ランドクルーザー40系

ランドクルーザー40系では仕様変更の際には型式も変更

他のシリーズとは違い、ランドクルーザー40系の場合、仕様変更と同時に型式も更新されています。年代別の型式(モデル)は以下のようになっています。

ランクル40の在庫を探す

ランドクルーザー40の年式ごとの変更点

FJ40/43(1960年~1974年)

最初の40系はガソリン車のみの設定で、ディーゼル車(BJ系)が登場するまで生産されました。ミドル・幌のFJ43は、ショート・幌のFJ40よりややパワーアップしたF型エンジンを搭載していましたが、取り回しの良いFJ40が人気でした。

FJ45V(1960年~1967年)

4ドアロング・ハードトップのFJ45Vは、海外需要の大きいモデルで、国内ではあまり普及せずしませんでした。1967年には後継モデルであるFJ55Vにそのポジションを譲っています。

FJ40V(1966年~1974年)

FJ40のハードトップ・バージョンである40Vはランドクルーザー40系デビューから6年遅れて登場しました。「V」は「van=バン」を意味しています。

BJ40(V)/BJ43(1974年~1979年)

B型ディーゼルエンジン搭載のBJシリーズが登場。BJシリーズはそれまで1ナンバー登録だったランドクルーザーに誕生した初の4ナンバー車になります。ミドルは幌、ショートにはハードトップも用意されていました。ウインカー+車幅灯が白/橙2色タイプとなり、翌75年にはワイパーがウインドシールド下側に移設されています。

ランドクルーザー40系

BJ41(V)/BJ44(V)(1979年~1982年)

エンジンがB型から2B型に変わり、排気量、馬力、トルクともアップしました。ショートとミドルにそれぞれ幌とハードトップが用意され、ラインナップの充実が図られています。ヘッドランプまわりのベゼルがラウンド型からスクエア型に、サイドミラーがドア脇からフェンダー上に移設されました。

ランドクルーザー40系

BJ42(V)/BJ46(V)(1982年~1984年)

40系の最終型となる42/46には、タコメーターが標準装備となりました。他にも、パワーステアリングの採用やトランスミッションの5速化など、快適なドライビングのための装備が採用されています。そしてショートは1984年に、ミドルはその翌年に後継者となるランドクルーザー70系(BJ70(V)/73V)へとバトンタッチしました。

記事評価&シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ