【車好きがこだわる】寒さの厳しい地域で人気のトヨタ ハイエースの寒冷地仕様

ハイエースの記事|, , , ,

寒さの厳しい地域で人気のハイエースの寒冷地仕様

最低気温がマイナス以下の地域で人気な寒冷地仕様

バン・ワゴンどちらでもOK

寒冷地仕様のハイエースについてですが、新車でハイエースを購入する方のみが選択できるメーカーオプションになります。ハイエースバンハイエースワゴンのどちらでも寒冷地仕様をオーダーすることは可能です。2016年10月時点で寒冷地仕様の価格はプラス29,160円(ただし、リアヒーターなどが標準で装備されていない、ハイエースバンDXはプラス57,240円)となります。後述しますが、この費用で寒冷地仕様を選ぶことができるのは非常にお得なので新車購入時にはオススメです。雪国以外の方にもオススメな装備がついているんですよ。中古車でも寒冷地仕様かどうかはすぐに確認できるので、確認してみてください。スタッドレスタイヤや凍結しないウィンターワイパーは別途購入が必要ですのでご注意ください。

さて、下記で具体的に寒冷地仕様のハイエースと標準仕様の違いについて紹介しますね。

寒冷地仕様ハイエースはボディ塗装が1層多い

寒冷地仕様はボディ塗装が1層多い

標準仕様よりボディのコーティングが1層多くなっています。冬季は塩化カルシウムなどの融雪剤が路上に撒かれることが多く、これが原因の錆を防ぐことができます。ちなみに、融雪剤によるボディ下の錆を防ぐには別に防錆のコーティングの施工が必要になります。そちらは別途ご相談ください。

寒冷地仕様のハイエースは防塵処理が施されており、室内に砂や埃が侵入しにくい

防塵処理が施されており、室内に砂や埃が侵入しにくい

冬は空気がカラっとしていて湿度が低いため、空気中に埃が巻き上げられて雨や降雪がない日は埃っぽい日が結構あります。積もった雪が溶けたばかりの時は特に埃っぽくなりがちです。防塵処理が施されていると室内が快適ですよ。砂塵が多い場所での仕事が多い人にもオススメです。リアドアのアウトサイドモールディングなどが防塵処理に効果的なので、デザインの好みで外してしまう人も多いですが、そのままにしておくのをオススメします。

パワーアップしたオルタネーター(発電機)、セルモーターの採用

冬季はヒーターを使用する機会が多く、寒冷地仕様は後述するフロントヒーター、リアヒーターなど電力使用量が標準仕様より増えるため、オルタネーターが標準モデルの100Aから130Aに強化されています(ガソリンエンジンのスーパーGLのみ標準仕様でも130Aを採用)。また、冬季は早朝などエンジンが冷えている状態の始動性が悪くなるため、セルモーターも強化されたモノを使用しています。このようにオルタネーター、セルモーターが強化されたこともあり、後で紹介するように寒冷地仕様はバッテリー容量アップやバッテリーを2つ搭載するなどの仕様となりました。

電熱器(PTC)付きフロントヒーターとリアヒーターの採用

車の暖房はエンジンの排熱を活かす仕組みとなっているので、一般的なクルマでは真冬のエンジン始動直後は暖房が効きづらくなります。しかし、電熱器をONにすればエンジン始動直後でも電熱器で空気を暖めることが可能です。また標準仕様ではスーパーGLのみの採用となっているリアヒーターが寒冷地仕様では全車採用されています。ハイエースはバンもワゴンも室内が広いので、後部座席に同乗者を乗せる機会がある方はリアヒーターがあった方がいいでしょう。ちなみにリアヒーターは後付けができません。サブバッテリーで駆動するFFヒーターという製品があり、車中泊をする方には温度調整ができ、エンジンを切った状態でも使用できるFFヒーターの方が使い勝手がいいのですが、寒冷地仕様でリアヒーターを装備する方が費用は抑えられますよ。また、オプションになりますが、ヒーターミラーを別途オーダーすることも可能です。

ガソリン車はバッテリー容量がアップ、ディーゼル車はバッテリーを2つ搭載

冬の朝にバッテリーが弱ってしまいエンジンがかからない、という話を聞いたことはありませんか? 気温が低くなるとバッテリーは性能が低下してしまいます。それを防ぐためにガソリン車はバッテリー容量が標準仕様の48AHから55AHにアップ、ディーゼル車の場合、助手席下のバッテリーに加えて運転席の下にサブバッテリーが搭載されます。バッテリーの容量を表すAHの単位の意味については下記のGSユアサのHPをご覧ください。

ディーゼル車のみフューエルヒーターを装備

ガソリンはマイナス90℃を超えないと凍結しないため、必要のない装備ですが、ディーゼルエンジンの燃料となる経由は凍結することがあります。販売される地域や季節によって5種類の軽油があり、それぞれに使用限界温度が違うんです。冬に販売される軽油は-7.5℃以下で凍る(正確に言うと粘度が上がり、燃料噴射ができなくなる)2号軽油、-20℃以下で凍る3号軽油、-30℃以下で凍る特3号軽油があります。北海道などの寒冷地では特3号軽油が販売されています。このように軽油は凍結することがあるため、寒冷地仕様車は燃料ポンプにヒーターが装備されています。

寒冷地仕様のハイエースは冷却水(LLC)の濃度が50%に変更

冷却水(LLC)の濃度が50%に変更(標準仕様は30%)

エンジンの冷却に欠かせない冷却水は標準仕様では30%となっていますが、寒冷地仕様は濃度が50%と濃くなっています。これは寒さによる冷却水の凍結を防ぐ目的なのですが、30%ではマイナス15℃で凍結、50%はマイナス36℃で凍結します。参考までに工具メーカーKTCの冷却水についてのページを紹介しますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

ハイエースの寒冷地仕様にはその他の特別装備が盛りだくさん

装備は豪華だが、車両重量は+30㎏

スライドドアのステップ部にカバー、リアドアアウトサイドモールディング(スライドドア下部を縁取る黒いモール)の採用なども寒冷地仕様の特徴です。また、一部ガソリンエンジンのAT車では凍結した路面でも2速発進ができ、スリップしづらいスノーモードが装備されていたり、オプションでリアフォグランプが選択可能だったりなど、寒冷地仕様には標準仕様にはない装備が盛りだくさんです。しかし、豪華装備が加わる代わりに、車両総重量は30kg増加しますよ。

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ