【嘘ほんと?】トヨタ FJクルーザーが2016年8月で生産終了?

FJクルーザーの記事|,

トヨタ FJクルーザー

国内外で人気のFJクルーザーがついに生産終了か?

2006年に北米での販売がスタートし、2010年から日本でも販売されていたFJクルーザーが2016年8月で生産終了という話がオーストラリアの車情報サイトCar Adviceから入ってきました。トヨタからの正式なプレスリリースではないので、オフィシャル情報ではありませんよ。FJクルーザーは北米、アジア(日本、中国、韓国)、オーストラリア、ニュージーランドなどで販売されており、現行モデルのランドクルーザー200以上に悪路に強く、デザイン面でも個性的だったため世界中で人気を博していました。しかし、2014年に北米での販売が終了。北米以外の地域でも2015年か2016年に販売が終了するのではと噂されていました。

人気のFJクルーザー

FJクルーザーの魅力が紹介されている動画紹介

FJクルーザーのことをよく知らない方のためにGazooで紹介されているFJクルーザーの動画を紹介します。こちらでは第1回のみを紹介しますが、全3回でまとめられた動画ですので続きをご覧になりたい方は下記リンクより2回目、3回目の動画もご覧ください。

生産終了でFJクルーザーのプレミアム度が増してくる?

今回のCar Adviceの記事は以前からの噂通りの情報なので、かなり確度が高いのではないでしょうか。登場からちょうど10年が経ったモデルのため、ユーザーから評価が高いモデルとは言えカタログ落ちしてしまうタイミングなのかもしれません。ちなみにFJクルーザーは国内、海外向けモデルともにトヨタグループである日野自動車の羽村工場で生産されています。FJクルーザーファンの方は後継モデルがあるのかが気になるでしょうけれど、FJクルーザーはそもそも2000年に製作されたレトロクルーザーというカスタムプロジェクトでの評判がきっかけで誕生したモデルです。歴代のランドクルーザーのように後継モデルが誕生…というワケにはいかないかもしれません。今回のニュースを聞き、オーストラリアやニュージーランドのFJクルーザーファンからは生産終了を惜しむ声が数多く上がっています。日本国内でも今後、FJクルーザーのプレミアム感が増してくると思います。下記にFLEXランドクルーザー取扱店でのFJクルーザーの在庫車両を紹介しますので、気になっている方は気軽にお問合せください。

FJクルーザー オススメの中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ