの大きさを心配する方にオススメするのは標準ボディ・標準ルーフのロングバン(グレードで言えばスーパーGLやDX)になります。この仕様だと全長×全幅×全高は4,695mm×1,695mm×1,980mmです。全高は積載性にこだわったハイエースの方が高いですが、その他の数値はヴォクシーと同じなんですよ。小回りの良さが比較できる前述した標準ボディ・標準ルーフのロングバンだと最小回転半径は2WDで5m、4WDでも5.2mとトヨタ プリウス並みの数値です。また、ハイエースはボンネット部分がなく、見切りのいい車ですから運転しやく、駐車もしやすい車なんです。

荷室の広さは当然ハイエースが上、ネックは乗車定員

荷物の積載が多い人に絶大な支持を受けているハイエースバンですから、積載性の良さは圧倒的にハイエースバンの方が上なのはおわかりいただけますよね。ハイエースバンとヴォクシーを比較して、ネックになるかもしれないのは乗車定員です。ヴォクシーの乗車定員は7~8名、一方のハイエースバンはスーパーGLが2~5名(2名なのは2列目シートを折り畳み、荷室を広く取った際の定員)、DXが3~6名です。ヴォクシーより乗車定員がやや少なくなっても大丈夫な方でしたら、自信を持ってハイエースバンをオススメします。ただ、ハイエースバンの乗車定員が最大5名や6名となっているのはあくまでノーマルの仕様です。納車前に3列目、4列目シートを追加して10人乗りにするなどのカスタムも可能ですよ。フレックスオリジナルのコンプリートカスタムのスーパー”ワゴン”GLが10名乗車のハイエースバンなのですが、詳しくはこちらの記事でご確認ください。その際は貨物車登録ではなくなり、ナンバー区分が変わります。ナンバー区分の話はこちらの記事でも紹介しています。カスタム費用など詳しくはハイエース浜松店かお近くのフレックスハイエース取扱店までお問い合わせください。

店舗案内

ランクル浜松店

ランドクルーザー・ハイエース浜松店

静岡 東海地区エリアのランドクルーザー、ハイエースファンの皆様、大変お待たせしました。ランドクルーザー、ハイエースともにガソリン車もディーゼル車もどちらにも対応! 豊富なラインナップでお待ちしております。全国各地への通販も可能です。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ