ランドクルーザー40系

ホイールベースが違う3種類のバリエーションが設定されたランドクルーザー40

【最新版】トヨタ ランドクルーザー40系:タイプ別解説系は公用車や救急車など特殊な架装車両を除くと、全て商用車カテゴリー(貨物登録)のクルマになります。一般的には作業車としての用途が主であったため、インテリアや装備の違いで設けられる「グレード」という考え方はこの時代にはまだありません。バリエーションとして3種類のホイールベースが設定され、ユーザーが目的別に選べるというラインナップで展開されていました。

ランクル40の在庫を探す

ランドクルーザー40 ショートボディ

FJ40(V)/ BJ40(V)/BJ41(V)/BJ42(V)

2ドアのショートホイールベース(2,285mm)車です。全ての型式に幌タイプとハードトップが存在しました。シリーズ中、最も小回りが利き、取り回しの容易さとオフロード走行での優位性が魅力です。定員は2(4)名で、リアシートは対面2座となっています。

ランドクルーザー40 ミドルボディ

ランドクルーザー40系

FJ43/BJ43/BJ44(V)/BJ46(V)

2ドアのミドルホイールベース(2,430mm)車。前期型の43は幌タイプのみで、後期型となる44、46にはハードトップもラインナップされています。ロングほど取り回しに苦労せず、積載能力はショートを遙かに凌ぐ…という良いとこ取りのモデルがミドルです。定員はシートの仕様により最大8~9名を確保。最終型には、前向きリアシートを装備し、カラフルなシートデザインを採用した特別仕様車も設定するなど、「グレード」の概念を国内のランドクルーザーに持ち込んだモデルも存在しました。

ランドクルーザー40 ロングボディ

ランドクルーザー40系

FJ45V

4ドアのロングホイールベース(2,650mm)車。ハードトップ車のみの設定です。主に海外マーケットでの需要に対応したモデルで、国内ではごく少数派。海外向けにはさらにホイールベース(2,950mm)を延長したバンやピックアップも存在しました。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ